« Mebius Note | トップページ | ピアノヨ、サヨウナラ »

2008/01/27

Maintaining LPs

ヴァイブのメンテをこの月初めにしたことを書いたら、赤松氏からコメントをいただいた。覚書にとリンクを張ったので僕の記事を読んだ方々が赤松氏のblogも読まれたらしくその記録を見た赤松氏がまた僕のblogに来られたということだ。訪問者数は多くない僕のblogだが、多少なりとも赤松氏のお役に立てたなら光栄というものだ。読まれたみなさん、ありがとうございました。

さて、その記事に続いてい今日はこれも懸案だったLPの袋交換をした。ほとんどのLPは学生時代からのものなので、もう30年以上経っている。だからLPを入れている透明袋が劣化してボロボロになっていたのだ。

Lp1 最近までLPの袋が売っていることを知らず、また探すことも考えてもいなかったが、あまりに汚くなってきたのでひょっとしてと思い検索してみたら、結構あちこちで通販している。全くうっかりだったが、早速注文して交換することにしたのが先週のこと。

交換するだけだから簡単だろうと昨日からとりかかったのだが、思った以上に時間を取られる。LPを取り出すと劣化した袋がボロボロと落ちるので、大きめのゴミ袋にそのまま入れて中でLPを取り出して、ヴァイブメンテでも使った紙製化学雑巾でホコリを払い、新しい袋に入れる。これが結構時間を食うのだ。上の写真は下段を途中まで取り出して処理したところ。

それと間抜けな話だが自分のLPが何枚あるのか数えもせずに200枚もあれば十分だろうと注文したのだが、二段ある棚の下段を半分少々のところで100枚入りの袋が空になってしまった。つまり全部で300枚以上あるということだ(という予想、未だに数えてはいない)。思ったよりたくさんあったんだと今更びっくりした。

Lp3 ということで再度200枚を注文し、とにかく足りない分も古い袋をはずしてホコリを払い棚に戻したところが左の写真だ。

棚に入れて以来、一度も触っていないLPが大半、つまり15年以上寝ていたわけだが、レア盤もあれば珍盤もあるだろう。コレクターではないのでわからないが、保存は全然気を使っていないので価値があるかどうかは怪しい。

残念ながらプレーヤーがないので再生できないのだが、たとえあったとしてもこれから聴くこともないだろうという、どうでもいいのも結構ある。どのLPも買った時は一度は聴いているはずだが、それっきりというやつだ。

ところで袋の劣化だが、硬いめの袋ほど劣化がひどい。学生のころにそれまでのふにゃふにゃした袋に代わって、やや厚手でしっかりした袋が出てきたが、今になるとふにゃふにゃ袋はあまり変わっていないが、硬めのしっかりしていた袋は光が当たる部分がボロボロになっている。

ふにゃふにゃはおそらく軟質塩ビ、硬めはPP(ポリプロピレン)だろう。仕事上、光劣化(耐光性)はおなじみだが、PPは確かに弱い。塩ビも硬質なのは弱いが、何故か可塑剤を含んだ軟質になると結構強くなる。

これは先日、娘が遅くなって車で駅まで迎えに行く際にかけていたNHKラジオ第二放送で聞いた老子の言葉、「堅強なる者は死の徒なり、柔弱なる者は生の徒なり」そのまんまではないか・・・ちょっと違うか?

さて今日改めてわかったのは、ECMオリジナルのジャケットの脆弱さだ。以前から噂は聞いていたが、黄色く変色はするし、表面のつや出しコートははがれるし、糊づけもはがれるし、昔の面影はない。発売当時は他の追随を許さない美しさだったが、あんまり見てくれに拘って耐久性を犠牲にしてしまったツケですね。佳人薄命・・・これもちょっと違うか。

Lp2 最後の写真は、100枚の袋入れ替えを終えたところ。これと同じくらいのお山がもう一組、ということだ。一番上は、ロンカーターの"Uptown Conversation"、embryoレーベルだ。これはCDになってないだろうと思ったけどあるみたい、ただし廃盤のようだ。左はマイルスの"Bitches Brew"、LPジャケの迫力面目躍如の米国盤。左はキースジャレットの"Somewhere Before"。どれもCD化されている珍しくないものばかりだった。もう少し考えて面白いLPの写真を撮れば良かったな。

時間があれば、レア盤、珍盤などご紹介するかも・・・定年退職後に覚えていたら・・・かも。

オーマニではないので高級品はいらないが、LPプレーヤーの適当なのを買わないともったいないね、やっぱり。

|

« Mebius Note | トップページ | ピアノヨ、サヨウナラ »

コメント

 こん**は。ジャケットの保存状態がいいですね、Somewhere Beforeなんて新品みたいです!私のなんかジャケットもうボロボロ(笑。
 オーマニの立場から言わせていただくと(笑、このレベルのジャズを聴くならせめて10万円台のDENONのプレーヤーとカートリッジに同じくDENONのDL-103位は最低限揃えたい所ですね。そんなの無理と言うことなら、ヤフオクとかで売りまくってCDに替えるしかないかな。

投稿: ゆうけい | 2008/01/28 21:31

ゆうけいさん、コメントをありがとうございました、というか期待しておりました(^^;。
ジャケットの状態は比較的よいかもしれません。ただ光にあたっていた背の部分が色あせているのや、擦り切れているのがあって、今考えるともう少し保管状態を考えておけばよかったと思います。肝心の中身が状態が怪しいのもありますが。

>せめて10万円台のDENONのプレーヤーとカートリッジに同じくDENONのDL-103位は最低限揃えたい

ご指導、ありがとうございます。何とかして購入したいですね。

投稿: taki | 2008/01/29 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Maintaining LPs:

« Mebius Note | トップページ | ピアノヨ、サヨウナラ »