« Getting "Winter Love, April Joy" | トップページ | Dualis »

2006/03/29

鷲羽太鼓

ここはCocologベーシック、しかしフリーの方が色々と使いやすそうで機能も充実しているらしい、というのが分かって少々腹立たしいが、ここは根城だし仕方がないなぁ。しかしまたフリーブログを増やしてしまって、どうするんかいね。

ところで先々週、岡山は倉敷にある鷲羽温泉に行ってきた。我が家の温泉旅行としては遠出の部類だが、それでも自宅から2時間半くらいかな。宿泊は「備前屋甲子」というホテルで、ここの名物は夜に地元に古くから伝わるという鷲羽太鼓の実演をしていること。実演といってもプロとか地元の会とかではなく、従業員がしている、いってみれば素人芸なんだけどさすがに毎晩のように演奏しているだけあって、素人とは思えない迫力がある。やっぱりなぁ、毎日の精進が大切なんだ。それとここにある大太鼓は日本でも有数の大きなもので、直径が1.8mもある。この太鼓と同時にもっと大きな太鼓がもう一つ作られたそうで、それは青森のねぶた祭りに使われているそうな。

Dscf0554ホテルのロビーに大きな太鼓があるのは到着した時に見ていて、叩いてみたいとは思っていた。しかし勝手に叩いてはいかんだろうと思っていたら、実演の途中で「叩いてみたい方は遠慮なくどうぞ」というではないか。

当然ながら早速、といっても2番手だったけど恥ずかしげもなく出て行って巨大な太鼓を叩かせていただいた。全くの素人ではないから、臆面もなく力いっぱい叩いたがやはりこれだけ大きいと思ったようには鳴らない。音の程度がこんなものかどうか離れて聞かないと判断はつかないだろうが、それまでの従業員の方々の音ほどには響いていない気がする。叩きどころと撥の動きが違うんだろうな。

でもね、さすがといって欲しいのは、お客さんが叩く時には一人がすぐ横に、もう一人が裏側について一緒に叩き、あたかもお客が叩いているようにしながらそれなりの音をだすんだけど、僕が叩き始めたら横についていた人は「ほぉ」というような雰囲気で離れてくれたこと。

やっぱり腐っても鯛というか、ジャズプレイヤーのはしくれだったからねぇ、即興で自分なりにリズムを叩き出すくらいは出来るわけで、それに叩くのが楽しいし叩き方やら場所やら考えているとアトラクションでちょっと叩かせてもらっていることを忘れていつまでも続けそうになってしまった。はっと我に返って「どもども」とぺこぺこしながら席に戻ったのでありました。右上のイメージは翌朝、出発前に撮ったその太鼓。

Elephantホテルについては、食事はねぇ、やっぱり魚は明石、淡路島のホテルの方がよいというのが家族みんなの意見。でも温泉は目の前に瀬戸内の島や船の行き交いが見えたりしてよかったです。左のイメージはこれもロビーにあったタイから取り寄せたというアカシアの巨木から彫りだした木彫としては巨大な象の彫刻。日頃、木に関係した仕事もしているので興味深くしげしげと観察。すごいもんだと思うがこれだけの木に育つのには相当な年月がかかったんだろうな、などとつい思ってしまう。しかし一般客としてみれば、見ものというよりちょっと成金趣味で時代遅れかな。しげしげと眺める客は僕くらいだった。むしろ手前に写っている木の椅子がよかった。

|

« Getting "Winter Love, April Joy" | トップページ | Dualis »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲羽太鼓:

« Getting "Winter Love, April Joy" | トップページ | Dualis »