« ん | トップページ | お休み »

2006/09/18

A Girl With A Pearl Earring/Camera Obscura

間が開いてしまったが「真珠の耳飾りの少女」台詞考察、というよりは段々と舞台背景考察になってしまっているけど。

この間に図書館で原作を借りてきて読んだので、原作との違いや映画では読みきれなかった筋などがよく分かった。とはいえ、原作を後から読むというのは映像にイメージが捉われてしまうので、僕にとってはやはり逆の方がよいと思う。

さて、前回から場面は飛んで、あの、ウワサのカメラオブスクラが登場する場面。例によって聞き取れなかった部分は太字にした(スクリプトはCaption Swapを参照)。
V=Vermeer, G=Griet

A20060902231014 V: Do you know what it is? A camera obscura. Look into the glass. Here. Put this on.
(見やすいように自分のローブをかける)
G: Ah!.
V: You can see?
(Vermeerが一緒に覗いたのでびっくりしてローブを落とす)
G: I'm so sorry, Sir.
V: No, don't worry about the robe. What did you see?
G: I saw the painting. But..., how did it get in there?
V: See this? This is called a lens. Beams of reflected light from that corner pass through it into the box, so that we can see it here.
G: Is that real?
V: It's an image. A picture made of light.
G: Does the box show you what to paint?
V: Ha,ha. Hum. It helps.A20060918121920

二人が初めて親しく話し、なおかつローブの下に隠れるように並び、二人の心が一気に近づく決定的な場面だ。オフィシャルサイトの代表的な画面にもなっている。そちらはVermeerの目つきが何とも嫌らしいが、実際の映画ではそのような雰囲気でもなくさらりと流れる。まぁ、一瞬、スケベ根性を持ったということかもしれないが・・・中年男性は若い娘に弱いからね。台詞は相変わらずボソボソっと話すので微妙なところが聞き取れない。

Vermeerwaterpitcher_1 最初の二人の会話は・・・といってもVermeerが一方的に話すだけだが、ここでVermeerが描いている「水差しを持つ女」(左)の題材を、Grietが窓を拭いているところからヒントを得る場面で、このシーンの少し前にある。
また最初は椅子があったが塗りつぶして消してしまったのは、Grietが構図を考えて勝手にどかしたためという挿話も出てくる。もちろんいずれもフィクションではあるが、二人が互いに共感するものを見出す場面となっている。
ちなみに原作では二人でカメラオブスクラを覗き込む場面はなく、一人だけで覗いた後に上記の説明がある。
またGrietが構図に関与するのはこの絵ではなく、「手紙を書く女」(右下)のテーブルクロスを微妙に動かすことになっている。これらの構図の変化はX線写真による研究から明らかになった事実に基づいている。また 原作ではVermeerの作品は6つ出てくるし、顕微鏡を自作して様々な発見をしたLeeuwenhoekが友人として登場して、カメラオブスクラを何度も貸すことになっている。Vermeerladywriting_2

G: Does the box show you what to paint?
V: Ha,ha. Hum. It helps.

Vermeerのカメラオブスクラ使用には賛否両論があるようだ。
「箱は描くべきものを見せるのか(字幕=箱を覗いて描くの?)」、というGrietの問いに対しVermeerは笑い飛ばすような声を出した後、横を向いて考えながら"Hum. It helps.(字幕=参考にはなる)"というところからは、監督はカメラオブスクラを使ってそのまま描いていたというよりはあくまで参考にしたという解釈に受け取れる。

VermeermusiclessonCamera Obscuraの使用を理論的に立証したといわれるのがPhillip Steadmanで、こちらのサイトに説明が詳しい(英語です)。しかし最近の研究では否定的な意見も多くあるらしい。「謎解きフェルメール」の著者は否定的だし、ワシントンナショナルギャラリーのビデオにあるというCGでの再現でもやや否定的な結果が出ているようだ。Model3

その発端になったのが左上の「音楽の稽古」(原画)。Steadmanがミニチュアで再現したカメラ画像が右で、見事に再現されている(ように見える)。

Cgw_picture1_cap_92196_1 しかし最新のCGを駆使したInterface Media Groupの再現画像によると、正面の鏡はVermeerの描いた角度では天井しか映らず壁から35度の角度でないと女性像は見えないとか、窓から指す光による影が一致しないというような結果が出ているそうだ。左のCG再現図では影が原画(上)とかなり違っている。右下の横から見たCGにも原画とはやや違った鏡の角度や影が再現されている。Cgw_picture4_cap_92199

Steadmanの再現図も実際に写真で撮ったものだから正しいように思えるのだが、CG再現図との矛盾点はどうなっているのだろう?

しかし、Vermeerがカメラオブスクラを実際に使ったかどうかは別にして、彼の作品を見ればかなり手を加えていることは明瞭だと思う。Vermeermilkmaidp_1

「牛乳を注ぐ女」の消失点を見る(右)と、手前のテーブルの右端はとんでもない方向に向いているし、奥の壷はテーブルに乗っていないことになって理屈に合わないことがよく分かる。しかし原画(左)でそのような不自然さを感じることがないというところがVermeerたる所以ということだ。Vermeermilkmaid_1 ちなみに原作ではこの女性はGrietの先輩女中であるタンネケを描いた絵ということになっている。またGrietはオランダ語では「フリート」と読むそうだ。

*カメラオブスクラとフェルメールの関係については「謎解きフェルメール/小林頼子、朽木ゆり子/新潮社」、及び上記にあるリンクによります。また作品画像はMy Studio.comから。

|

« ん | トップページ | お休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A Girl With A Pearl Earring/Camera Obscura:

« ん | トップページ | お休み »