« 駿府城跡 | トップページ | グリーンピア三木 »

2007/06/24

静岡名物あべ川もち

後半に続くといいつつ、また時間が空いてしまったが前回の続き。

学会も無事終了、ではなくて5時過ぎまでありその後は懇親会、翌日も続くのだけど、僕は5時過ぎの新幹線を予約しているので、早々に失礼する。

200706161641000 外に出るとかなり温度は上がっていて暑いが、湿気はあまりないので日陰に入れば爽快なくらいだ。

来る時はちょっと遠回りしてしまったので、近いと思われる商店などの並ぶちょっと広めの通りを通る。地図を見るとどうやら北街道というらしい。何だか宿場町でもありそうな名前だね。
何故か土曜日なのに女子高生が制服姿でウロウロしているが、しかしスカートが短いね・・・なんてことをいっている暇はないのだが、ふと「静岡名物」という看板に目が止まり、お菓子屋さんらしき店にふらふらと入ってしまった。

何が名物なのだろうかとキョロキョロしていると突然、「静岡名物、あべ川もちはこちらでございます」という手招きする元気な声がする(声が手招きするんではないんだけれど、本当にそんな感じなのだ)。なるほど、確かに新幹線の車内販売でも静岡辺りであべ川もちを売っていたね。実にうまいタイミングでご丁寧な声をかけられてしまうと、「こいつぁ、静岡のもちだぁ、まぁひとつ、買いねぇ買いねぇ」なんて森の石松でもあるまいが、「あ、こうつぁ買わずにおりゃりょうかぁ、ペペン、ペンペン。

「あべ川といえばこし餡でございますが、つぶ餡と抹茶味もご用意しております。ご自由に組み合わせいただいたらよろしゅうございます。こし餡だけにされるもよし、二種類、三種類と選ばれるもよし、それぞれにご用意いたします。」
「三種類それぞれお選びなさいますか、ではこちらで詰めさせていただきますので、どうぞ。」
「こちらではこのように凍らせておりまして、ご注文いただくごとに箱詰めしておりまして、予め詰めたりしてはおりませんのですよ。」
「二時間ほどしましたらちょうど食べごろになりますが、パックにして脱酸素剤を入れておりますので一週間は日持ちいたします。」

なるほどね、新鮮さを保つに冷凍しているのか、和菓子としては珍しいね。

「これまでお味で苦情をいただいたことは、一度もございませんのですよ。」
「一度だけありましたけどね、それはお味ではなくてお買い上げいただいて二時間と申し上げたのに我慢し切れなくて、一時間ほどでお車の中で開けられたそうで、『まだ冷たくて凍っている』とおっしゃいますんです。」
「それはお客様、まだ凍っておりますからね、二時間はお待ちいただかないと」

ふむふむ、しかしよほど自慢のお味なのだろうね、すらすらとよく喋ることだが、そういいながらも手元は実に手際よくあべ川のパックを箱に入れ、さらに砂糖と黄な粉のパックを入れて包装紙で包んでくれた。ありがたく箱を頂き御代(600円少々だったと思うがよく覚えていない。口上の割には安いという印象だった)を払うと、急いで静岡駅へと向かった。

200706161651000 途中、静鉄の踏み切りで電車がきたので慌てて撮ったのが右。何だかワケの分からない写真になってしまったが、車体に"LuLuca"書いてあるのは多分、ICカードの宣伝なんだろうな。

結局、駅へついたらまだ十分に余裕はあったので、もう少しお菓子屋さんでお土産を物色すればよかったかな。
駅構内で売っているお土産はもう一つな感じだねぇ、「あべ川もち」も売っているが、パッケージもちょっと貧相だし、さっきのお店ほどおいしそうにみえないし、冷凍していないから賞味期限も三日しかない上に、こちらの方がお値段がちょっと高い。

とはいうものの結局、夜のお菓子という意味不明なキャッチフレーズで有名(?)な「うなぎパイ」を買ってしまったが、真夜中のお菓子「うなぎパイV.S.O.P.」というさらに意味不明なものが売っていた(恐れ多いのでそれは買わず)。

200706161854000_1 ということで無事新幹線に乗車、学会の資料でも読もうかと・・・いう間もなくすぐに寝入ってしまった。

200706161914000 大阪駅から西明石には「こだま」に乗り換えるのだが、この列車は一昔前の型なので、左右に二席ずつで実にゆったりしているし、ソファーのように軟らかくてまるでビジネスクラスのようだから好きなんだが、二駅しか乗れないのがちょっと残念だ(右上がひかり、左がこだま)。

200706161936000 西明石に着く頃には真っ赤な夕焼けがきれいだった。

Abekawa 「静岡名物あべ川もち」は、言葉どおりにとてもおいしゅううございました。

お店の名前は「松柏堂本店」、僕の入った店が本店だったようだ。創業慶応三年というから、老舗だったのだね。静岡へお立ち寄りの節は是非、お試しください。

|

« 駿府城跡 | トップページ | グリーンピア三木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡名物あべ川もち:

« 駿府城跡 | トップページ | グリーンピア三木 »