« the time is presentの解釈 | トップページ | 同じ虹を見る »

2004/07/26

Vibesは婿養子 ノスタルジック近鉄急行の巻

July 22, 2004の続きだ。

真夏の昼下がりを40分近く歩いてやっと近鉄「西ノ京」駅に着いた。駅で訊ねると、大阪に行くには北に向かい二駅向こうの「西大寺」で乗換えということだった。

「しかし夏は暑いが、若い女の子がまぶしいねぇ」なんて、おじんの境地になって周囲をみているうちに電車がやってきた。次の駅は「尼ヶ辻」、なんだか古典の世界だな、夜になるとあたりは真っ暗闇、暗がりから這い出た妖怪の徘徊する町は誰もとおるものもなく、なんて勝手な想像をしたがそんな雰囲気などなくのどかな駅だった。それに比べると西大寺周辺はずいぶんにぎやかだ。きっと中心部に比べ開発規制が緩いんだろう。

あたふたと乗り換えた電車は上本町に向かう。のどかな奈良は影も形もなく住宅だらけの中を進む。

生駒山を抜けた電車は山沿いに東大阪地区を下にみながら進む。そうそう、大東市の住道に住んでいた頃はマンションのベランダからこの電車が見えていた。昼間はよくわからないが夜になると列車の窓明かりが山沿いに動いていくのがよく見えたものだ。新婚時代、子供が生まれた時、色々思い出してついノスタルジックになってしまうね。

やがて東大阪の布施を通り過ぎた。そうだった、ここに置いていたvibraphoneは滋賀に婿入りしたのだった。

それはもう20年以上前のこと、布施にある某女子高の教師になった大学時代の友人から、「女子高に場所が借りられるので昔の仲間が集まってJazzの練習をたまにしている、ついてはヴァイブ(vibes、vibraphone)を持って来いよ」という話があった。誘いに乗って大学の部室に置きっぱなしだった古いヴァイブを、これも大学の後輩に頼んで神戸から東大阪に運んでもらった。

ヴァイブを運ぶ前に2度ほど練習を見に行った時は、なにせ僕の楽器はないので置いてあったピアノを鳴らして(弾いたのではない)ごまかしたりしていたが、しかし結局ヴァイブを運んだ後は一度も集まることなく放置されたのだった。あぁ、なんと不幸なヴァイブ君。

とはいえ、彼、ヴァイブ君はしばらくの間、友人が顧問をしていたブラスバンドで活躍したらしい。女子高生に囲まれてさぞやいい思いをしたのではないか・・・そんなことないか。

しかしその後は使われることもなく部屋の片隅に置き去りになっていたようだ。

そうこうするうちに月日はあっという間に過ぎ去り、僕も住道から神戸の西の果てに引っ越してしまい、ヴァイブは忘れ去られた存在になっていた(いや、忘れたわけじゃないが)。

ところが昨年、偶然に日本ヴァイブ協会のサイトをみつけ早速入会したところ、中古ヴァイブを求めている会員さんが意外といらっしゃることが分かった。早速、無料でいいから使ってくださいとメッセージを出したところ、幸いにも使ってくださる方がいらっしゃった。

おかげで彼、ヴァイブ君は滋賀にお住みの女性マリンバ奏者の方が引き取ってくださることになり、めでたく婿養子となったのだ。いや僕が勝手にそう思っているだけで、先方様では婿とは思われていないだろうが、とにかく、めでたし、めでたし。

ちなみに、婿入りしたヴァイブは今はなくなってしまったらしいコッスという日本のメーカーのもの。僕の自宅には米国製のマッサーがあるが、ほとんど弾いていないのが情けない。 あぁ、かなしや、かなしや。

などと回顧モードに浸っている間に電車は「鶴橋」に着く。ここからはJR環状線に乗りかえ大阪駅経由で大久保まで帰る。大久保といってももちろん、京都や東京の大久保ではない、明石の大久保である。

かくして奈良から明石まで、ちょっとしたノスタルジックオリエンタル急行気分(ウソ、ウソ)を味わいつつ家路に着いたのだった。

|

« the time is presentの解釈 | トップページ | 同じ虹を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vibesは婿養子 ノスタルジック近鉄急行の巻:

« the time is presentの解釈 | トップページ | 同じ虹を見る »