« XXオク | トップページ | Recording III »

2008/07/27

Recording II

MySpaceにオリジナル曲をアップしようと画策してはや数週間、相変わらず進展しないが、とにかく一曲だけ自作で録音してみた。ただしテーマだけ。

まず伴奏はBand In A Boxにコードを入力して、色々とリズムパターンを変えてみた。8ビートのボサノヴァにしようと思っていたのだが、Latin Arribaとかいうパターンが面白いので、テーマもこのパターンに合せて変更することにした。

mp3ファイルは、MIDI外部音源の「ミュー次郎」の出力をレコーダのPCM-D50外部入力につないで録音したものだ。

「01-BB.mp3」をダウンロード

僕の持っているこのソフトは既にかなり古いバージョンなのだけれど、それでも中々とすごい。これだけで結構いい出来なので、下手に自分の演奏など入れるとアラが目立ってしまうのだなぁ。

さて、これを伴奏に弾いてみようとすると、このリズムではベースが一拍早くコード進行してしまう。つまり四拍目で次のコードのルートに進んでしまって、それも面白いのだけど、途中でリズムを見失ってしまう。

そこで、MIDIシーケンサでベースを小節の頭でコードが変わるように変更した。

「01-080727_06.mp3」をダウンロード

ギターの伴奏も録音して入れるつもりだったので、ピアノとギターのパートは消してある。ベースを普通のパターンにしたので、なんだかちょっと平凡な伴奏になった気がするね。
ただ、ギターを録音したらどうも指の動きがもたついてダメなので、とりあえずはギター録音は見送ることにした。

さて、肝心のヴァイブのソロの録音だが、デスクトップとミュー次郎で伴奏を再生させ、それをヘッドホンで聞きながらヴァイブを弾いて、それをPCM-D50で録音する。

そうすると、ヴァイブだけのファイルが出来上がる。これと別に録音しておいた伴奏ファイル(ピアノとギター復活)をミキシングソフトで一つにした。ただし、ヴァイブの音が何となく貧弱(つまり演奏者の技量の問題です)なので、編集ソフトでリバーブとかコーラスとか適当につけてごまかしたものが、次のファイルだが、結局、ヴァイブももたついているので、テーマだけで今日は終了です。

「01-carba5.mp3」をダウンロード

タイトルは「CARBA」、何となくラテンっぽい題名ですが適当につけたもので、語源は実は化学物質名であります。化学物質の名前には結構面白いものがあります。

やれやれ、今日はこれで一日が暮れた。

|

« XXオク | トップページ | Recording III »

コメント

力作にギターをかぶせてみました。音量バランスに何度も失敗して、結局うまくいかないままになっています。

http://picksclicks.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_fb44.html

投稿: PICKS CLICKS | 2008/07/30 08:07

どうも、ご参加ありがとうございます。
お返事とコード進行は、いただいたリンクの貴blogの方に書きましたので、よろしく。

投稿: taki | 2008/07/30 23:10

ここじゃなくて、もうひとつ上の投稿だったのに間違えました。

投稿: PICKS CLICKS | 2008/07/30 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Recording II:

« XXオク | トップページ | Recording III »