« New York 2007 - Party, Party-Part III | トップページ | New York 2007 - Leaving on a Limousine »

2007/12/23

New York 2007 - Around the Hotel

アメリカでは土地よりも住宅の価値が高いというのは、割と知られていると思うけど、実際に見てみると古い住宅を大切にしていることがよく分かる。

Dscf1944 Cooperstownのような街では、100年とか200年以上の古い住宅を修復して住んでいる場合がとても多いそうだ。そして古いほど価値も高い。

こうした感覚は、古い家の修復などお金がかかるし面倒だと、すぐに建替えてしまう日本とは全く違うようだ。

アーリーアメリカンなどと十把一絡げにいうわけには行かないのだろうが、ホテル周囲にもそんな家が多くあった。Dscf1945

古いかどうかというのは素人にはよく分からないが、S氏によれば地元民ならある程度は分かるらしい。まぁ、長年すんでいるんだからそうなんだろうけど、簡単に見分けるには、土台を見るのだそうだ。

Dscf1946 この辺りの家の土台は薄い石板を重ねてあるのだが、重なり方が緻密で整っているのは比較的新しい家、あまり整っていないものが古いのだそうだ。
もっと新しい家は石ではなくコンクリートになるのは予想できるね。

Dscf1950 早朝、まだ霧がかかっている通りを犬を連れて颯爽と散歩する女性の姿。

|

« New York 2007 - Party, Party-Part III | トップページ | New York 2007 - Leaving on a Limousine »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New York 2007 - Around the Hotel:

« New York 2007 - Party, Party-Part III | トップページ | New York 2007 - Leaving on a Limousine »