« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/24

Mallets

川端楽器に注文したマレットを火曜日に受け取りに行ってきた。

月曜日に連絡があり、Good Vobes M229は輸入元に在庫があったが、近年注目されているらしいInaki SebastianのVCS-3Rは在庫切れで数か月先に入るかどうかという・・・残念!・・・そういえば波田陽区って今は何してんだろう? 

予想外だったのは、Good Vibesが大幅に値上がりしていたことだ。海外のサイトの二倍くらいになっている。今時、海外価格とこんなに差がある商品なんて信じられないので、輸入元の野中貿易に直接問い合わせたら昨年の10月にメーカーからいきなり通達があり、大幅に値上がりしたという。海外のサイトはおそらく値上げ前の価格を訂正していないのだろうというのだが、ほんまかいな?

価格を確認せずに注文してしまったのがまずかったということか、仕方がない。Sebastianがなかったから、その分で埋め合わせることになってしまった。

Kawabata 川端楽器はJR環状線の福島駅を降りて高架沿いに西へ少し歩いたところにある。駅周囲はにぎやかだが、少し歩くともう住宅や中小企業ばかりで、まだ6時過ぎというのに、街灯りも少なく、奇妙に静かで薄暗くて、都会の中で孤立したような街だ。川端楽器はそんな街を城壁のように分断している高架の下にある・・・なんてね、いいたくなるような、暗くなってから歩くと都市伝説の一つや二つは出てきそうな雰囲気の街だ。携帯で撮った写真もボケてるけど怪しげでしょ?

VCS-3のCSはConcert Seriesの意味でハイグレード品ということのようだが、Standard Typeつまり普及品のV-3は川端楽器に在庫があった。

以前に来た時にも試し打ちはしたのだが、もう一度叩かせてもらった。やはりグロッケンシュピールしかないのでヴァイブでの音がどうなのかつかみがたいが、GoodVibesに比べればかなり安い(といってもそれなりのお値段なのだが)ので、試しにと、2本だけ買ってしまった。

Dscf2165 写真の手前から、Good Vibes M-229、Inkaki Sebastian V-3、そして以前に購入したMike Balter 22R、そして学生時代から使っているヤマハだ。

M-229は、マッシュルームヘッドというタイプで近年になって出てきたマレットのようだ。どういう利点があるのかは今のところよくわからない。

さて、肝心の音質と叩き具合なのだが、思ったよりソフトで軽い。これで赤松氏くらいに張りのあるクリアな音をだそうとすると、かなりアタックが強くないと駄目だな。

V-3も同じようにソフトだが、柄が太くて硬いので、アタックの衝撃が結構腕に響いてくる点が気になる。それと写真では分かりにくいが、柄が他よりも長い。これは4本マレットを前提にした製品なのかな。もう2本買い足すかどうかは、もう少し試してみないと分からない。

Balterはやや硬めで重さもある。だから予想されるとおり、他のマレットより音量は出やすい。でもちょっとイメージが違うんだなぁ。

今日は夕方から主にM-229で思い切って叩いて練習をしてみた。それでもずっとソフトな叩き方ばかりで練習していたせいか、思ったほどには音量は出ない。

とはいえ、1時間も叩いていると、かなり手首も動きが良くなったのは確かだ。しかしどこか無理な力が入っているようで、後で右肩が凝ってしまった。もっと無駄な力を抜けるようにしないといけない。

最後に前半だけしか練習していないピアソラのLa Muerte del Angelを弾いてみたら、かなりスピードを上げても気持ちよく弾けたのはうれしかったね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/18

大人買い

このところ、懸案事項を片付けつつあるのだが、ヴァイブのマレットもそうだ。

使っていたのは学生時代に使っていてボロボロになったヤマハのマレットに自分で毛糸をまいたものと、同じタイプで柄がプラスチック製で音がよくなかったものだ。道具ばかり揃えたからって上手になるものではないけど、いくらなんでもこれはなぁ、ということもあるし、音質もマレットによって随分変わるもの事実だからね、そこそこ練習するようになったし、ここらで楽器に見合ったマレットも必要だろう。

だから新しいのを買おうと思っていたんだけど、それこそ星の数ほど種類があって(ちょいと大袈裟か)どんなものがよいか皆目見当がつかない。

Mallet そこで今回もまた赤松氏のBlogのお世話になった。Blogで紹介のあったBlue Malletに問い合わせてみたら、親切にも大阪の川端楽器を紹介してくれた。マレットの試奏もさせてもらえるという。

場所がJR福島駅近くということで、二週間ほど前、会社帰りに立ち寄ってみた。残念ながらヴァイブはちょうど貸し出し中でグロッケンシュピールしかなかったけど、それでいくつか試させてもらった。でも、これは、というマレットはなかったのだけど、結局、Mike Balter 22Rのマレットが中では僕にあっている感じだったので、結局4本買ってしまった。

ヴァイブ用としては割とポピュラーなタイプらしい。しかし家でヴァイブを実際に弾いてみると、やっぱりちょっと違うなぁ。巻いてある糸が柔らかいからか、軽く叩いた時と強く叩いた時の音質差がかなりある。

それと、どうもいくつかのバーがキンキンした音になったりして、どうも変だ。ひょっとするとコード交換したためか、と思って、コードの張りを調整したりするのだけど、あまり良くならない。でもコードの問題なら特定のバーだけが音が変わるのも変だしなぁ、と思って音階練習などしているうちに、やっと気がついた。

要するに僕がバーを打つ角度が場所によって変わっているということらしい。つまりマレットがまっすぐに当たる場合と斜めにあたる場合で、このマレットは音質が変わるのだ。だから体に対するバーの位置関係で特定のバーの音が変わるということなのだった。やれやれ・・・まぁ、これはこれで打角度の矯正にはいいかもしれない。

しかしそれなりのマレットで弾いていると、オンボロで弾いていたときよりも、もっと僕のイメージにあったマレットが欲しくなるから困ったものだ。

どいうようなことで、赤松氏はどんなマレットをつかっているんかな?・・・などとネットで検索していたら、氏が使っていた(過去形だけど)マレットの型番がわかった。それからマレットに関するアドバイスもあった。

赤松氏の演奏はCDで聴いていて音質は分かっているし、楽器は生意気にも同じなので、思い切って買ってみることにした。型番は、Good Vibes M-229とInaki Sebastian VCS-3R。Blue Malletに注文しようかとも思ったけど、会社帰りに寄れて便利だからと、また川端楽器に電話して取り寄せてもらうことにした。

それぞれ4本ずつなので、既に購入したマレットも合わせると12本買うことになる。それぞれに結構なお値段なのでかなりの散財といえるかもしれない・・・というのが、今回の表題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

Three are left

残ったウィスキーボンボンが三つ。

Dscf2159 Three bonbons are left.

映画"Spiderman"で蜘蛛の数をいうときに、"There's only fifteen."とか何とかいう台詞があって、この場合は"There are....."とはいわないらしいんだね。となると"Three is left."なんてのも可能なのか、というと、そうはいかないみたいだ。

ブッシュ大統領が"Is our children learning?"と言ったのを、文法的に間違っているという話が何年か前にあったけど、これも"Are our..."とはあんまり言わないらしい。よく知られたのは、"I am not..."の疑問文は"Aren't I ...?"というやつだが、それと同じようなものかな?たぶん、語呂が悪いんだろうね。

さて、この写真、実はJPG Magazineに投稿された、たかけんさんの画像"The Last One"のパクリです。カメラも腕もたかけんさんの足元にも及びませんが、偶然ながら同じチョコだったので撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/11

New York 2007 - to Manhattan

New York 2007の続きです。

Dscf1984 早朝、まだ霧に包まれたCooperstownを発ち、リンカーンは一路マンハッタンを目指しひたすら高速道路を飛ばす。

Map_2 地図で見ると、直線距離で200km程度か。神戸から浜松くらいな感じかな。道路も直線的にはないので名神と東名を飛ばしていくようなものだろう、4-5時間かかったように思う。日本なら鉄道で行こうかというところ、Amtrakで行くことも可能だが、かなりな迂回路になるので、自動車で行くのが普通だ。

Highway 片道二車線、隣に見えるのが反対車線だ。マンハッタンにかなり近づくまでずっとこんな景色が続く。右は助手席に座った同僚の写したもの。SPEED LIMIT 65という看板が見える。時速104kmだから日本の制限速度よりかなり速い。平均120km/h以上で走っていたのではないかと思うが、さすがにリンカーン、そんなにスピード感がなかった。

Parking こちらは途中で立ち寄ったサービスエリア。反対車線側と陸橋でつながっているのが見える。こういうのは日本では見たことがないが、どこかにあるんだろうか。これも同僚さんの写真拝借。

Dscf1985 SAにあったマクドナルド店内。意外と、といっては失礼だがきれいなお店だ。SAといっても日本のようにごちゃごちゃとしておらず、土産物も売っていない。ひょっとすると反対車線側のSAに色々とあるのかもしれない。

Dscf1987 ここでは紅茶を飲んだような気がするがよく覚えていない。Pot Bellyな運転手氏がまた食糧調達をしていたのは確かだ。

Dscf1988 高速を飛ばしてお昼頃、いよいよマンハッタンだ。これはよく分からないが地下鉄の高架ではないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

ピアノヨ、サヨウナラ

足りなかったLPの袋も到着してやっと全部のLPの模様替えが終わった。次の懸案事項は、ピアノだ。

我が家のピアノは、亡くなった母がピアノを教えるのに長年使っていたもので、我が家に引き取っていたのだが、ごく稀にならす程度で弾くこともない。弾くとしてもまともな曲にはならないし、ピアノの音は結構近所に響くので、ヘボ音楽愛好家としては電子ピアノか何かの方がよい(僕はピアノを習っていない)。だから、我が家で眠っているよりは、どこかで弾いてもらう方がいいかと、思い切って処分することにした。

Piano1 ということで、TVでよくみる大手買い取り業者に引き取ってもらったのが今日だ。
ピアノ教室で長年使ったピアノはかなり痛んでいるものだと調律の方から聞いたことがあるし、最後に調律した記録が94年ということ、そして製造番号からは34年前の製造とのことだからあまり期待していなかったので、僕としては悪くない金額だったと思う。
本当はあちこちで査定してもらって比較すればもっと高く査定されたかもしれないけど、何やかやとあわただしいこの頃、つい安直に済ませてしまった。今さら考えても仕方がないしね。

弾かないピアノの常として物置状態だった(我が家だけか?)ので急いで片付け、それから搬出のために通り道も掃除して、ということで嫁入り前夜の(?)写真が左上だ。
上に乗っているのは、英会話学校に通っていた頃、当時毎年行っていた米国出張でたまっていたUAのマイレージを使ってアメリカ往復旅行券を結婚祝いにさし上げたインストラクターからお礼にいただいた油絵だ。
彼はサンフランシスコから来た黒人の画家で、住んでいた京都のアパート近くの公園風景とのことだ。

引き取りにきた業者さんの話ではこのピアノは一番売れているタイプで、一番重いタイプ、250kgもあるそうで、それを狭い通路を二人で運ぶというのは、見ているだけでも実に大変な作業だ。一人当たり125kg、ときによってはもっと荷重がかかるだろう。ちょっと想像もつかない。

Piano2 搬出後、すっかりがらんとしてしまった一角。

ピアノのみ引き取られて置き去られた椅子とカバーの後ろに掛けた絵は、写真でみると明るく青みがかって、彼が好きだと言っていたルノアールやマチスの影響が実際に見るよりわかる気がする。

  ・・・この一角もやがて物置に・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »