« Desperado | トップページ | Food of the Gods »

2005/01/16

HAUL

haul話題作だから、というか家族向けということで「ハウルの動く城」をやっと見てきた。

映像はきれいだったが、内容としてはこんなものか・・・話題の割には少々期待はずれというのが我が家の一致した意見だった。「千と千尋」や「もののけ姫」に比べるとかなり物足りない。倍賞千恵子さんの声は主人公の年齢としては少々おとなっぽすぎる気がしないでもないけど素敵だったね。でも期待した美輪明宏さんは途中で毒気がなくなってしまってちょっとがっかり。

最悪なのは敵方である魔女のサルマンの最後に言う台詞、ここには書かないけど「なんだそれ」っていいたくなる。あれがなけりゃもう少しましだったかも。

宮崎アニメは結構好きだけど、今回はも一つだった。原作を読んでないから分からないけど、消化し切れなかったのかもしれない。

ところで「風の谷のナウシカ」はフランクハバートの「砂の惑星」のパクリだって前からいいたかったんだけど、ネットで調べてみたらもともと「砂の惑星」をベースに作ったってことだったらしい・・・なぁんだ、そうだったのか、そうだよね。

「砂の惑星」は大学の頃に読み始めたので、僕が持っているのは石森章太郎の挿絵だ。かなりな長編で途中までしか読んでいなかったので、また続きを読もうと思った頃には以前に出ていた中盤以降の訳本が絶版になってしまっていた。しかたがないので後半は原書で読んだんだけど後半は(前半にもまして)かなり奇妙な話になっていて、最終巻は途中で投げ出してしまったなぁ。まぁ、出版されている前半の訳本も内容が男女差別的だとか、訳がひどいとか問題があるようだけど。

|

« Desperado | トップページ | Food of the Gods »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAUL:

« Desperado | トップページ | Food of the Gods »