« Just the way you are | トップページ | May the Force be with you »

2005/06/26

Moreau & Takebe

昨日はギュスターブ・モロー展を見にまた兵庫県立美術館に行ってきた。今回は娘も一緒で、モザイクのフィッシャーマンズマーケットのランチが食べたいとせがまれたので食事のためだけにハーバーランドに寄り道してしまったが、見晴らしのよい場所でゆっくりと好きなものを堪能できたので満足、満足。

モローは教育TVの「新日曜美術館」で取り上げられたのを見ていたので、ぜひ見に行こうと思っていた。神話や聖書を題材にした幻想的な表現が特徴だが、創元文庫にあるバローズの火星シリーズや金星シリーズにある武部本一郎氏の挿絵などはモローの影響がかなり大きいに違いない。学生のころは、内容よりも武部氏の挿絵みたさに本を買ったくらいなので、その原点と思しきモローの絵は是非見ておかなくてはならない。

モローの絵はTV画面や印刷などを見ただけでも随分と幻想的で、古典的な油彩技法でかなりこってりと描き込んだ色彩豊かな絵画に見える。しかし実際に見てみるとそうした絵もあるものの、全般にはかなり薄くさっと描き流したようであったり、下絵が透けていたり、あるいは漠然としていたりと、かなり印象が違っていた。色彩もそれほど色鮮やかなわけではない。随分以前だがムンクの絵を見た時も印刷に比べると随分と着彩の薄い画面に驚いたが、それに似たところがある。

もちろん、ポイントとなる部分(主人公など)はかなりこってりと明確に描き込んであるが、それ以外はかなりぼかしたような表現が多いのは、題材のある絵画なので主題に目が引き付けられるように考えられているのかもしれない。

TVでは裸のサロメに柄だけが線描されている「踊るサロメ」が紹介されていたが、同じ技法が「出現」でも使われている(リンク先の画像では線描が不明瞭)。TV画面でも単に線が描かれていることが分かるだけで、「未完成のまま線の美しさを表すためにあえて色を加えなかったとも言われています。」と解説されていたが、実際に絵をみると未完成というよりは意図的にこうした描き方をしたとしか思えない。

「出現」にはいくつかのバージョンがあるそうだが、今回の展示は線描が施されたモロー美術館所蔵の油彩画である。興味深いのは、離れて見たときには線描は模糊とした背景にうずもれサロメと宙に浮くヨハネの首だけが前面に浮き出ているのに対し、近づくにつれて線だけで描かれた装飾的な構造物と人物が背景に重なって現れることだ。あたかも漠然とした色彩だけの世界と、透明だがしかし明瞭な形を持つ線描の二つの世界が同時に重なっている中に、サロメとヨハネの首だけがそれを超越して存在しているように見える。いうなれば画面という二次元空間に二つの三次元空間を重ねて描いているような感じで実に巧みで効果的だ。moreau2
油彩画だけでなくデッサンや水彩画も多かったが、所謂水彩というよりはグァッシュのように不透明で厚くのせたような描画が多かったもの意外だった。左イメージの入場券にある「夕べの声」も油彩のように見えるが実は水彩だ。

ところで武部氏の「金星の魔法使い」表紙は白い線描を含めて「出現」から採っているのは明らかだが、改めて武部氏の表紙画をネットで見ていると、神話などを題材にした様々な名画からとっているものが結構ありそうな気がする。
ついでに検索していたら漫画家の山本貴嗣氏が武部氏について面白いことを書いているのをみつけた。山本氏のいうごとく、本当に最近は教養とは縁のない御仁が多いと思う。

今回、幸いだったのはまだ会期半ばだったせいかそれともモローはそれほどの人気でもないのか、土曜日にもかかわらず人が少なく、ゆっくり鑑賞できたことだ。しかし前回もそうだったが、照明が暗いのがかなわない。それと迷路のような美術館も困ったものだが、幸い娘はその辺りの勘がいいらしく迷わずにすんだ。

娘もモローは気に入ったようだが、むしろショップにあったヒロエニムス・ボスの「快楽の園 地獄」にあるキャラクター(?)のフィギュアが気になるようだった。こんなものがあるとは知らなかったが、確かにボスの世界はすごいね。

|

« Just the way you are | トップページ | May the Force be with you »

コメント

 こん**は。

>しかし前回もそうだったが、照明が暗いのがかなわない。それと迷路のような美術館も困ったものだが、幸い娘はその辺りの勘がいいらしく迷わずにすんだ。

 さすが若い方は素晴らしい、というか羨ましい。私も子供を道案内に(^_^;)週末にでもいってみようかと思います。

投稿: ゆうけい | 2005/06/27 14:45

ゆうけいさん、コメントをありがとうございます。
あの美術館はほんとに迷路ですね、設計した安藤さんの意図って何なのでしょう。

投稿: taki | 2005/06/28 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Moreau & Takebe:

» ギュスターヴ・モロー展 [ゆうけいの月夜のラプソディ]
 Takiさんが紹介しておられたギュスターヴ・モロー展を兵庫県立美術館へ観に行 [続きを読む]

受信: 2005/07/03 10:33

» 夏の日の美術鑑賞&岩盤浴 [nancix Diary]
 行きたい、行きたいと思いつつ、まだ行けてなかった「ギュスターヴ・モロー展」。  3連休の最終日、ついに意を決して行ってきましたよ。  のえさんによる大阪「ゴッホ展」の大混雑ぶりを読んでビビりまくり、早起きして朝いちばんに入ろうと、前日に洗濯を大車輪で済ませたにもかかわらず…。  家を出たのは正午近く。ダメじゃーん。    この兵庫県立近代美術館、王子公園から移転して間もないときに、仕事で行ったんですよね。  3年前ぐらいか?  学芸員さんとの約束の時間に遅れそうで、行きはJR駅か... [続きを読む]

受信: 2005/07/20 07:35

« Just the way you are | トップページ | May the Force be with you »