« David Friedman's Workshop | トップページ | 水辺の里公園 »

2008/03/23

New York 2007 - Arriving at Manhattan

New York 2007の続きです。

マンハッタン到着、天気は快晴、Cooperstownに比べるとやはり少し暑いくらいだが、日本の9月よりはずっと過ごしやすい。

チェックインにはまだ時間が早いので、ホテルに荷物を預かってもらい、昼食にでかける。何を食べたかよく覚えていないが、怪しげな和食だったと思う。

Dscf1989_2 それから、タクシーでチャイナタウンに向かう。左は助手席に座った貿易担当氏だ。よく見ないと分からないが、運転席は透明な仕切りで後部座席だけでなく、助手席からも完全に隔離されている。やはりNYのタクシーは危険と隣り合わせな仕事だということを実感させられる。

Dscf1990 この写真は、Ameritania Hotelという看板が見えるので、検索してみたらMidtownのブロードウェイだった。なぜここで降りたのか、これも覚えていないのだが、ひょっとするとこの辺りで昼食をとったのかなぁ?しかし、こうした雰囲気はいかにもNew York、というより、「Manhattanに来た~!」、という気持ちになる。

Mahnattanというのは、やはり特別な街だ。常に何かが起こっている、excitingな空気が漂っている気がする。アメリカであってアメリカではない、Manhattanは、Manhattanでしかない。

Dscf1992 Midtown辺りの道路は、アメリカにしては狭く、そこにいくつもの摩天楼がそびえ立つから、見上げる空は小さく、街路は日陰になる。

その空を見上げたら、何と文字が描かれている。こんなことが現実にされているとは、知らなかった。きっと飛行機雲をコンピュータでコントロールしてるんだろうなぁ、などと田舎者丸出し。しかし、ビルに隠れて文字が読めないのでは、効果が半減ではないのかな。

それよりも、ガラス張りのビルに映った建物が波打ってタペストリーのような空間を作り出し、異次元Manhattanが垣間見えるような・・・、ことはないか。

1980年代後半の頃は、Manhattanを歩くときはゴルゴ13になって、キョロキョロせず、正面を向いて足早に歩き、立ち止まる時は壁を背にして、常に緊張していたものだったが、それに比べると、今はこんな風に空を見上たりして、ずいぶんとゆったりした雰囲気になったものだと思う。

Dscf1993 これはディズニーショップ、ティム・バートンの"The Nightmare before Christmas"のジャックの大きな顔が見える。いや、娘が好きなものでね。

|

« David Friedman's Workshop | トップページ | 水辺の里公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New York 2007 - Arriving at Manhattan:

« David Friedman's Workshop | トップページ | 水辺の里公園 »