« 金沢21世紀美術館 | トップページ | Testing, testing, test.... »

2008/06/22

Composition

音楽系が中心のサイト、MySpaceについては何度か書いた。

色々なミュージシャンが音源や画像をアップしているが、画像なんかを見るにはメンバー登録が必要だ。そうすると、自分のMySpace、自分のだからMy Spaceに決まってるんだが、とにかく自分のスペースも自動的に出来てしまう。

かといって、僕が何をアップするものがあるわけではないので、ごく簡単な自己紹介(ジャズが好きとかヴァイブとギターを弾くとか)とヴァイブの画像を一枚、アップしておいた。

誰かが見たとしても、なぁんにもないから反応もないだろうと、そのままにしていたんだけど、ある日、フレンドリクエストのメールが来てびっくり。それもですね、何と、赤松氏からなんですよ。vibraphoneという語を自己紹介に入れていたから、検索に引っかかったのかな。

もちろん、リクエストにはお応えしたんだけど、こうなると何もなしにしておくわけにはいかない。おまけに、赤松氏つながりに違いないんだけど、アメリカのミュージシャン二人からフレンドリクエストをいただいてしまった。

ということで、何か音源をアップしないとねぇ、と思いつつも、何もないのだ。それに著作権の問題があるから、スタンダードなどの既存の曲は使えないし、せっかくの自分のスペースだから、オリジナルにしたいのだね。

Composition そこでテーマ(曲)を作ろうということになったのだけど、最初は何だか音をつなげただけで曲にならない。 でも、何度かやっていると何となく形ができてくるようだ。まぁ、ジャズをやったおかげで、ある程度基本的なコード理論とかは知っているし、色んな曲のコード進行も知っているから、その辺りの応用が何とかなるおかげだ。左がその一部です(拡大しても何が書いてあるかはわかりません)。

それに、メロディーをまとめようとしていると、improvisationの場合も手癖とか音の羅列から、よりメロディーを意識するようになるみたいだ。

今のところは、出だしを思いついたところから、中々メロディーだけで続けていくのが難しいので、その後のコード進行を適当に作って、それにメロディーをつけるようにしている。これだと、improvisationと同じなので、比較的やりすいのだ。といってもせいぜい16小節から24小節くらいだけど、よくあるコード進行とか、ドミナントモーションでつなげていくとか、まずは単純なものでやってみている。

しかしですね、曲ができても、演奏できないと話にならないし、第一、それを録音するマイクもないので、その辺りの準備も必要という、情けない状態だ。

まぁ、準備ができたら、Band in a BoxかMIDIで伴奏は作っておいて、それにヴァイブとギターの音を重ねることにしようと思っている。

いつのことになるか、分かりませんが、もし、出来ましたら、その節はお知らせいたします。

|

« 金沢21世紀美術館 | トップページ | Testing, testing, test.... »

コメント

お!オリジナル作成中ですね。
MySpaceが後押ししているような感じになったみたいですがいいですね〜。takiさんのおっしゃる通りジャズのインプロは“ささやかな”作曲のようなものです。大作や組曲を作るのではなく普通のコードを使って何度繰り返しても“気持ちいい”ものが曲になって、もっと“冒険”したくなるものがインプロになります。従ってテーマはスケッチのような隙間が多いほうが何度繰り返しても飽きません。まだジャズが創世記の頃の音楽を見ると(例えばBe-Bop)他の曲のコード進行を借りて新たなメロディーを付け加えている事からも、お気に入りの短いフレーズを何度も繰り返しながらメロディーにまとめて行ったのがわかります。
ちなみにコード進行自体には著作権はありません。あくまでもメロディーに対して著作権があるので、スタンダードの曲などもインプロの部分だけなら立派な“オリジナル”演奏になります。(そうじゃないとBe-Bopの曲などは全て盗作になってしまいますね)
既存の曲であっても許諾される時間内(小節数や秒数)であれば問題ありません。営利サイトの音源試聴などを参考にするとよいですよ。


投稿: あかまつとしひろ | 2008/06/24 04:58

赤松様、コメントとアドバイスをありがとうございます。
「テーマは隙間が多い方がよい」というのは、目から鱗です。テーマはついつい凝ったもの、隙間のないものにしようと考えてしまいがちでした。
コード進行は著作権がないというのは、同じコードの曲もありますものね、よく分かります。
「先達はあらまほしきかな」です。ありがとうございました。
とにかく今は、曲らしいものにまとめることと、録音に必要なものを揃えないといけません。

投稿: taki | 2008/06/24 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢21世紀美術館 | トップページ | Testing, testing, test.... »