« さよなら、タウンエース | トップページ | しょんぼりした血管 »

2004/12/05

King Nerd of Geek Mountain

とうとう今年も最後の月になってしまった。

この秋からはやたらと忙しくて・・・とはいっても世間様のように夜遅くまでは仕事はしないんだけど、英語の勉強がすっかりおろそかになってしまった。これじゃ翻訳で独立なんて夢のまた夢だなぁ。

さて、また久しぶりにMatt Maughy氏のTen Years of My Lifeを覗いてみた。

I am King Nerd of Geek Mountain

タイトルがいいね。 nerd も geekも「オタク」ということだから、「オタク山のオタク大王」とでもいうところか。辞書によっては、オタクをfanaticとかmaniacとしているものもあるが、これはかなりネガティブなイメージだと思う。日本でもオタクという語は以前はかなり暗いイメージで使われたが、最近はそうでもないだろう。

King * of * Mountainという表現は何か由来があるのかもしれないが、良く使う言い回しのようだ。ネットで検索してみると「*」の部分に変な語が入ったものがいくつか見つかる。

nerdを始めて聞いたのは映画ジュラシックパークの姉弟の会話で、弟が姉を指して"computer nerd(コンピュータオタク)"と呼んだ台詞だ。映画ではそれが最後には役に立って助かるという設定だね。

geekは、英会話教室に通っていたときにインストラクターに聞いた。nerdよりもgeekの方が良く使われるのかな、ネット検索件数ではgeekの方が圧倒的に多い。ただ辞書によってはもっと変な意味しか書いていないものもあるが。

Like a kid saving up proofs-of-purchases from breakfast cereal and waiting months for some piece of plastic crap to arrive, I was giddy when the UPS guy finally arrived two months after getting enough TiVo customer referrals (4) to get their free special iPod. And I'm such a dork I got a case for it that is clear on the back, so I can show off the TiVo logo while still protecting it.

I'm really surprised the unit didn't ship with TiVo blips or their theme song already on it.

ing形を多用して簡略化した文の典型だな。こういう文はネイティヴならではのもので、非英語人の僕にはなかなか書けないねぇ。

ちょっと、いくつか単語をみてみよう。

proofs-of-purchaseというのは「購入証明」とでもいうのかな。朝食のシリアルの箱についているマークかシールのようなものだろう。customer-referralsというのも同じようなものだろうけど、顧客情報が書いてあるようなものだろうか。(4)とあるのは4枚集めた、ということかな。

TiVoっていうのは、DVR(degital video recorder)でネットで番組配信や番組共有ができるものらしく、ユーザーが何を見ているかも配信側で分かるようだ。番組リサーチも同時にできるってことらしい。

giddyって語がでてきた。以前、米国人に「You are giddy.」といわれて意味が良く分からなかった語だ。ここでは「待ち焦がれたi-PodをUPSの配達員が持ってきた時にはうれしくて目がくらみそうだった」というような辞書にある意味だと思う。しかし僕がgiddyってのはやっぱり良く分からないなぁ(^^;。

I'm such a dork:dorkは辞書ではヤバイ意味もあるが、「ボクってアホでね」ってな感じか。

nerdでgeekでdorkなあなったってどんな人?って言いたくなるけど、自分のことを変なヤツ扱いしてみるってのも、日記ではよくあることですね。だけど、なんせKing Nerd on Geek Mountainですからすごいな。

TiVo blipsが分からないが、TiVoのキャラクターが出す音なのかな?

ではちょっと大げさっぽいかもしれないけど訳してみよう、原文とは多少違うとこもあるけど、雰囲気、雰囲気。

「我こそはオタク山のオタク大王」

朝食のシリアルについてるマークを集めた子供がプラスチックの景品がくるのを何ヶ月も待ってるみたいに、スペシャルiPodがもらえるTiVoの顧客カード4枚を集めて二ヵ月後、UPSの配達員がやっと来たときは、目がまわってクラクラしたよ。オレってバカだから、iPodをカバーしながらTiVoのロゴも見えるように裏が透明なケースまで用意したんだ。

しかしTiVoの音とかテーマソングを先にもう入れて送ってこなかったってのは、ちょっとびっくりしたな。


著者(?)のMattさんはCNNのインタビューに出たそうだから、有名人だね。

そうそう、変なヤツっていうと、英国人の英語インストラクターはgeezerっていってたな、"He's really a geezer."とか。でも彼もかなりなgeezerだったけど。

|

« さよなら、タウンエース | トップページ | しょんぼりした血管 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: King Nerd of Geek Mountain:

« さよなら、タウンエース | トップページ | しょんぼりした血管 »