« Jazz Rock Dusterの巻 | トップページ | 不死鳥の騎士団 »

2004/08/29

大島正嗣氏のこと 「華麗なるマリンバ」の巻

Gary Burtonの話がでたので、それに関連して大島正嗣氏のことを書いてみたいが、まずはその前に去る8月15日に行ってきたコンサートのことからはじめよう。

この日は今年で11回目になるという、「華麗なるマリンバの響き」を聴きに神戸市産業振興センターまで家内と娘を連れて行ってきた。
View image

このコンサートは、かつて僕が学生時代にヴァイブを習ったことのある佐藤梨栄先生と日本木琴協会阪神支部が主催する、先生と会員さんおよびその仲間の方々の演奏会で、半分はアマチュアの演奏会ということになるのだが、かなり高いレベルの演奏会になっている。ここ数年は家内と一緒に毎回来ている、といっても先生から2名分の招待状が届くので行かざるを得ない、いえ、もちろん喜んで聴きに行っております。

コンサートはほとんどマリンバのみ(一部ピアノ伴奏)なので色んな面で大変だろう。なんといってもマリンバという楽器はもともと馬鹿でかいのに、それを6台も持ち込んでいるのでそれだけでも大変だと思う。出演者のみなさんは素晴らしいテクニックもおありなのだが、演奏には(どの楽器もそうだろうが)特に打楽器系は体力もかなり必要ではなかろうか。

メロディー楽器とはいっても打楽器系のマリンバばかりでの演奏となると、おそらく単調に陥る危険性もあるので、その辺りの工夫もなかなかご苦労があるだろう。もともと他の楽器に比べてレパートリーが少ないから、他の楽器のための曲や有名な曲の編曲が数曲は入ってくるが、有名な曲ほどマリンバの特色を生かすのが難しくなるのではなかろうか。

今回はかなり有名な曲が多く取り上げられていたが、多少の難はありながらもそれぞれに楽しく聴けた。最近ちょっとブームの「惑星/ホルスト」から「木星」を会員の方々がマリンバ6台で演奏されたが、ここまで仕上げるのは並大抵ではなかったろうと苦労がしのばれた。ただえらそうなことを言えば、苦労がしのばれる辺りが、プロとの差かもしれないが。

その辺りはやはり佐藤先生や友情出演された広沢園子さんなどとは歴然の差が感じられる。ご子息の文俊氏も例年通り出演されているが、テクニックは素晴らしいものの、やはり音楽的にはまだまだ先生にはかなわないな、というのが実感だった。

残念だったのは、二部の最初にバッハのトッカータとフーガニ短調という超有名-超難曲を先生を含む4名で演奏されたときに、会場内で子供が泣き出したことだった。こういう場合は親御さんがすぐに場外へ連れてでるのがマナーだと思うのだが、母親が「シー、静かに」という声まで聞こえて演奏をかなり損なっていたことだ。この親子は結局終わりまで場内に留まっていたために何度も泣き声が邪魔して曲が満足に聴けなかった。コンサートの後、先生も「にらんでやった」とおっしゃっていて、かなり気分を害されていたようだ。

この曲は演奏者にとっては相当な緊張が必要な曲だろうと思う。普通ならあのような状況ではミスが出ても仕方が無いような状況だったが、そんなミスをされなかったのはやはりプロの力だろう。

今回、佐藤先生はソロで「レインダンス」というマリンバの曲を演奏された。技巧をひけらかすような派手な曲ではないが、ひとつずつの音が明瞭で静かに流れるメロディーは素晴らしかった。また広澤園子さんのソロは「妖精の踊り」という曲だったが、素晴らしいテクニックに裏付けられた音楽性の高さはプロの技術を再認識するに十分なものだった。

毎回、思うのだが、やはり佐藤先生は華がある、というか舞台に出られたときの華やかさ、使い古された陳腐な表現でいえばオーラを発散されていると感じた。

僕はあまり人付き合いのよい方ではないので、世間とのつながりというとどうしても会社が大半になってしまうのだが、佐藤先生のコンサートは普通のコンサートとは違った、かつての恩師のコンサートということで僕にとっても特別なものになっており、毎回招待状を贈ってくださる先生にはとても感謝している。

さて、何だか「××の巻」の癖がついてしまい記事がごちゃごちゃしているが、次回は佐藤先生の弟さんである大島正嗣氏について書こうと思う。

P.S. このコンサートの練習日記がありました。とても楽しいし、滅多に見ることのないことですので勝手にリンクしてしまいました(僕としてはリンクは常に自由という国際的なルール(?)に従っております)。

|

« Jazz Rock Dusterの巻 | トップページ | 不死鳥の騎士団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大島正嗣氏のこと 「華麗なるマリンバ」の巻:

« Jazz Rock Dusterの巻 | トップページ | 不死鳥の騎士団 »