« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

Delvaux et Magritte

この週はなんだかんだと言ううちに過ぎてvibの練習をサボってしまった。

DSCF0506その代わりというわけではないが昨日は姫路市立美術館に娘と家内のお供をして「デルヴォーとマグリット」展を見に行った。姫路美術館は小ぶりだがアットホームで暖かな感じがとてもよかった。時々行く兵庫県立美術館はずっと大きいが、冷たくて何度行ってもあまり好きにはなれない。設計した安藤忠雄にはちょっとがっかりだな。左のイメージは姫路城を背景にした美術館。細身の黒いg街灯がマグリットの世界を彷彿(髣髴?)とさせる。

magritteマグリットは娘が以前から見たがっていた画家だ。展示は美術館の所蔵品からだそうだが、リトグラフ中心でデルヴォーの方が数は多く、マグリットは少なかった。しかし本物はやはりよいね。右のイメージはそのパンフレット。

デルヴォーは「海は近い」(パンフレット左上の絵)など数点の油彩画を除くともう一つピンとこなかったが、何となく退廃的なマリーローランサンという気がした。むしろ影響を与えた作家として展示されていたモンタルドの大作「寓意的な情景」やアンソールの細かく描きこまれた不気味なリトグラフに圧倒された。名前を忘れてしまったが、モローの影響を受けたか与えたかの画家の作品も興味深い。

404781ところで副題の「デルヴォーが夜の世界なら、マグリットは青空の世界」は確かにその通りでなかなかよくつけたタイトルだと思う。マグリットの青空は独特の奥行きと広がりがあるが、そこには何かなつかしさが感じられる。ただ単純な郷愁かと思って12枚のシリーズになっているリトグラフ「マグリットの捨て子たち 」を見ていて、ハッと気がついたのが、Larry Niven作のSF小説「Ring World」だ。かなりハードなSFでなおかつ僕は英語で読んだのでよけいに分かりにくかったのだが、マグリットの遥かに続いて限りがないように見える青空と地平の独特な世界はまさにリングワールドに通ずる世界だと思う。

404780姫路美術館はベルギーのシャルルロアと姉妹都市提携を結んでおり、その関係からベルギーの作品を収集しているとのことで、今回もその収蔵品からだそうだ。デルヴォーもマグリットもベルギー出身というのは知らなかったが、なかなかよい作品を収集しているね。美術館前の庭にある街灯は、案外マグリットを意識しているのかも知れない。マグリットの展示はリトグラフ以外では油彩画二点とグワッシュ一点だったと記憶する。パンフレットにある火を噴いている絵が油彩の「観光案内人」。

イメージは「マグリットの捨て子たち」から二点、Limited Edition Graphicsからいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

Lunascape

lunaたかけんさんお勧めのブラウザー、Lunascapeをインストールしてみた。

うーん、さすがお勧めだけあって、中々よい。何がよいかっていうと、、、IEに飽きたってことが一番の理由かもしれないけど何となくよい。

タブ・ブラウザは以前にこれもたかけんさんのお勧めでOperaを使ったことがあったけど、何となく止めてしまって、その後、Mozilaも試したけどもう一つだしエラーも時々あったんでこれも止めてしまった。でもメーラーはThunderbirdを使ってるけど。最近はIEをタブ化するDonutってのを使ってるんだけど、これもエラーがあったりお気に入りが真っ白だったり順番が変わったりで今ひとつだ。しばらくはLunascapeと行きましょう。イメージはLunascapeで表示した僕のblog Part III。

ただプラグインとかがインストールに失敗したらしく、この記事は結局IEでアップすることになってしまった。また週末にその辺はやり直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

TBがうまく行かない

フリーのblogをいくつか試してみて、当面はcocologは日記とか音楽、livedoorは仕事、gooは英語とか本などにしようと思う。MSNをどうするかが問題だな、どうもMSNのデザインはもっさりしてて気に入らないから。

ということで、懸案の「桜の森の満開の下」についてgoo-blogに書いて、ゆうけいさんのblogにトラックバックをしたつもりが届かなかったようだ。そこで自分の各blog同士でTBしてみたら、やはりうまく行かないのがある。これ以外は試していないんだけどうまく行かないのは何故なんだろ。

tea goo→cocolog OK
 MSN→cocolog OK
 goo→livedoor No
 MSN→livedoor No
 goo→MSN No
 MSN→goo OK

ところで今回、TBについて調べてみたら、TBする場合は自分の記事の中にもTB先のリンクを入れておくのが礼儀なんだそうだ。知らなかったが、僕の場合はTBはほとんどしてないのでリンクで処理していることがほとんどだけど。

という訳で、gooのTaki's blog Part III に「桜の森の満開の下」一回目を書きましたので、よろしくお願いします。

イメージは今朝、茶漉しを使わなかったためにティーカップに入ってしまった紅茶の葉が立ったよ、という記念写真。よく見ないと分からないけど、二本立ってます。ミッキーさんの札のついたのがベルガモット入りのアールグレイ、娘がディズニーランドへ修学旅行で行った時の土産です。ポットはミスド(ミスタードーナッツ)の景品。カップは社内ボーリング大会の景品。みんな頂きものでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/17

Trying Free Blogs

以前からフリーのHPやBlogがあるのは知っていたので、思い切って色々試してみることにした。

blog_part_iiまずは、今や話題の渦中にあるlivedoorから始めてみたところ、使い勝手はCocologとよく似ているが、結構いいではないか。とりあえずこの二日間は早く帰宅したので、その辺りのことを書いてみた。これは仕事関連にしようかな。

blog_part_iii続いて先ほど、以前からフリーメールのアドレスを持っていたgooMSNを試してみたら、テキストエディタがずっと便利で、機能も豊富じゃないか。まったく、プロバイダーとして代金を払って使っているこのCocologが一番しけてるんではないか。ちょっと何とかして欲しいもんだ。

blog_part_iv今後はあちこちにちらばって、何がどこにあるか分からなくなるかもしれないが、それもまた楽しからずや?

イメージは上からlivedoor、goo、msnの僕の新blog。今のところ、gooが一番かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/12

Harry Potter and HAGAKURE

今年に入ってからは意外とまじめにBlogを更新しているので、今日も書いておこう。先々週からのVib練習は今日も少しだけやったが、かなり勘を取り戻した感じでホッとした。それに加えて懸案だった(オオゲサダナ)ギターの修理と弦の張替えもした。

guitar-1ギターの糸巻きが壊れたので片方だけ交換していたのだが、壊れていない方がそのままだったのと、弦が切れたままだったのでそれを交換したのだ。素人でできるとは思っていなかったが、部品をネットで探して購入しやってみたら意外と簡単にできるものなんだね。イメージの右が古い糸巻き、左が新しい糸巻きだが本体側の穴の間隔がちょっと合わないのでナイフで穴を少し削る必要があった。

弦はオーガスチンの赤で以前に張っていた青に比べると少々柔らかいというか、音もちょっと頼りない感じがしないでもない。弦を押さえる力も以前ほどには強くなくていいのは、弦が柔らかいのかそれとも糸巻きが新しくなったからか?糸巻きで変わるとは思えないんだけど、以前に低音側を交換したときもそんな感じがしたので、案外そういうこともあるのかもしれないと思ったり。

とはいえ、これも随分と弾いていないのですぐに左手の指先が痛くなってしまった。でもVibのときよりはまだ弾けたけど。

さて、今週のトピックとしてはやっと"Harry Potter and the Half Blood Prince"を読み終えたことだ。しかし相変わらず情け容赦なく、という感じだが、今までの謎が色々と解き明かされ最終巻へと続く重要な巻といえるだろう。特に"The Chamber of Secrets"でのTom Riddleがなぜ日記から出てきたのかが、謎というのか、どういうこっちゃ?と思っていたんだけど、それが解き明かされる。今回も終盤にはまた謎が出てくるものの、話としてはほぼ山を越えたような気がする。あとは葉隠れにある有名な一節のままに、ではないかと思う。

   武士道といふは、死ぬ事と見付けたり
   二つ二つの場にて、早く死ぬかたに片付くばかりなり
   別に仔細無し
   胸すわって進むなり

aikidoこれは、最初の文だけが有名になって「死ぬこと=武士道」と誤解されがちだが、そうではなくていつ死んでもよいように悔いのない生活をせよ、とか、死ぬ気で正しい行いをせよ、というような意味である、と思う、色々解釈のある書物だとは思うが。とにかく第六巻の最後では、ハリーの清清しい覚悟が感じられ、葉隠れの一節を思い出した。Harryの場合は「武士道」ではなくて「騎士道」だね。
イメージは全然関係ないんだけど、昔、合気道を習っていた先生のそのまた先生であられる今は亡き達人、塩田剛三先生。

さて、次はそれこそ懸案の"英語で読む『桜の森の満開の下』"であるな。

「葉隠れ」については、こちらに色々と面白い記事があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/05

Winter Love, April Joy

先週に続き、今日もVibの練習をした、といってもほんのちょっとだけど、先週に比べれば少しだけ勘を取り戻したかな。とにかく先週はひどかったからな~。

winter_love_april_joyところで偶然ながら、David Friedmanの昔のアルバム"Winter Love, April Joy"がCDで発売されていたのを知った。ところがアマゾンで見てみると難と(まさに難!)限定版で品切れになっているではないか!

70年代にはジャズのマイナーレーベルがあちらこちらで出来てたことは以前にも書いたが、日本でもEast Windというレーベルがある。タイトルもそのままの"East Wind"という菊池雅章のLPがあり僕もそれを持っているが、この"Winter Love, April Joy"も1975年にこのレーベルから日本限定で発売されたものだ。Pat Methenyの曲"April Joy"が収録されているが、それに引っ掛けたタイトルが青と白だけのジャケットとFriedmanのどちらかという無機的なvibの音と相まってとても詩的で素晴らしい。興味のある方は僕の下手な説明よりはこちらの適格な解説アマゾンのレビューをお読みくだされ。

 

 2019.12.28 YouTubeにApril Joyをアップしているので、埋め込みました。

winter_love_april_joybまだ学生だったが、修士課程に進学して少々ほっとしていた頃の、色々と想い出のあるアルバムなのでCDがあれば絶対に手に入れようと思っていたのに、迂闊だった。2002年に限定発売されていたらしい。もちろんLPはあるんだけどプレイヤーがない! 左はLPの裏ジャケット、これもやや紫がかった青と白で統一されている。

とりあえずアマゾンでユーズドの予約があったので、上限価格もやや高めにして申し込んでおいたけど、どうなるかな。アメリカのサイトでも売っているのを見つけたけど、しかしIMPORTとあるからなぁ、日本にないんだからアメリカで買えるわけがないな、特にamazon.comではねぇ。CD Universeもあるけど、これもダメだろうな。

LPは他にも一杯あるしやっぱりLPプレイヤーを買うべきかなぁ。

などと書いていたら色々思い出してきた。"April Joy"は素晴らしいものの弾くのは僕にはちと難しい。ベースのHarvie Shwartzによる"I've Touched Your Soul"はちょっとPop系のきれいな曲でそれなりにコピーしてソロで弾いてみたりした・・・まともに弾けたとは言いがたいんだけど。

2019.12.28 YouTubeにI've touched your soulをアップしているので、埋め込みました。

バッハのサラバンド(無伴奏バイオリンのためのパルティータ第一番ロ短調)はこのアルバムで知ったんだけど、弾いて見たくなってバイオリンの楽譜を買ってきたりした。

そうそう、それまで我流でやってきたvibをちょうど佐藤先生に習い始めた頃で、神戸ヤマハでの発表会の時には、このサラバンドに加えてその変奏曲であるブーレも弾いたんだ。これは僕のヴァイブ暦のなかではまともに弾ける数少ないレパートリーではある。今日、ちょっと弾いてみたけどかなり忘れてしまっているので、また練習しないとね、というか先週に比べればちっとは弾けるようになったんだ! ブーレはやや速めの3拍子で流れるような旋律がとても美しい。

佐藤先生の弟さんで、日本人としてはゲーリーバートンの初の弟子である大島氏がバークリー音楽院を卒業されて、一時帰国されていたのもこの頃だ。たまたま教室に行った時に大島氏がおられて、「何か弾いて見て」といわれ、コチコチ、ドキドキでサラバンドの出だしだけを弾いたんだけど、テクニックではなくフレーズを歌わせるというような、音楽的なことをアドバイスされた。教えていただいたというにはあまりに一瞬ではあるけど、このただ一度だけの大島氏のレッスンは忘れられない想い出だ。もう亡くなられて5年以上になるが、本当に惜しい方だったと思う。

そうだ、この年はクラシックギターも改めて正式に習いなおしたんだった。当時、芦屋に教室のあった平島先生のところへ通ったんだけど、どうしておられるのだろう、と検索して見たら西宮に教室があり、今でもご活躍のようだ。5月にはコンサートがあるということなので、是非行ってお話もしてみたいものだ。しかし覚えておられないだろうな。

当時は先生と生徒有志による「狂ったメトロノームの会」というのがあって、何度かコンサート、というか発表会もしたんだけど、その時にはバッハのサラバンドとブーレをギターで弾いた。ギターではセゴビアやイエペスが編曲して弾いているのだけど、彼らのギター向けにやや和音を厚くした編曲よりもオリジナルのバイオリン譜の方がシンプルで好きだったので、自分なりに編曲したものを弾いた。コンサートのアンケートでは評判がよかったのがちょいと自慢、といってももう25年以上前のことなんだなぁ・・・。

あの頃は50代のおっさんなんて異人種か異星人だと思ってたんだけど、自分がそうなってみると、どうというほどの違いはないんだな、でも若い人から見ればやっぱり異性人だろうね。

ところで検索でたまたま見つけた"Winter Love, April Joy"の適格な解説をされている猫仙人さん、何か覚えのあるお名前、と思っていたら、僕にvibを弾くことを勧めてくださった大学の、そしてJazzの先輩に当たるA氏のサイト「JazMys」にある「ジャズ喫茶のマッチコレクション」関連して紹介されていた方だった。いやはや、世の中狭いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »