« Londonderry Air | トップページ | 竹中半兵衛 »

2006/05/03

Oh, Danny Boy

Danny Boyといえば、前回のタイトルにしたLondonderry Airと同じ曲なのだが、偶然というものは意外と起きる時には起きるものらしい。

 Londonderry Air-ダニーボーイ-頭骨-恐竜復元画 ・・・ さて何でしょう?

Takemitsu前回にも書いたが、購入した赤松氏のアルバム「NEXT DOOR」に入っているヴァイブソロのLondonderry Airは、僕がちょうど武満徹編曲のギター版で練習をしていた曲だった。そして先月にまとめ買いして読んでいた村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を今日、読み終えたのだが、「ダニーボーイ」がこの小説ではキーの曲として出てくる。

そしてこの小説では、現実の話かどうかは知らないが、ロシアで発掘され行方不明になったという一角獣の頭骨が重要な役割をしているが、これも最近、仕事でお世話になったcorvoさんこと小田隆氏が、恐竜などの復元画を専門としておられる。

それだけといえばそれだけ、こじ付けかもしれないけど、全く関係ない人たちや物が何となくつながりがあっているのが楽しい。

赤松氏はこのblogに何度もコメントをいただいている。お忙しい中、ありがとうございます。そして・・・恥ずかしくてとても言いにくいが一応同じヴァイブという楽器を弾いている・・・持っているといった方が正しい・・・し、一度お会いしたことがある。corvoさんは残念ながらお会いしたことはないものの、ソーシャルネットワークで何度かメッセージを交換させていただいた。村上春樹氏は全く面識はないが、偶然にも僕の高校の数年先輩だ。

という話でありました・・・では音楽にならないので、ちょっと武満徹編曲を改めて見てみた感想をば。

昔、某ホテルでヴァイブのバイトをした際に、編曲も手がけていたピアノの方が、コードのフォームとして例えばCmaj7でベースにB(maj7)、トップにC(root)がくるような和声は基本的にはあり得ない、ということを言っておられたが、武満編曲ではそれが当たり前のように出てきたりする。

Londonderyy楽譜は著作権の問題があるから中間の音は消してあるけど、コードでいえば

 Em7/A7 | Am/Gm7 | C/Bb7

真ん中の小節でAmではベースG#でメロディーがAだから上に書いたルールには反するものの、ベースが前の小節からAから半音ずつ降りていくので、それはなるほどと思う。


しかし(赤松氏blogのマネ、でもcocologにはキャラがない!)


その次、Gm7でメロディーがF#音になるのだから、音としてはF、F#、Gの半音三つが重なってしまうのに、これが平気で出てくるのはちょっとすごいな、と僕は思った。まぁ、ギターとしては弾きやすいんだけど。


しかし


上のイメージにある曲集はかなり難しい編曲で有名で、実は僕が何とか弾けるのはこのLondonderry Airと「星の世界」くらいだが、続編ではもう少しやさしくなっているらしい。武満氏の楽譜はちょっと調べたところでは手に入りにくいみたい。どこかで見つけなければ。大阪ならササヤあたりかな。

それにしてもすごいなと思うのは、赤松氏にしろ、小田氏にしろ、プロとして相当にハードな忙しいスケジュールとお見受けするのに、ほぼ毎日blogを更新されていることだ。全く頭が下がる。

|

« Londonderry Air | トップページ | 竹中半兵衛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Oh, Danny Boy:

« Londonderry Air | トップページ | 竹中半兵衛 »