« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/27

剣の舞

このところ、記事を書こうと思ってもどうも頭の中がまとまらずスランプ気味。だから今日はちょっと前から気になっていたものの、どうでもいいことを書いてみよう。

Busou 左のイメージは2-3週間前の少年ジャンプの裏表紙。しかし最近はジャンプも面白い漫画がなくなったねぇ、惰性で買ってるけど(僕が買うわけではないんだけど)半分以上は読まないな。

という話ではなくて、この裏表紙絵の真ん中でカッコよくポーズを決めている主人公らしき少年の、この「構え」だ。これは「武装錬金」という漫画のようで、原作者は和月伸宏。マンガは読んだことはない。
この作者は「るろうに剣心」とか時代劇も描いているから、武術には詳しいのかと思っていたんだけど、どうなんだろう。「るろうに・・」の時はあんまり気をつけてみていなかったから気がつかなかったが、そうでもないのかもしれない。あるいは、この裏表紙はゲームの宣伝だから違うスタッフが描いたのか。

はるか昔、というのか、まぁ、15年以上になるから昔だ。僕も武術をかじっていたことがあるから、「構え」とかにはある程度の知識と拘りがある。「構え」は武術の基本だ。

で、この絵の中心の少年の構えについて、今日は薀蓄を傾けてみたい、って前置きが長すぎだ!

さて、このポーズ、気になっていたら他の漫画でも似たようなのがあったから、案外、この手の武闘ものでは定番なのかもしれない。

問題点は二つある。

まず足を左右に大きく開いて上半身を斜に前傾姿勢で敵をにらみつけている、というのがこのポーズだが、武術の構えにおける足は前後に開き、その幅もあまり大きくしないのが基本だ。自分でやってみるとわかるが、このマンガの姿勢から前方の敵に対し素早くアタックすることは難しい。同様に敵がアタックしてきたときに素早くよけることも難しい。ただ右膝が若干ながら曲がっているから、左足で蹴って右へよけるのは可能かもしれないがね。

動作を開始するにはどちらかの足に重心を置き、もう一方の足で地面を蹴らなければならないが、左右に大きく開いているとそれがすぐには出来ない。せいぜいが後ろに倒れて後方回転しながら体勢を立て直すくらいではないか。前に倒れてもよいが、敵に近づきながら背中を見せるから、その間にやられてしまう。

Jackie ジャッキーチェンの映画を観ているとよく分かるのだが、足を左右に開いたとしても咄嗟に動けるように歩幅は広くはしない。重心を低くする場合はこのような前傾姿勢ではなく両足は大きく開くが、前後であろうと左右であろうと、片方の膝を大きく曲げてそこに重心を乗せることで咄嗟の動きに備える。両足に均等に体重をかける姿勢は相撲などにもあることはあるが、その場合も上半身は相手に向けていて、このマンガのように上半身斜め前傾はしないと思う。相撲でも立会い直後はよく見ていると足は前後に、前膝を曲げた構えになっている。特にこのマンガの場合は剣を持っていてそれを使う前提の姿勢だから色々と問題が出てくる。右上写真はアマゾンから"The Best of Jackie Chan"、ふーん、そんなCDがあったんだ。

さて二点目が、そので剣ある。

何だか馬鹿でかい矛(ほこ)のようなものを右手に持って後方に引いているが、この持ち方と姿勢では素早く攻撃することは出来ない。以下、めんどくさいから剣とします(何がめんどくさいのかっていうと、先に記事を書いてしまってから矛だと気がついてここだけ書き足しているのと、タイトルを決めてしまったものですから)。

これだけ大きな武器だから、当然両手で持つことが前提だろうが、どうもこの体勢の次には両手で持った剣を真上から振り下ろすシーンが来るらしい。しかしこの体勢だとそれは素早く出来る動作ではない。

真上から両手で持って振り下ろすには、まず一旦自分の前を通して上に振りかぶりつつ左手を柄頭に添えて握り、その上で振り下ろさなければならないから、時間のロスが意外と大きい。それに自分の視界を多少なりともさえぎることになる。

これも自分でやってみるとわかるのだが、両手で剣を持つ構えの基本は普通に剣先を前方の敵に向ける単純な姿勢だ。この基本の構えの姿勢か剣を右手片手で持って後ろにまわし、すぐに振り降ろそうと考えれば、大体誰でも刃先はこの裏表紙の絵(以下、マンガとします)と逆の方向に向けるだろう。つまり切っ先は真後ろより左方向を向いて、剣を持つ右手は、掌が上向きになる。見方によれば、ピッチャーがボールを投げる寸前の姿勢に近いともいえる。

この体勢からだと、右手だけでもすぐに斜めに切り込むことが出来るし、頭上に構え左手を添えて上段の構えになるのも簡単だ。

剣などを柄物(エモノ)というが、柄物を持ったら常にその先(切っ先)は敵の目元を指して攻めの意図を示すのが基本である。あるいは刃が相手にすぐに切りかかれる向きになっていなければならない。しかしこのマンガでは、切っ先は敵、つまり読者側からはずれている。

このマンガの柄物の持ち方はあるいは「突き」の姿勢という見方もあるかもしれないが、この姿勢から突こうとすると、切っ先を大きく回転させないと敵を突くことが出来ない。「突き」ならば、当然ながら切っ先が画面正面、つまり読者側を向いていなければならない。それに足を左右に開いた前傾姿勢では突くために前方へ踏み出すのが困難だ。

ついでながら、女戦士もゲームやらマンガによく出てくるが、多くの場合、肘を左右に開いて腕を左右に振りながら内股で走っているが、あれもどうかと思う。訓練をした戦士があんな走り方をするかねぇ?そうそう、彼女たちの構えも内股だね、あれもおかしいんだけど、「可愛い~!」っていうことなのかしらん、僕にはそうは思えないが。

というような、何の役にも立たないボヤキ漫才のような話でありました。マンガは面白く読めればそれでよいというご意見もあるでしょうが、他の話のタネがまとまらなかったもんですから・・・といいながら、Part III、更新

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/20

Mama's Dable Set

二~三日前からエアポットからのお湯の出が悪く、ブシュブシュと飛びはねて危なくなったのでちょっと離れたホームセンターに買いに行くことにした。我が家は省エネ家族、電気ポット反対派・・・ではなくて、単に家内が電気ポットが嫌いなのとコンセントとテーブルの配置が悪くてコードが邪魔になるからだ。

200705201231000 朝のうちはすっきりしない曇り空で少しヒヤッとしていたが、ホームセンターについたころにはすっかり晴れて清々しい青空になった。風が結構あるから、陽射しは強いが暑くは感じない。左はその時の写真だが、携帯のカメラは手ぶれすると画像が斜めにゆがむみたい。

エアポットを使う人は最近は少ないのか、しばらくウロウロとしてやっと奥のほうに今のとほぼ同じ型のポットがあるのを見つけた。ついでに入り口に売り出しの広告が貼ってあった三角の棚を、トイレの角に洗浄剤とかを置くために買うことにした。本当はお風呂場用らしいけど、使えればよいのだ。

Dable 棚を探していると、何だか意味不明な文字が書いてある箱がある・・・「ママさん、デブ」?・・・いや「ママさんデーブ、セット」?

あらら、やってくれますねぇ。たかけんさんの「小さび一杯半」といい勝負かも。おリディ姐さんにはかなわないが。

黄色い梱包バンドをずらしてみたのが右の写真。その下の漢字やカタカナも微妙にバランスがおかしい。一番下にベトナム製とありました。

200705201146000 ついでに隣のCoopで買い物。Coopに行く途中で家内はまたお花につかまる・・・花をみるとすぐに買いたくなる人なんだけど、昨日も買ったところなので今日は自粛。

買い物が済んだら、先日届いたリンダロンシュタットの"Hasten Down the Wind"を聞きながらドライブとしゃれ込む・・・青く晴れ渡った空に涼しい風が吹くカントリーロードのドライブには、リンダのカントリーロックがとてもよく似合う・・・っていうか、単に田舎道を家まで帰るだけの話だけど気持ちがいい。

昼食後は庭に生えたクローバーの草刈。クローバーを植えたわけではなく、いつの間にか生えてきたのだ。生命力が強いのでちょっと刈ったくらいではすぐに元の木阿弥で庭一面に蔓延ってしまうから、今日は除草剤を後から散布しておいた。

Pakoma ちょうどホームセンターに置いてあった無料情報誌PAKOMAに「メンテナンスフリーの庭づくりに挑戦!!」という記事があったのでもらってきたのだけど、要するに土をむき出しにしておくと雑草も生えやすいから、レンガとかで覆ってしまうのが手っ取り早いということなんだな。

Concrete その後は、以前から割れていた玄関先のタイルを速乾コンクリートで固める。去年の夏から、ずっとほったらかしていたのをやっと直したんだけど、やり始めればほんの15分くらいで済んでしまった。今日は暑すぎず風もあるからコンクリート硬化にはよい天候だ。かなり不細工だけど素人だからね、仕方がない。

ところで新しいエアポットの説明書を読んだら、揚水パイプやパッキンは1年程度でチェックして交換、と書いてあった。そうか、買って以来もう何年もチェックしてなかったからなぁ、今度からは気をつけよう。

やれやれ、今日はDIYな一日だったかも・・・ちょっと疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

Adieu False Heart

Linda Ronstadtネタ、多分これが最後です。

以前からほしいと思って、そのままだったSky Larkの入ったアルバム"Lush Life"をHMVで注文したことは以前に書いたが、その時に輸入版3枚注文すれば25%引きという甘言につられて一緒に注文したのが、例の「このおばさんって誰よ」ヴィデオで紹介されているAnn Savoyとのデュオ"Adieu False Heart"と、ちょっと検索した時にどこかでお勧めと書かれていた"Hasten Down the Wind"の二枚。

ただ"Adieu False Heart"が昨年発売されたばかりなのに入荷しないとかで、かなり遅れてやっとこの週に届いた。

Adieu_false_heart Linda Ronstadtは若い頃に特に聞いていたわけではないので、3枚を比べるとなんだか「このおばさんって誰よ(しつこいね)」ヴィデオで画像や音声を聞いた"Adieu False Heart"が一番親しみやすいような気がする。あるいは中学時代に聞いていたモダンフォークソングに通ずる共通したものがあるからとも思うし、あるいは現在の時代が何か反映されているのかもしれないが、やはり自分と同じような(僕より5歳くらい年上だったのだ)年代を過ごしてきた彼女たちの今の歌に共感してしまうのかもしれない。

Lush_lifelinda それに比べるとスタンダードナンバーを集めた"Lush Life"は、その前作である"What's New"ほどに良いとは感じなかった。Sky Larkなど最初のうちはいいんだけど、通して12曲を聴いているとやや単調で退屈してくる。

特にアルバム最後にアルバムタイトルのLush Lifeがあるのだが、これはかの"John Coltrane And Johnny Hartman"の素晴らしい演奏と歌を学生時代にさんざん聴きまくった身としては物足りない・・・まぁ、これは比較するのが無理があるだろうが。Cotlrane_and_hartman
エリントンのSophisticated Ladyもどうもね。"What's New"に比べるとちょっと選曲に無理もあったかも、と思う。

それから結構地をだしているというのか、ブリッジ部分とかクライマックスになるとシャウト気味に声を張り上げてしまい、それが12曲まで延々と続いてしまうところは、それが本来の彼女なのかもしれないが、バーバラストライザンドとかシャーリーバッシー(古いな)のようになって、それこそラスベガスショーみたいで、ジャズファンにはちょっといただけない。それぞれ単独で聴くと決して悪くはないんだが、やはり続けて聴くと途中でちょっと食傷気味になってくる。"What's New"は9曲でちょうどよかったのだろうね。
でもSky LarkはLindaの歌もいいが、とにかく曲が素晴らしいね。

Hasten_down_the_windlinda そういう点では"Hasten Down The Wind"はそんな歌い方がそのまま本来の彼女らしい曲にぴったりあって実に伸び伸びしていて、むしろこちらの方が聴いていてもすっきりして飽きない。

それからこれがどういう音楽ジャンルに分類されるのかは知らないが、昔馴染んだアメリカンポップスとかヴェンチャーズとかの流れをしっかり受け継いでいるという気がするのも、60年代ポップスで育った身にはとても親しみやすい。
カントリーの香りというのは、大なり小なりアメリカンポップスの中にあるのだろう。ヴェンチャーズも結構そんな香りがあるし、フォークロックというのも彼女の音楽の一要素らしいが、中学ころに夢中になったモダンフォークがやがてフォークロックに変化していったというのも確かだと思うと、このアルバムに抵抗がないのも頷ける。
発売は1976年とあるから、僕はポップスをほとんど聴いていなかった時代ではあるけど、アカペラの"Rivers of Babylon"は結構耳にした気がする。

ところで、"Adieu False Heart"には確かにCajun Musicと思われるフランス語の歌が入っている。しかし、最近ちょっと聴いていたフランスのジャズ"Jazz a Saint Germain"で馴染んでいたフランス語に比べると何かなまっているような気がする。南部訛りのフランス語なのかもしれないね。

Saint_germain Jazz a Saint Germainは色んなアーティストのコンピレーション盤で、フランス語の"Round Midnight"、"Caravan"、"Summertime"なんかは英語では味わえないフランスの香りがたまらないが、全体としてはあまりよい内容とはいいがたいので、お勧めはしない。

180pxadieufalseheart しかしだね、"Adieu False Heart"の裏にある写真、「このおばさんって、誰よ」のヴィデオと比べると修整しまくりではないかい?
イメージはLinda Ronstadt/Wikipedia USAからいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

She hates Las Vegas

このおばさんって、誰よ」ヴィデオ英語聞き取りの続きです。正しくは"Linda Ronstadt and Ann Savoy perform Cajun-pop tunes on Amazon Fishbowl with Bill Maher"。

Lasvegas 前回はCajun Musicなどについて話していたが、途中から何故かLas Vegasの話に飛んでしまう。どうしてそうなったのかは聞き取れなかった。

BM: I'm on your side. I remember what happened to you in Las Vegas, which I'm sure you got blown over out of it. It made it sound like you..., people there remember you dedicated the song to Michael Moore in 2004, and it made it sound...
It made it sound like people (rioted) in their room, and it made it sound like they got more upset and (riot and ?oy).
LR: Nothing happened. I said I was gonna dedicate it to Michael Moore and some people were, "Yeah!" and then, there were a few people, maybe they were probably (?) I don't know, that,  "Boo!" you know, ...(BM: All right)... against to it. I'm gonna say goodbye, and everybody was,"Yeah!" and that's all that happened. And I heard that some people were (lousy, and lobbied untrue) things. But can you imagine that (?) getting broke in Las Vegas (?...). Have you ever heard such a horrible thing?
BM: That’s any day.
LR: I was shocked. I heard about (I was) thrown out. I found it on television two days later.

F911Michael Moor in 2004というのは、ブッシュ政権批判映画「華氏911」のことだ。ブッシュ批判ではThe Dixie Chicksが有名だと思っていたが、Linda RonstadtもLas Vegasという大舞台でMooreに曲を捧げていたのだ。
この後、ネットではこのために大騒ぎになり、Lindaが舞台から引きずりおろされホテルから放り出されたという噂が広まったらしい。Bill Maherはその噂のことをいっているわけだが、Lindaは「何も起こらなかった(Nothing happned.)」といっている。
この辺りからは相当に聞き取りにくいのでかなり間違いがあるとは思うが、大筋の話は分かる。舞台で曲を捧げた後、みんなが「イエーイ」といったが、中には「ブー」という人もいた。だけど、何も起こらず、Linda本人も噂(デマ)を二日後にTVで知ったというから、恐い話だ。
この話については、こちらの"Linda Ronstadt at the Aladdin Hotel"に詳しいことが書かれている(英文です)。

BM: Now you don't have to go back to Las Veagas. You don't really wanna go back to Las Vegas?
LR: Las Vegas is such a horrible, the (?), terrible. I always stayed on (some) stage, you know. Don't drink, don't gamble because you remember your mortgage (you’ll more engage?) in that. I think why they...
(?.....).
LR: I think we have to do without it.
BM: I mean really they (hadn’t treated) stars anymore.
LR: I don't really understand (why any one ever go down there ..(?) I had a contract). I can never understand why some go to Las Vegas on purpose. Just a depressing place.
BM: Ah, yeah! I mean I was gonna try, if I were in Las Vegas cause I wanna work there again, and (you'll know what,) you're right. You know what, it's so impulse though, the hotels are so big....
LR: Everything is pretty (counted on) money.
BM: Everything is money
LR: Everything (is) sex and money.
BM: Everybody in that town is a whore.
LR: Everybody in town.
BM: And some (strike).
LR: I hate the place.
BM: Ok, we’ll be there at the (?) and...
LR: I like Louisiana. Louisiana is good, Las Vegas is bad.

さらに聞き取りにくくなっているが、会場は爆笑の渦になっている。BMが「もうラスベガスに行きたくはないか?」との質問に、Lindaはよほどこの経験に腹が立ったのか、Las Vegasのことをくそみそにけなしている。
「ラスベガスにわざわざ行く人の気が知れない」、「鬱陶しい」、「全てがセックスとお金」とまでいい、それにBMも悪乗りして「誰もがwhore(辞書で調べてください)」などと叫んでいる。そこまで言っていいのかと思うほどでインタビューは終わる。

しかしこのインタビューでLindaの印象が随分と変わってしまった。アルバム"What's New"しか実質は知らなかったから、やや控えめなおしとやかで都会的なセンスの女性のように思っていたのだが、随分とおしゃべりなおばさんだね。インタビューの間、ほとんど司会者をさえぎって喋っていて、おしゃべりバトルだ。「大阪のおばちゃん」に匹敵するかも・・・。画面の雰囲気もそんな感じだし。

実は僕も仕事でLas Vegasに行ったことがある。ぼちぼちと続けている"'91 Boston"の翌年がLas Vegasだった。この時はLas Vegasではほとんど写真を撮らなかったが、唯一、それらしいのが冒頭の写真だ。
これは多分、ダウンタウンにある(有名な?)フラミンゴホテルで、そこでのショーを見に行った時の写真だと思う。その奥にはヒルトンという文字が見える。
僕の泊まったものヒルトンだったが、ここではなくダウンタウンからはやや外れたゴルフコースに隣接した別の古いヒルトンホテルで、館内にはやたらとプレスリーがショーをしたというPR写真があり、それだけが売りのような、かなりくたびれたホテルだったことは覚えている。
写真中央辺りに"Casino"という文字があるのが見える。どのホテルも中にカジノ(英語ではカシーノ)があり、僕も少しだけギャンブルをしてみたが、もともと賭け事に縁がない性質なので、全く勝たなかった。負けた額もたいしたことはなかったけどね。そのことはまた機会があれば書いてみたいが、カジノは絶対にフェアな場所ではない、というのが実感だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

メンテナンス

四月にちょっと家庭内外移動があり、やっと末っ子部屋に間借りしていたPCを寝室側に移動できることになった・・・といってもなかなか時間が取れなくてやっとの連休。民族大移動ならぬPC、その他、魑魅魍魎大移動である。

Nosun そこで新しい置き場確保のために片付けをしていたら、何と、"Modern Jazz Quartet Plays No Sun in Venice"が衣装ケースの裏から出てきた。そうか、3/30に書いた"Il Canal Grande"で聴いたことないとか言っていたが実は持っていたのだ、すっかり忘れていた。呆けてるな~。何かの拍子に落ちて隠れていたのだね。

PCは移動といっても、家庭内LANのルーターを移動すると娘の部屋へ伸びるケーブルの付け替えなどが大変だ。だからルーターは子供部屋に置いたままにするから、寝室までの長いケーブルが必要になる。階段を挟んでの移動にケーブルは天井伝いにする予定だから10m以上は必要な勘定だ。

そこでちょっとバイクで近所のジョーシンまで買いもの。200705041600000 15mケーブルを買ってきたら、ちょっと長すぎたようであまってしまったけど、まぁ、足りないよりはいいだろう。ついでにDVD-R50枚パックも買ってしまった。「新日曜美術館」とか録画して保存してるんだけど、いつ見る暇が出来るんだろう?・・・保存することに意義がある、なんちって。

右写真は買い物の帰り、バイクだから裏道の田んぼ道を通って帰る。田植えの準備で田んぼ一面に水がはられる季節になったね。

今日一日では片付けきらなかったから、また明日も片付けだが、これでPCとヴァイブが一緒になったから、MIDI伴奏で「れんしう」できるか?いやいや、しなければね。ついでにBlog Part V更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »