« 剣の舞 | トップページ | People in America »

2007/06/02

Miscellaneous

Tokyo1961 相変わらずボーっとしているので、頭に浮かんだことなど:

先日、藤原糊化・・・海苔か、あれあれ、駄目か・・・、例の披露宴をTVでやっていた。最後の方だけちらっとみただけだけど、あんまり品格のある印象はなかったなぁ。ご主人がお笑いの人だからそんなもんなのか、紀香さん、浮いていたような気がしたが・・・、本人たちが幸せならばよいのだけど、すごいお金がかかってるらしいね。
彼らが結婚式をしたので急激に人気が出たと聞く生田神社、実は我が夫婦はそれを去ること、20数年前に生田神社で式を挙げたのだよ。僕らは新婚旅行にお金をまわせるように、高校の同窓会館で節約披露宴だったけどね。

これも先日、仕事で色々と企画や発明をしている方に会いに行った。最初は仕事の話だったんだけど、途中から個人的な話に飛んでしまう。大体、こういう人は多彩だからね、話し好きで上手だし、面白い。
かつてはホンダのレーサーだったそうで、鈴鹿で何度も死にかけたとか。時速300km以上で走ると、秒速でいえば100m近い、0.1秒で10m、0.01秒で1mだ。
コーナリングはレーサーはみなほぼ同じコースをとるのだそうだが、そのスピードでコーナーに入る判断は、だからほとんど0.01秒未満の判断が必要になる。数メートル狂えばクラッシュ!、ここでいけるか、もう少しか、これで死ぬかも、いやもう少し、というようなSとMを併せ持った世界とか、過去とか未来とか考える世界ではないとか・・・というような手に汗握る話だったね。

ということで、冒頭のレトロな写真。

JazMys氏の米国旅行記が続いていて、今はアトランタなんだけど、アトランタは僕が初めて渡米した時の最初の滞在地で、なおかつ全くの一人、それも観光ではなくビジネスという想い出深い地だ。
ちょっと前に古いネガCD化作戦を展開していたのだけど、このアトランタとか翌年のサンフランシスコのネガが見当たらなかったもので、今日はそれを探していたら、出てきたのがこの写真。

「東京観光 1961.8.6 はとバス」と書かれている。これは僕の生まれて初めの遠方旅行の記録だ。当時、母の弟さん家族が東京転勤になったということで、母の両親、つまり僕の祖父母と母、そして従姉妹の5人で東京見物に出かけた時の記念写真だ。こんなものが出てくるとは思わなかったが、懐かしいね。1961年というと、まだ小学校低学年だ。もちろん僕もこの中のどこかにいる。
当時はもちろん、新幹線なんかないから、夜行列車の座席で随分と長い旅だったような気がする。
東京観光も断片的な記憶しかないけど、タクシーに乗った時に交差側の信号が黄色になると発進するので、とにかく東京はすごいなぁ、と思ったもんだ。

ということで、やっとアトランタのネガも出てきたので、CD化作戦再開、1991年ボストンも終わっていないけど、1987年アトランタも出てくるかもしれない。

|

« 剣の舞 | トップページ | People in America »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Miscellaneous:

« 剣の舞 | トップページ | People in America »