« LOST & FOUND | トップページ | Oh, Nerd, Thee, a Whole Nut Rat »

2005/10/10

Musikalishes Opfer

高校生のころ、バッハやバロック音楽をよく聴いていたことがある。当時、日曜の朝にはNHK-FMで「バッハ連続演奏」という番組があって4トラオープンリールのテレコで毎週録音していたものだ。そのテープはその後、ジャズやら何やらで上書き(とは言わないだろうが)されて今はない(再生機は壊れテープのみ残っている)が、その連なりでスィングルシンガーズのLPも買ったりしたのが大学へ入ってからのジャズにつながったのかもしれない。

当時はカールリヒターとミュンヘン・バッハ管弦楽団、合唱団が斬新なバッハ解釈で注目を集め、来日公演もNHKで放映されたりした。当時購入した彼らのアルバム「マタイ受難曲」や「音楽の捧げもの(下のイメージ/アマゾンから)」などはよく聴いたものだ。music

さて、話題は変わってキースジャレットの本というのが時々利用する隣町の稲美町立図書館にある。蔵書もさして多いとは思えない図書館に何故この本があるのか不思議なところだが、今までに3回は借りたものの未だに読破できずにいる。

その中にキースの言葉として「ポリフォニーにおいて人間の耳に認識できるのは4声までということが科学的に証明されているのだが、実際に即興で弾いているときには4声を超えることがある」というような内容の記述がある。僕もギターでクラシックのポリフォニーを弾くことはあるが、区別できるのは2声がせいぜいかな、という話はさておき、この話を読んだ時に思い浮かんだのがバッハの「6声のリチェルカーレ」だ。

これは前述の「音楽の捧げもの」に入っている曲だが、もとはフリードリヒ大王がバッハにテーマを与え、それに基づいて6声のフーガを書けるか、といわれたものに対しチェンバロでその場で即興で弾いたものの、満足できるものではなかったために後日、課題であった6声のリチェルカーレ(フーガ)にさらに様々な変奏を加えて大王に捧げた、という逸話がある。

つまりバッハも4声どころか6声のポリフォニーを即興で演奏したわけだ。僕が持っているアルバムではカールリヒターが弾いているがきちんと聴き分けて演奏しているのだろうし、大体が指揮者や作曲家がオーケストラ用の曲を演奏したり作曲したりする場合は、あれだけの膨大な楽器の音を全て頭の中で鳴らして曲想をつかむらしいから、6声どころではないはずだ。

はてさて、キースのいう「4声が限界と科学的に証明された」という話は一体何なのだろうか。

vendome
ところでこの6声のリチェルカーレはジョン・ルイスが作編曲しスィングルシンガーズとMJQが競演した「ヴァンドーム広場」というアルバムに入っているのだが、この競演は本当に素晴らしい。右の黄ばんだイメージは僕の持っているLPの今はなつかしい見開きジャケットをデジカメで写したものだ(ポップアップして見てください)。

さらにMJQは、この「音楽の捧げもの」の中からフリードリヒ大王のテーマにヴァイオリンで2声のカノンを乗せた4曲目をスタンダードの「朝日のようにさわやかに」のイントロにも使ったりしていて、ジャズには結構、縁の深い曲でもあるね。

前述のようにバッハの時代には即興演奏というのはごく当たり前に行われていたのは有名だ。例えばAABBなどと繰り返しのある場合は、2度目の繰り返しは楽譜のままではなく即興で演奏する、といのは今でも行われる場合があるのはTVでの演奏で聴いたことがある。また楽器の指定がない曲(音楽の捧げものの半分くらいはそうだ)は楽器も演奏者の解釈に委ねられたりしてかなり自由度が高いのだな。

それとバロックのころの曲は意外とジャズのコード進行と似ているものが多いように思う。僕の世代では4度進行などといっていた(最近はそうは言わないらしいが)ものがバッハの曲などにも多くて、そんなことや即興性という面でジャズとバロックは相性がいいのだろうと、一人で納得している・・・と、今回は珍しく音楽の話になったね。

|

« LOST & FOUND | トップページ | Oh, Nerd, Thee, a Whole Nut Rat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Musikalishes Opfer:

« LOST & FOUND | トップページ | Oh, Nerd, Thee, a Whole Nut Rat »