« ピアノヨ、サヨウナラ | トップページ | Three are left »

2008/02/11

New York 2007 - to Manhattan

New York 2007の続きです。

Dscf1984 早朝、まだ霧に包まれたCooperstownを発ち、リンカーンは一路マンハッタンを目指しひたすら高速道路を飛ばす。

Map_2 地図で見ると、直線距離で200km程度か。神戸から浜松くらいな感じかな。道路も直線的にはないので名神と東名を飛ばしていくようなものだろう、4-5時間かかったように思う。日本なら鉄道で行こうかというところ、Amtrakで行くことも可能だが、かなりな迂回路になるので、自動車で行くのが普通だ。

Highway 片道二車線、隣に見えるのが反対車線だ。マンハッタンにかなり近づくまでずっとこんな景色が続く。右は助手席に座った同僚の写したもの。SPEED LIMIT 65という看板が見える。時速104kmだから日本の制限速度よりかなり速い。平均120km/h以上で走っていたのではないかと思うが、さすがにリンカーン、そんなにスピード感がなかった。

Parking こちらは途中で立ち寄ったサービスエリア。反対車線側と陸橋でつながっているのが見える。こういうのは日本では見たことがないが、どこかにあるんだろうか。これも同僚さんの写真拝借。

Dscf1985 SAにあったマクドナルド店内。意外と、といっては失礼だがきれいなお店だ。SAといっても日本のようにごちゃごちゃとしておらず、土産物も売っていない。ひょっとすると反対車線側のSAに色々とあるのかもしれない。

Dscf1987 ここでは紅茶を飲んだような気がするがよく覚えていない。Pot Bellyな運転手氏がまた食糧調達をしていたのは確かだ。

Dscf1988 高速を飛ばしてお昼頃、いよいよマンハッタンだ。これはよく分からないが地下鉄の高架ではないかな?

|

« ピアノヨ、サヨウナラ | トップページ | Three are left »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New York 2007 - to Manhattan:

« ピアノヨ、サヨウナラ | トップページ | Three are left »