« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/27

Lilac 追悼に

大変な事故が起こってしまいました。JR塚口と尼崎駅の間というと、毎日の通勤で通過する神戸線からほど近い場所である上に、職場からもそんなには離れていないだけに呆然としてしまいます。

今日も阪急電車の振り替えで梅田駅は駅員の方々が駅に出て案内を続けていましたが、しばらくは復旧できないでしょう。どうしてもあの震災のときのバスや電車を乗りついでは大阪まで出てきていたときとダブってしまいます。ただただなくなられた方々の冥福と、怪我をされた方々の回復を祈るばかりです。

lilac-2先日、撮影した我が家のライラックの写真をささげます。10年くらい前に植え、数年前からぼちぼち咲き始めたのが、今年は初めて満開になりました。
偶然とはいえ、ゆうけいさんもライラックの花の写真をアップされていましたのでトラックバックさせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/17

Birds following a Tractor

やっとそれなりのデジカメを買った、といっても大したものではないのでなかなかうまくは撮れない。

lilacとりあえず庭のライラックを撮ってみた。以前にこのBlogで記事にした、いつも夏にクマゼミが留まってうるさい木だが、まだ満開ではないものの薄紫のつぼみが今年はたくさんついた。

それから久しぶりに犬の散歩がてら近所を撮って僕のサイトにアップしてみた。は残念ながら満開を過ぎてしまったが割ときれいに撮れたんではないかな。

Image4写真ではあまり分からないけど面白い光景で、土を掘り起こすトラクターを追いかける鳥たち。どうやら土の中のムシが掘り起こされるのをつついているらしく、この時期としては珍しい光景ではないようだ。
 →A group of birds following a tractor


それ以外にも適当に撮ったイメージをトリミングしたり色調整してアップしてみた。撮りそこねのブレ写真も悪のりついてにほりこんだが、デザインも含めていつものごとく、Matthewさんのマネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/02

Marketing rather than an Industry

前回、Boy GeorgeのDiaryの中で意味がよく分からなかったmarketingとindustryについて考えてみた。

I have said numerous times, that, MTV, single-handedly destroyed rock and roll and I mean it. MTV, has dragged rock n' roll to the level of the lowest kind of advertising and because of it's rise, we now have a marketing, rather, than a music industry. Watching MTV, is like watching one endless, Coca-Cola commercial.
  Boy George/Dizzy Diary(リンク切れ)

「何度も言ってるんだが、MTVはあいつらだけでロックを破壊してしまった、本気で言ってるんだ。MTVはロックを最低な広告にひきずり下ろしてしまったし、MTVがのし上がったおかげで、我々に今あるのは、音楽産業というよりはマーケティングなのだ。MTVを見ることは、エンドレスのコカコーラCMを見るようなものだ。」

MarketingとIndustryを彼がどういう意味で使っているのかがよく分からないところだが、産業として音楽が成り立つべきところを、営利主義中心のマーケティングに堕してしまっている、ということなのだろう。

最近はちょっとこの「マーケティング」という言葉に引っかかっている。ま、仕事をしている以上、営利主義、利益優先、なんたらかんたら・・・がついて回るのはどうしようもないが、マーケティングという言葉はどうも人によって随分違った意味で使われているようだ。極端な話、製品についてアンケートをとる程度がマーケティングだと思ってる輩もいないことはない。

その辺りをちょっと調べつつある、というのが実は僕の現状なのだが、IndustryとMarketingを相対するものと見るBoy Georgeの言葉の定義の是非はともかく、彼の言いたいことはよく分かる。営利に走れば結局は自分の首を絞めることになる、という話はよく聞く話だ。昨今のライブドアのやり方もその気がなきにしもあらず、で手詰まり状態になってしまい何とか方向修正をしようとしているように見える。

トップ、つまり経営者がその会社の位置する産業をしっかりと把握し未来に向かうシナリオを描けるようであれば問題はないだろうが、利益優先で闇雲に社員を駆り立てるだけでは、下々は困ってしまう。マーケティングというのも産業として成り立たせるための一つの手段ではあるのだろう、多分。

まぁ、何がいいたいかというと・・・そういうこと??(;^^;)??なのだが、そこで最近注目しているのがここだ。
logo
Outlogic  Innovation & Insights

いわゆるコンサルタントのようだが、実に多読な人で毎日のように新しい情報をBlogに書き込んでいるが、なおかつそれが生半可な内容ではない、少なくとも僕にとってはね。取り入れた情報をしっかりと租借しそれを引用が多いとはいえ、自分の言葉にして表現している。大いに参考にさせていただいている。

・・・って結局何か訳の分からん書き込みになってしまったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »