« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/27

May the Force be with You/Episode 3

今日は休みを取っていたのでスターウォーズの最新作エピソード3を見てきました。といってもそのために休みを取ったわけではありませんけど、まずまずよかったと思います。

ちょっとあっけないような所とか、え、それで終わりですか?というようなところもありましたが、かつての第一作目(エピソード4)につながるラストはちょっと感動的でした。それ以外はすごいアクションとSFXだけど、4のときのような衝撃や感動は残念ながら僕には感じられません。若い人は最近のSFXに慣れてしまっているから4なんてショボイと感じるらしいけど、リアルタイムで70年代に見た僕からすると一作目の方が面白いし、シンプルでいいですね。エピソード3ほどになると画面がうるさいくらいにごちゃごちゃし過ぎ、懲りすぎという気がします。

先日のNHK「英語でしゃべらナイト」でルーカスは「3年くらいで小さく育てるつもりだったのが、大きくなりすぎて30年もかかってしまった」なんて言ってましたが、しかしよくがんばった、というのか、30年もかけるなよ!

しかし一作目の色々な映画のエッセンスを集めた超娯楽大作というところがすっかりなくなって、かなり暗くてヘビーな内容になってしまっているし、話をつなげるためだけに作ったようなところもなきにしもあらずでちょっと残念な印象は残ります。3を見てから4を見る人にとっては4は軽すぎるかもしれません。

skywalkerただ、当初はなんで話を途中(4)から作り完結させてから過去に戻って結末が分かっているような3を作るのか理由が分からなかったのですが、3を見た後は確かにそのほうがよかったのだろうと納得できました。最初からダースベイダーがルークの父親だと分かって4を見るとちょっとしらけそうな気がします。ルーカスはそこまで最初から考えていたのだろうから、やはりはすごい人だと思います。

もしこれから初めてスターウォーズをエピソード1から順に見る人がいれば、それはちょっとかわいそうかもしれません。SFXもショボく感じてしまうだろうし。 やっぱり30年はかけすぎだよ。

もう見てしまった方で映画の展開に疑問がある方はこちらに詳しいことが解説されています。僕はそこまで考えて見ようとは思いませんけどね。ただし話の展開が分かってしまうので映画を見てない方は読まないほうがいいです。イメージはエピソード4、こちらのサイトから。


補足:先月あたりに硬めの文体で書いていたのに少々疲れたので今回は徹底して「ですます」調の丁寧な文にしてみました。硬めになっていたのは語彙を色々工夫してみたかったからで、最近の若者言葉とか単純な表現やカタカナ語で片付けてしまう文体が嫌だったからです。でも僕の語彙力では思ったようにできませんでした。とはいうものの「ですます」調で統一するのも意外と難しいものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/07/18

Purple Rain

今日は何となくだらだらとCATVで映画を二つみてしまった。一つはプリンスの"Purple Rain"、も一つはジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの「ノッティングヒルの恋人」(ノッティンガムと混同してノッティンガムヒルって書いてました。あ~ハズカシ、謹んで訂正いたします)。

ロックには疎いので、よく知らないけどPurple Rainはプリンスの自伝的映画とかネットには書かれていた。本当なら結構ハードな環境からスターになったんだな。ロックスターの映画としては内容はちょっとハードで暗いがそれなりに良かったと思う。話の結末としてはこんなものだろうという件のPurple Rainを歌うシーンも結構感動ものだったし。僕もこの曲は覚えているな、他の曲は知らないけど。

ま、しかし一番感動したのはやっぱ、本物のプロが演奏しているってことだ。当たり前だけど。何っていうとやはりギターを弾く時の右手の動きだね。実際には右手だけじゃなくて全身からほとばしる音って感じなんだけど、練習風景でメンバーが軽くヂャヂャってかき鳴らす動きがモノホンなのが一目で分かる。

何でこんなことにこだわるかといえば、やはり自分でギターを弾くからということなんだけど、以前にみた「ギタリストの恋」っていう映画での演技がすごく気になったからだ。この映画は架空のジャズギタリストの話なんだけど、主人公の俳優は残念ながらギターは弾けない。だから吹き替えで弾くふりをしているだけなんだけど、左手は実にそれらしく演技しているのに右手が全然ダメだった。この辺りが演者も監督も分かってなかったんだろうな。

昔、クラシックギターを習ってた時、先生が「左手は職人、右手は芸術家」とおっしゃったことがある。全くその通りでギターの音を最終的に出すのは右手であって左手ではない。だから右手の動きというのが本物と単なる演技では全く違うのだ。そこのところが「ギタリストの恋」では見落とされていたってことなのか、それともそれは至難の業なのか?

purple_rainしかしプリンスをまともに見たのはこれが初めて(で多分最後)だが、すごいね。僕の知っていたころのロックはあんなに踊りまわる人はいなかったからな、といってもこの映画も1984年だから随分古いんだ。実に多芸な人だなって感心してしまった。

もう一つの映画は、まぁ時間つぶしにはいい恋愛映画という感じだけどこれもお決まりのラストシーンで結構乗せられて感動してしまったから、まあまあかな。もう一度見ようとは思わないけど、イギリス英語をもう少し聞き取りしたかったかな・・・米語とちがって歯切れがいいから好きなんだけど、どうも聞き取りにくい。ヒュー・グラントのあのにやけた二枚目面とイギリス英語の組み合わせが何ともいえずいい感じだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/17

ネイティヴ感覚の英文法

TVはあまり見ないんだけど、教育TVだけは結構よく見る。といっても英会話とか美術などのプログラムだけなんだけど、とうとう出ましたね、大西泰斗先生。別にここで改めて書く必要もないのだけど、従来の英文法書とは一味違った、イメージで言葉を捉えネイティヴスピーカーに近い感覚で英語を理解しようという本を色々書かれていて結構注目されている人だ。僕も大西先生の「ネイティブシリーズ」とか言われている本を何冊か持っているが、確かに普通の文法書よりはかなりユニークで分かりやすい。

番組は7月から3ヶ月間、毎週木曜日の11:10PMからで、本の共著者であるPaul Chris McVay氏も出演している。

画面で大西先生をはじめて拝見したが、なるほど話も上手で人を引き付ける魅力もありますね。こういう先生に習ったら英語が好きになる人も随分増えるだろうに。

実際のところは、HDレコーダーに予約録画してそれをPCのHDに移しているだけでなかなか見る暇もない、というかだらだらと時間を過ごして見てないだけなんだけど、そんな事情でまだ1回目だけしか見ていないがなかなかユニークだ。ただ、ある程度の英語力がついている人でないとこれでも分かりにくいような気がするんだけど。

さて一回目は"on"だったが、これは「接触して」という意味から「押している、圧力をかけている」というイメージも出てくるということだった。次の例文があったが:
  He turned towards you.
  He turned on you.

turn on you.というのはよく分からない表現だったが、これも圧力をかけながら向く→怒りとか攻撃的という状態を表しているということだ。こういうのはイディオムとか言って学校では丸暗記したものだが、大西先生によれば本来は言葉としてそれぞれの単語のイメージから必然的に意味が出てくるもので、イディオムという考えは必要ないという。native

まぁ、しかしその域に達するころにはかなりの所謂イディオムを暗記してしまっているような気がするが、とにかくここ3ヶ月が楽しみだね。大西先生のサイトはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/16

The Plaza, the first shopping center

たかけんさんがタイ旅行の帰国便で大変な目に合われたそうです。そんな時、海外では下手にでたりパニックに陥るとさらにひどい目にあったりするという話がよくありますが、さすがにたかけんさんは演技50%で怒りをあらわに見事に交渉されたようです。

ということでちょっと僕も昔の話を引っ張り出して見ました。これはまた、今はなきパソ通ニフティー英会話フォーラムでの書き込みで、「呼び込みタクシーには絶対に乗ってはならない」という話題につなげたコメント。

--------------
NiftyServe FENGC 2001/03/19 01:27

もう最近はないのですが、以前は年一回ペースで1~2週間の米国出張をしていました。何度かこの指示を守りませんでした(^^;。

どうせ会社の経費、会社じゃ誰も空港からホテルまでいくらかかかるか知らんし、ぼられてもまだ日本のタクシーよかよっぽど安い、とタカをくくっておったのですが、、、

あるとき、深夜にNYのJFK空港に到着、タクシー乗り場に向かっていると、「マンハッタンに戻るところだが、こんな時間はタクシーもないから乗っていかないか、安くしとくぜ」と二人連れのあんちゃんに誘われ、フラフラとついていきました。ちょっと大きめのワゴンで、何人かを乗せるらしくしばらく待っていてくれとのこと。

米国人らしき女性と若い男の二人連れの2組が来たと思います。

マンハッタンに入り、さて最初に女性のホテルについて荷物をおろしている間に、なんと男性客二人は車を降りると一目散に走っていきました。あんちゃんの一人が必死においかけたようでしたが、逃げられた。むむ、さすがアメリカだ、客もこういうのがいるのか。

さて、私のホテルに到着して料金の段になると、$60くらいだったと思います(タクシーの倍くらいだ!)。ま、しかしここいらが日本のバブリー(注)なサラリーマン、文句もいわずに払うのですが、財布の中を見ながら、まず$50をわたし、また財布を覗いて残りの$10を渡そうとしたら、「足りないぞ」という。「え?、I gave you $50.」というと「ほれ、You gave me only $5.」といって、$5札を見せる。

おもわず、「You got ripped me off?」これ、正しいのかどうか思わず言ったのでわからないのですが通じたようで、"Why should I rip you off?" とか何とかいってました。

相手は大きいし、二人連れ(連れのほうはわたしの荷物をホテルの中まで運んでいたのでそこにはいませんでしたが)なので、「むぅ、$50、that's all.」といって、もう一度$50だけ渡しました。相手もそれ以上はいわず「Ok.」で済みました。

領収書はちゃんともらいましたが、しかし$50の損、いや領収書は$60で会社からはちゃんともらったから、個人的には$40の損でした。

かし実は記憶が曖昧で、ひょっとするとほんとに$5しか渡さなかったのかもしれない?? そうすると$5の得だが?

最近はNYの事情もよくなってるとか聞きますが、以前はこういうのが多かったし、正規のイエローキャブでもJFKからマンハッタンまで乗って$200取られたと言う話も聞きましたね。ま、15年くらい前の話ですが。

そうだ、シカゴでも帰りにホテルから空港に行くときにやたらと遠回りをされて、来たときの倍くらい取られたことがあったな。

カンサスシティーでも呼び込みタクシーに乗ったな、でもあの空港はほんとにタクシーがいなかったから仕方がなかったけど、右のバックミラーがフラフラゆれていつ落ちるか心配なボロ車だった。帰りはちゃんとしたタクシーを呼んだけど、とてもきれいな大型車で、値段はやはり半額くらいだった。

kansas-plazaどれも、会社にはそのまま領収書を出しましたが、バブリーな頃だったためか面倒くさいのか、経理も行きと帰りで値段が違うことなどもチェックしなかったようで、ちゃんともらえました。

みなさん、私のマネはしないようにね。 -taki-

(注)ここでのバブリーは「バブルに浮かれた、お金に無頓着な」というような意味だが和製英語。英語のbubblyは「泡立つ、陽気な」という意味。
---------------------

kansas-band上のイメージはスペインはセルビアの街、ではなくてカンサスシティーにあるThe Plazaというショッピングタウン。一人の若者が旅したヨーロッパ特にセルビアに大層感激し、セルビアの街を再現してしまったものが世界で最初のショッピングセンターだとか。若い時の夢を実現するアメリカンドリームをダウンタウンから乗ったタクシーの運ちゃんがかいつまんで話してくれましたが、詳しくはこちらに書かれています。アメリカにはそんなところが結構あるそうです。右のイメージはストリートバンドならぬプラザバンドかな。

さて、1980年代はNYではいつもゴルゴ13になって、きょろきょろしない、目的地に向かって脇目も振らず早足で歩く、立ち止まる時は壁を背にする、などと常に周囲に気を配りながら歩かなければなりませんでしたが、1990年代からはだんだんとのんびりと歩く雰囲気も出てきたし街も随分きれいになっていました。2003年に久しぶりに行った時はテロの後、警戒が厳重になったということもあるとは思いますが、本当に東京と同じような感覚で歩くことができました。とはいえ最近は東京を歩くのも以前ほど安全な気がしないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

May the Force be with you

This is a track-back to chachamaru-san’s blog. I just write down this article to brush up my English, so the contents would not be consitent, and you would not be content with it, but never mind.

I don’t know if “KI” is based on Buddhism but I'd say it's rather based on Chinese martial arts like taichi (太極拳) in a sense of fighting spirits, and in daily life, it’s based on Shintoism. I don’t remember who said it but there are several religions in the world, Christianity, Buddhism, Muslim, etc, plus Japanism (日本教、I don’t know the exact term). Japanese believe in their own religion, Japanism. darth_vaderThey do not believe in a specific religion like Christianity or Buddhism or whatever but Japanism.
So you may assume “KI” is based on Japanism. In a long history of Japan, Bushido has been influencing Japanese citizens in many ways and it might have started long time ago, like Kamakura peroid through the age of Provincial Wars (戦国時代) to Ed period. And always “KI” played quite an important role in Samurai’s life. I guess “KI” in martial arts like Aikido would have something related to what you say “KI” in daily life.

Anyway, nowadays "Power of the Force" would be one of interpretations of "KI".

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »