« 台風 | トップページ | Jazz Rock 商売、商売の巻 »

2004/09/23

エロガンス

日本人の造語力というのは留まるところを知らないようで、わけの分からん言葉が日々作り出されているようですが・・・。

ガングロ・コギャル世代が20代になり、ちょっとセクシー(エロチック)ながらどことなく品のよさ(エレガンス)を漂わせる新しいファッションがはやっているそうだ。名づけて、エロガンス。

erogance.jpg
 日経新聞 04.9.21夕刊

 erotic + ellegance = erogance?

なるほどね、でも待ってよ、君たち、ちょっと字の違うこんな単語はしってるのかな?アメリカ人が聞いたらたぶん、この単語を思い浮かべると思うよ。

 arrogance

まぁ、それもヨシと言うことかもしれないね。
さいでがんす、うー、オヤジの発したオヤジギャグ。

さてこれではあんまりなので、発音についての話を書いておこう。ちょっと硬いけど。

むかぁし、アメリカである技術会議に初めて出席したとき、彼らの議論のうまさと即断即決の進め方、誰の意見でも、たとえつたない英語であっても意見を述べるものには耳を傾ける態度に驚いたものだ(その代わり意見を言わなければ無視される)。その時の印象に残っている言葉:

「動議!」というときは手を挙げて"A motion."と言うが、強調するので「エイ・モウション」と発音する。

さて技術会議なので専門用語もでてくるが乳化物という意味のエマルジョン=emulsionが「イモウション」と聞こえ、発音だけではA motionと同じに聞こえるのだな(英語ではエマルションで濁らない)。

ついでに言えば、情緒のemotionも日本人には同じに聞こえるだろうなぁ、と思ったのだった。

ちなみに動議の議決の際、議長は:

Anyone who seconds the motion, raise your hand.
→賛成者は手を挙げて"Aye."という。

Anyone who opposes to the motion, raise your hand.
→反対者は手を挙げて"Nay."という。

他人の意見に賛成(異議なし)する場合は、"Second."というが、思うにこれは意見を述べた人の次に付きます、という意味でSecondというではないかな。

ASTM-S.jpg
その会議での記念写真、1987, 春 Atlantaにて

|

« 台風 | トップページ | Jazz Rock 商売、商売の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エロガンス:

« 台風 | トップページ | Jazz Rock 商売、商売の巻 »