« 翻訳語の論理・・・の予感 | トップページ | Winter Love, April Joy »

2006/01/29

There's No Skylight

先週のお約束で、採譜したSkylightの練習を試みた・・・練習した、ではなく、練習を試みた、というのが実態なのが情けないところだ。

vibesまぁ、正直なところ、一年ちょっと前にプロのジャズヴァイビストである赤松氏のクリニックを受けた前後に少し音を出した以外には、全くといっていいほど楽器に触っていなかったのだから、無理もない(マタ、イイワケダネ)、それ以前も10年くらいは弾いていないのではないかいな・・・、しかしあきれるほどに弾けないねぇ。どうもスケールやらアルペジオからやり直さないとダメだな。とにかくマレットがまともに目的のバーに当たらないのだから、ははは(;^^;)。
赤松氏については右のMy Listにオフィシャルサイトがあるが、Fusionについて氏から頂いたメールもこのblogに紹介させて頂いているので、興味のある方はご覧ください。

赤松氏のクリニック後も、毎週休みには練習を、と意気込んだものの数週間も続かなかったねぇ、今回も続くのやらどうやら・・・。上のイメージはそのクリニックでの記念撮影、右手前の堂々とした方が赤松氏だ。

定年退職するとやることがなくて、ということをいう人がいるけど、僕はやりたいことが一杯あるので、その点は心配していない・・・ま、続けられるかどうかという問題もあるが、さて気を取り直してもう一度スケールを練習しようか

|

« 翻訳語の論理・・・の予感 | トップページ | Winter Love, April Joy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: There's No Skylight:

« 翻訳語の論理・・・の予感 | トップページ | Winter Love, April Joy »