« Whylins in Yongle | トップページ | きまぐれ・・・ロボット »

2005/09/24

きまぐれスチームボーイ

3連休が二回も続いているのに全然更新していないのは、この9月とも思えない蒸し暑さ、のせいか?
しかしやっと涼しさを感じられるようになってほっとしたところで、結局は昨日から家内がサービス価格90円で借りてきたビデオを見てダラダラしてしまった。今日見たのは大友克洋の話題作・・・だったらしいけど「スチームボーイ」。映画が特段好きだというわけではないんだけど、どうもこの手の話題が多いかなぁ、と思いつつまた書いてみよう。

大友アニメというと「アキラ」くらいしか見ていないしよく知らないんだが、画面のレトロな雰囲気からは何となく「オネアミスの翼」を連想しつつ、スペクタクルな画面の動きは中々のものだと結構面白く見ていたんだけど、中盤のロンドン博覧会にアメリカの一財団が戦争をしかけるという設定には、前日に見た「The Day after Tomorrow」の政治絡みなんかを思い出すとあまりに非現実的でかなり鼻白んでしまった(どういう関係だってつっこまれそうですが地球温暖化はこのアニメの舞台である産業革命期に始まるといって間違いはない、ってテーマが違うだろ!)。実在のイギリス-アメリカという構図にせず「オネアミスの翼」のように架空の世界にすればよかったろうに・・・。

steam-father2何だか白けたな~、とはいうもののそのまま見続けるんだけど、どうもこの父親エディの顔はどこかで見たことがあるんだよな~、でもどうも思い出せないな~。何か引っかかるんだよな~・・・ぁぁ・・・、あぁっ、そうだ!

これは今年の初めだったか去年暮れだったか、CATVのアニメチャンネル(Animax)で見た星新一原作のアニメ「きまぐれロボット」に出てきた博士そのまんまじゃないか! そう思って見ると、この父親やじいさんの、シリアス顔しながらどこかすっ呆けたところはあの博士に通じるマッドサイエンティストそのまんまではないの!! 共通点はその呆けた性格とあの妙な片目ヘルメットみたいな被り物だけかと思って調べて見ると、左手が機械仕掛けというのも全く同じだ。これはもう大友さんは「きまぐれロボット」をパロってるのは、間違いない!hakase、かな? 本当は星新一の原作を読んでいないので、どちらのアニメがパロっているのか分からないんだけど、しかしアニメ公開の順からいうとスチームボーイの方が先のようだから逆かもしれないが・・・。

まぁ、どっちがパロってるにしろ、そうなると見る気分も変わってくるから不思議だ。そうか、そういうノリで見ればこれはこれでいいのかも知れない(いい加減でございますねぇ、という声もするが)、あんまり筋立ての不合理性に拘っても仕方がないのだな。

ということで、ある意味、ゆうけいさんのBlogで紹介されていたSantapapaさんいうところのトホホな映画かもしれないけど、「きまぐれロボット」方向から見ればまた違った味が出てくるのは確か、と僕は思うね。それと宮崎アニメとは違った動きのすごさは「アキラ」から通底している大友アニメの特色なのだろうな。

テーマとしては科学礼賛と文明破壊のアイロニーなのかどうか、結局、作者は肯定なのか否定なのか曖昧なままに見るものに委ねるということなのかな・・・、ねぇ、大友さん?

しかし終盤はほとんど「Rocketeer」だったな、といっても見たのは10年以上前だからよく覚えてないけど。

|

« Whylins in Yongle | トップページ | きまぐれ・・・ロボット »

コメント

*大友氏のお名前「克洋」を「克彦」と誤記してました。慎んで訂正させていただきます。

投稿: taki | 2005/09/25 11:52

 こん**は。拙ブログのご紹介ありがとうございました。 スチームボーイは大友ファンにも映画ファンにも今一つ評判が悪かったですね。大友というブランドに期待するものが大きすぎるせいでしょうか。

投稿: ゆうけい | 2005/09/25 20:45

ゆうけいさん、コメントをありがとうございます。
僕自身は大友ブランドが特に好きというわけでも詳しいわけでもないので、非現実的な筋立てに拘らなければ、少なくとも最近の類型的なアニメよりはずっといい出来だし、宮崎アニメに対抗できるオリジナリティーはあると思います。
特に動きというかハチャメチャなスピード感あふれるアクションは大画面で見ればすごかったろうと思います。

投稿: taki | 2005/09/25 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きまぐれスチームボーイ:

« Whylins in Yongle | トップページ | きまぐれ・・・ロボット »