« Food of the Gods | トップページ | Don't Push the Tempo »

2005/02/12

Light as a Feather

chachamaruさんがチックコリアの"Light as a Feather"について書いている。ずいぶん古いアルバムだが、若い人は今の音楽と比べてどんな風に感じるのかなぁ。

せっかくだから、トラックバックしておこう。といっても内容は今回もかつてNiftyのJAZZフォーラムに僕が書き込んだ記事だ。本当は他の方の前後のスレッドの方がずっと面白いのだが・・・

------------
NiftyServe FJAZZ 2000/02/13 10:57

スペインといふと、私は好きな曲ながらつい最近までアルバムはもってませんでした。この辺りの話になると7番部屋と区別がつかなくなるのですが、まぁいいですか(^^;。

未発表テイクが入った"Light as a feather"が再発売された(Verve 314 557 115-2)ということで、やっと昨年購入したのでありますが、2枚組で、1枚目がオリジナル、2枚目は別テイクなどのみを収録してある、というようです。こういうオリジナルを尊重した編集というのはよいですね。

スペインも2テイク余分に入ってますし(ひとつは、部分的に残っていたテイクをつなげたもの、もうひとつも若干の編集はあるらしい)、Matrixとかがあるのもよい、合間のおしゃべりや、弾き始めてまたやり直し、とか録音風景も入っています。ただし"What game shall..."が4テイクも、それも随分だれた感じで続くのは絶えられん(-_-;。この曲はまた、聴こうという気にはならないな。

でも懐かしかったのは、ジャケットにある日本初来日時の公演と思しき写真です(撮影が日本人名なので、多分そうなんでしょう)。大阪まで聴きにいったときのことを思い出します。当日のBootleg カセットがあるんですが、子供が赤ん坊の時にぴゅるぴゅる~っと引っ張り出して切れてしまった(;_;)

当時このアルバムで流行ったというか、話題になったのは、スペインと500 Miles Highですね。でもこの曲なんか聴いてると、フローラ・プリムってのはあんまり上手な歌手ではないですね、結構音程も不安定だし・・、RTFがなけりゃ、あるいはアイアートの奥さんでなければこれほどの活躍にはならなかったんじゃないかしらん。声の質とか独特の味は好きですけど。

スペインがスペイン的かどうか、というと私はやっぱりスペインだと思います。なんというかな、いわゆるスパニッシュモードだけがスペインではないのでして、アルベニス(スペインのクラシック作曲家)とかに通じる曲想があると思います。

  。。   。。
  ||(^-^)|| taki コリアなら■■さんだな
-----------

注)7番部屋というのは、倶楽部ECMといってECM関連やヨーロッパジャズが話題の部屋。

LasF
アルバムにある初来日時と思しき公演写真(IHICIKAWA Yukio)

も一つ、その7番部屋でこのアルバム情報を知ったときのレス:
------------
NiftyServe FJAZZ 1998/10/03 00:03
○○さん、みなさま、こんにちは、お久しぶり。

RTFのMATRIXがでたんですね、これはいい情報(^^)。
また古い話ですが、RTF初来日大阪公演のアンコールがこれだったんです。

当日は**でBOOTLEG**、公演がとりあえず終了時点ちょうどでTPもきれたんです。で、アンコール!
が始まらない、かなり時間がたって、もうあきらめて席を離れた人もでたころに幕がしまったままで突然響きだしたのが、MATRIXだった。

やぁ、もう記憶のかなたですが、カッコよかった。でもBOOTはできなかったんでとっても残念でしたがそうか、それが聴けるんですね。

Light・・は、なんとなくかもめさんに比べて買う気がせず、今に至る、で持ってないから今度こそ買いましょう(^o^)v
  。。 。。
  ||(^-^)|| taki "Alone at Last"も出てるんですよね、情報
            ありがとうございます。
------------
注)Alone at LastはGary Burtonのソロアルバム

このコンプリート版も発売されたのが1998年というからすでに6年以上がすぎていたんだ。

さて、今回もう一度聞きなおしてみたが、Matrixが20年以上埋もれていたのはもったいないと思うが、他のテイクはやはり没になったのも仕方がないだろう。それなりに面白いのは演奏の間の会話かな。

|

« Food of the Gods | トップページ | Don't Push the Tempo »

コメント

ふむふむ。練習中の会話があるんですね。それは聞いてみたいなぁ。デクテーションのいい練習になると思いますが、どうです? 聞き取って翻訳して載せてくれれば著作権上も問題はないと思いますし(本当か?)。

投稿: chachamaru | 2005/02/12 09:54

 こん**は。いつも勉強になります。FJAZZ懐かしいですね。ちゃんと書き込みを保存されておられるのですね。
 Nifty Serveも3月末をもってその役割を終えるとのことで、たしかにFJAZZは事実上過去のものとなっていますが、感慨深いものがありますね。
 そう言えば昔エロール・ガーナーの「Concert By The Sea」の最後のMCが分からなくてFJAZZで教えてもらった事がありましたが、ひょっとしたらTakiさんだったのかも。

投稿: ゆうけい | 2005/02/18 10:31

ゆうけいさん、コメントをありがとうございます。

FJAZZなどのログはニフマン(Nifty Manager)使っているので全部とっています。これからも話の種に使えるかなって思いますし。
メインのメールは今でもニフマンでウィルスの心配がなかったんですが、使えなくなるんですよね~。面倒だな。

投稿: taki | 2005/02/19 16:37

追伸:エロールガーナーは守備範囲外なので、僕ではないです。他の方でしょう。

投稿: taki | 2005/02/19 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Light as a Feather:

« Food of the Gods | トップページ | Don't Push the Tempo »