« きまぐれスチームボーイ | トップページ | きまぐれオレンジロード »

2005/10/01

きまぐれ・・・ロボット

星新一の「きまぐれロボット」を読んでみることにした。前回の記事でアップしていたアニメの博士の容姿は「スチームボーイ」のエディのそれとどういう関係なのか確かめる意味もあったし、このところこういった小説を読んでいなかったから、久しぶりに読んで見ようということもある。

アマゾンで見るとユーズド文庫本ならなんと¥1などというとんでもない価格がついているが、しかし送料がかかれば新品と大差なくなってしまう。以前から欲しかったDVD(Manhattan/Woody Allen)や娘の誕生日プレゼントのDVDも一緒に買えば送料は無料になるので新品を買うことにし、数日前に到着した。

170ページあまりの文庫本だから、計算上は1.5時間もあれば読み終えるはずなのだがショートショートというのは数編読むと気が移ってしまって中々読み進めず、やっと半分ほど読んだところだ。全く根気が続かない。

さて今まで読んだ範囲でいうと、アニメの博士にあたるエヌ博士やエス博士などが登場するのだが、その容姿についての記述は全くないのだな。ということは:kimagure

 ●アニメの博士の容姿は小説によるものではない
 ●公開はスチームボーイの方が早い
 ●スチームボーイは9年の歳月をかけたとか
 ●きまぐれロボットは比較的最近の制作らしい

以上から考えると、きまぐれロボットがエディの容姿をパロったと考えるのが順当ということで、一件落着だ。ということで、僕の早とちりということだね。

右の表紙は単行本のもの(アマゾンから)

内容はというと、アニメのやや品のない博士とは違って星新一らしい笑いの中にも品格のあるショートショートというべきだな。それにアニメに登場したグラマラスな助手も出てこない(アニメはストーリーにもかなりな脚色というか創作が入っているようだ)。よくは知らないがいわゆる江戸落語のエスプリとか都会的なエッセンスとかがあるのではなかろうか。

その点で昔からなのだが、上方のどぎついお笑いに慣れた身にはやや物足りなさを感じてしまい、実は星新一の小説はあまり読んでいない。だからか、筒井康隆などはよく読んでいたのだが、それも20代中ごろに食傷気味になってしまい、以来ご無沙汰だ。そういえば高校から大学にかけては内外のSFを随分と読んだが、今も心に残っているのはレイ・ブラッドベリやエドガー・ライス・バローズ、スタニスワフ・レム、そしてH.G.ウェルズなどかな。

きまぐれロボットの挿絵は和田誠なのだが、星新一というとどうも真鍋博の絵を連想してしまう。あの無機的でグラフィックデザインのような画風が星新一の都会的でちょっとスノブな文体と相性がいいし、その組み合わせの本も多かったはずだ。お二方とも既に鬼籍に入られているが、自分が若いころに親しんだ方々がいなくなるのは何ともさびしいものだ。とはいうものの僕も既にいい歳だからなぁ。

そうそう、「砂の惑星」は途中まで邦訳を読んでいたがしばらく離れているうちに絶版になってしまい、原書で読む羽目になったのだ。最終巻に至っては紀伊国屋などでも見当たらず、当時通っていた英会話学校のアメリカ人インストラクターが一時帰国する際に買ってきたもらったのだが、途中で挫折してそのままだな。何とかせねば。

あ、リングワールドの続編も買ったままほったらかしだ・・・、あれは原書では苦しいなぁ。

ところで、「鬼籍に入る」を辞書で見ると英語では"join the majority"とか"leave the minority"というようだ。"more dead people than living people"ということだね。

|

« きまぐれスチームボーイ | トップページ | きまぐれオレンジロード »

コメント

 こん**は。気まぐれロボットのイラストを前回の記事で見たときは、てっきり鳥山明氏のデザインかと思ってましたが、リンク先を見ると違うようですね。若手のイラストレーターなのでしょうけれど、大友氏よりははるかに「Dr.スランプ」あたりの影響が大きいんじゃないでしょうか。
 真鍋博氏懐かしいですね。日本のSFの新興期においてにおいてなくてはならない人でした。謹んでjoin the majorityのご冥福を祈ります。

投稿: ゆうけい | 2005/10/04 12:27

ゆうけいさん、コメントをありがとうございます。

そういわれると確かに鳥山氏の影響が大きいといえそうですね。大友氏の影響というのは私も博士の外観が似ているという以外にはないと思いますが、鳥山氏の漫画にも似たようなキャラクターがあったかもしれませんね。

投稿: taki | 2005/10/07 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きまぐれ・・・ロボット:

« きまぐれスチームボーイ | トップページ | きまぐれオレンジロード »