« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/30

枯葉テイク1

Blue Noteの名盤「Something Else」は「枯葉」の演奏で有名だが、その別テイクが発見されて公開されていると、たかけんさんが日記に書かれていた。

枯葉~テイク1

Tocj7092 さっそく僕も聴いてみたけど、何というか、音の隙間がとても心地よい。

赤松氏がBlogで、「ジャズ特有の隙間」というようなことを書かれていたのだけど、こういうことかと今更ながら納得した次第だ。逆にいえば、最近はどうもやたらと空間を埋めた音楽が多いのだな。

このテイクがボツになった理由とかは公開サイトに書かれていて、キャノンボールのソロの後半に破綻があるとか、そういわれればそうかなと思うが、今聞き返すと、マイルスのトランペットは別格だというのは当り前としても、サムジョーンズのベースがとても小気味よく響いてくる。

ボン、ボン、ボン、という訥々としたベースは昔はあまり好きではないというか、あまり上手なベースとは思わなかったんだけど、今聴いてい見ると、いいねぇ。

それで思い出したのが、ベースのM君だ。学生の時は倶楽部にベースのM君というのは二人いたのだが、アフロヘアではない方のM君のベースが、ちょうどこうした訥々としたベースだった。

当時はロンカーターやスタンクラーク全盛時代で、あのブヨーンと伸びる音や超絶技巧がベースの醍醐味みたいな風潮があって、M君のベースはちょっと時代遅れと思われていたような気がする。だから、ピアノのW君なんかも時々イライラしていたみたいだ。

でも僕が一時期、ヴァイブでバイトをしてた某所でトラ(エキストラ)でM君がベースで入ったとき、ピアノの人(プロ)がM君のベースをべた褒めしていたのを思い出す。今は音楽活動はしていないようだが、再開しないかな。

ということで、是非、お聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

ジャズ初心者@神戸

今日はmixiのコミュニティー「ジャズ初心者@神戸」の練習会。

ネットを通じて交流のある人たち、学生時代の先輩JazMys氏は東京青山で毎週活躍中だし、横浜在住の友人PICKS_CLICKSさんも色んなアマチュアセッションに参加しているし、パソ通時代からの仲間のたかけんさんもセミプロで活躍、ゆうけいさんも職場でのバンド活動をされている。みなさんの活動を横目で見つつ、僕もどこかで実際に演奏をしたいものだと指をくわえていた状態だったので、思い切って参加することにした。

生のバンドセッションは実に学生時代以来、ンンン十年ぶりだ。

残念ながらヴァイブを持っていくのは大仕事だし、ギターは何人かの参加があるので、ヘタヘタのピアノでの参加だ。ピアノは全然練習していない上に、売っ払ってしまったので、ぶっつけ本番というか、滅茶苦茶な話だが、亀の甲より年の功というより鉄面皮だね、これは。

Higashinada11 場所は東灘区民センターで、ちゃんと音楽室がある。音楽室にはピアノはもちろんだが、ドラムセット、アンプ、PAなどの設備が揃っている。ただしシンバルなんか錆びてたりして状態はお粗末みたいだけど、安く利用できるので休日はいつも詰まっているようだ。本日の使用料は、何とナント、お一人様280円也、めちゃ安い!

今更ながら、神戸市はそれなりに大きな都市なのだと感心したのだ・・・西区の端に住んでると実感がないんだけどね。

音楽室なんかは東灘のような中心地だけかと思って調べてみたら、各区民センターにほぼ同じ設備があり、この田舎の西区のセンターでもちゃんと音楽室があって楽器類も揃っているようだ。知らなかったなぁ・・・といっても、利用するには仲間がいないと話にならないが、西区は一階が音楽室なので、万が一、ヴァイブを持っていくことになったら運びやすそうだ・・・本当に「万が一」だけど。

さて、1時間ほど遅れて入った音楽室では一曲目の「枯葉」が終わって、次の「Bye Bye Blackbird」になる。今日はピアニストがいないので、俄か似非ピアニストは図々しく楽器を占拠する。とりあえずヴァイブで練習していたので、鍵盤の位置くらいは検討がつくから、コードをそれなりに鳴らしてみる。

ボーカルのテーマの後、順にソロが回って、何となく自分の番のような気がするので弾いてみるが、ついヴァイブのクセで、左右の人差し指や中指で交互に弾いてしまうし、さらには指が震えて全くサマにならないから、ワンコーラスで終わり。あぁ、恐かった。

しかし何度か繰り返すと、少なくとも指の震えは止まった。でも指が動かないのは変わりないので、もたつくのはどうしようもないし、無難な音やら近所の音に終始する。

ただ、赤松氏のBlogの金曜メニューでコードのつけ方などを勉強して、多少はヴァイブで練習したりしていたので、少なくともバッキングはそれなりにつけられるようになった。まぁ、ほとんどヴァイブと同じく左右の手に二音ずつ、3rd-7thに9th、13th(6th)を加えるようなパターンで、分からなくなるとルートや5thも平気で鳴らしていたが。

今日は、女性がヴォーカル、フルート、アルトサックス、男性がギター3人、ドラム2人、ベースが1人、僕を入れて10人というそれなりの人数だった。ベースの人がプロなので、初心者の人たちはアドバイスを受けていた。僕はそれなりに鳴らしていたからか、特にアドバイスはなし。

その後、Now's the Time、Fly Me to the Moonを演奏。Fly Me to the Moonでは、ベースの人が、ワンコーラスずつボサノヴァとスウィングで入れ替えてみよう、というので、やってみたが、それはちょっと無理な話だったね。

予定の12時も近づいてきたので、最後に各曲をもう一回ずつ繰り返して終了した。

その後、近くのファミレスでお昼を食べながら歓談。二つのテーブルに分かれたのだが、プロのベーシストと大阪から来たギタリストに、お世話をしていただいた女性が同席で、さすがにディープな話で入り込めない。だから、途中でトイレに立ったのを機会に別のテーブルの方に移ってしまった。

エレガットを持って来ていた人に、情報をもらう。メーカーによってネックの太さとか厚みとか色々あるようだ。そのうちに買うかもしれない。

初心者どうし、また集まってやりましょう、ということで帰路についたのでした。

Marimba2008817s 実は、先週の日曜日はマリンバの佐藤先生のコンサート、「華麗なるマリンバの響き Vol.15」を聴きに行ったので、二週続けての音楽三昧でありました。今回も先生から招待状をいただいたので、家内と二人、無料で素晴らしい演奏を満喫いたしました。

写真の通り、マリンバが何台もならんで、それにピアノ、ヴァイブ、グロッケンなど、マリンバもこれだけそろうとすごい迫力でした。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008/08/21

れんしう

ヴァイブ練習を細々と続けて、MySpaceに適当な曲をやっとアップしたら、少々気が抜けてしまったのだけど、mixiで見つけた「ジャズ初心者@神戸」というコミュで、今度の日曜日に練習会が開かれるので、参加することにした。

これを逃すと、中々実際に演奏する機会はないのだけど、午前中だけの会に東播磨(神戸の西端ともいう)からヴァイブをもって御影まで行くのは大変なので、ヘタのピアノで参加いたします。

それで課題曲が、Autumn Leavesとか、Fのブルースとかはいいんだけど、Fly Me To The MoonとBye Bye Blackbirdが入っている。

どちらも有名な曲ながら、実は僕は演奏はしたことがない。早速、Band in a Boxで伴奏を作って練習してみたのだが、意外と難しい。

どちらもありふれたコード進行なのだけど、Fly me to the moonの方は、終止が4小節目になるパターンが多い。これは3小節目で終始するパターンに慣れているので間違えやすい。

Blackbirdは、Fばっかとか、Gmばっかとか、実に単純すぎてこれも却ってやりにくい。

Fly me to the moonは、まぁコード進行さえ間違えなければ何とかなりそうなのだが、Blackbirdはどうも単調になってしまう。

Blackbird そこで参考になる演奏はないかというと、僕が持ってるのは、Keith Jarrettのずばり、"Bye Bye Blackbird/ECM"しかないのだ。うーん、Keithの演奏では参考になるかな、と思うのだが、比較的オーソドックスに弾いているので、当日までUSBプレーヤに入れて聞くことにしよう。いつものごとく、「ぉを~」とか「うにゅ~」とか「いいいいい」とか、実にうるさいんだけどね。

日曜日が楽しみというか、ドキドキというか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

墓参り

もう先々週のことになりますが、休みをとって家内の方の墓参りに、丹波篠山まで行ってきました。

丹波篠山には遠い親戚はいるのですが、もう付き合いもなくお墓があるだけなので、例年は同居の義父と門真に住む叔母さん夫婦が、大阪の知り合いの車に乗せてもらって墓参りをしています。しかし今年は、僕の運転で久しぶりに我々夫婦も同行することになりました。僕たちが丹波篠山に行くのは、10数年ぶり、実に不義理なことでした。

朝、10時頃に叔母さん夫婦が来るとのでしたが、とにかく年寄りのことだから、どうせもっと早く来るだろうと思っていたら、案の定、9時半にはやって来ました。

さて、では出発といことなのですが、ところで墓の場所は分かってるよね?と確認すると、誰もが、いつも人任せで行っていたので、正確な場所が分からない。ありゃりゃ・・・。

どうも篠山市役所の近くらしいということと、市営の共同墓地ということなので、市役所に連絡したところ、調べておきますということなので、とりあえず市役所をカーナビでセットして出発する。

実にいい天気、高速道路を第二神明から北神戸線、少し地道を走って中国道から舞鶴道へと走る。山の中を抜けるドライブはとても気持ちがいい。

篠山口で降りてカーナビの指示に従っていくと、何だか小さな建物の前に出ました。

こんなん、知らんで。

これは市役所ではないだろう、とよく見ると市役所の出張所だ。出張所を市役所と間違えてカーナビをいい加減にセットしたみたい、やぁ、すんません、すんません。改めて市役所をセットしなおす。

市役所は日本風のデザインだけど、ちょっとしたリゾートホテルみたいな新しくきれいな建物です。

予め連絡していた市民課に行って担当者に聞いてみると、墓地は二箇所あって、当家の登録は遠い方の墓地だという。しかし叔母さんは「市役所の近くだったように思うけどなぁ」、というし、どっちが正しいのやろ・・・。何だか担当者も頼りなさそうな、怪しげな雰囲気だったしなぁ。

しかし叔父さんの「そんなに近くはなかったで」、という一言で、聞いた住所、といってもこの辺りになると「字何とか」なんていう住所ではカーナビには出てこないので、大雑把なところでセットして出発。

田舎道をカーナビに導かれて進んでいくと、どんどん市街地からは離れて行く。

きれいな道やね。
こんなきれいな道やなかったで。
新しいんやろ。
いや、新しい言うても、そんな最近の道やないで。

カーナビはひたすら案内を続けるが、いつまで行っても目的地らしきところに着かない。

えー、こんな、なんもないとことちゃうで。もっと家とか店とかあったで。

これはいくらなんでもおかしいと、とりあえずまた市役所にセットしなおして、振り出しに戻る・・・。

先ほどの担当者はどうも怪しいので、今度は案内係みたいな人に近くにある方の墓地の場所を聞くと、観光案内地図で大体の場所、これもまた大雑把だが、道筋を教えてくれる。やっぱりそんなに遠くはなさそうだ。

聞いたとおりに行くと、最初に来た道ではなく市役所の裏側へ回った。これまで通っていた何もない道ではなく、中心街の方に出る。

そうや、そうや、この道や。

どうやら、いつも通る道とは反対側をウロウロしていたみたいだ。

あ、あの行き止まりを右だったと思うで。
いや、でもあの係りの人は左って言ってたで。
んー、とにかく聞いたとおりに行ってみようやない?

左折する。

あ、ここら辺にいつも昼飯食うとこがあったと思うで。
この先の交差点を右や。

えー、こんな道、知らんわ。
で、この学校みたいなとこを右や。
なんや、元にもどっとるみたいや。やっぱ、さっきの行き止まりを右でよかったんやないの?

また行き止まりやけど、地図で見るとこの辺のはずやで。
とにかく右、行こ。

あ、川や、何か見たことあるみたいな・・・この橋渡ったような?

やっぱ、ちゃうわ、戻って、戻って。
確か、狭い道を、ちょちょちょって入ってたで。

あれ、えらい狭い道やな。
この角を曲がった様な気がする・・・。
過ぎてもたがな。

もう一回、学校のとこ、戻ろ。そいで分からんかったら、あきらめなしゃぁない。

ここ、喫茶店みたいやね、ここで昼飯、先に食おか。
聞いてみたらええねん。

あ、墓場ならこの裏ですよ。その道をちょっと行ったら左に入る狭い道がありますから。
なんや、あそこに見えとるわ、あれや、あれや。

確か、前来たときは焼き場があったんや。
焼き場ですか、もう五-六年前になくなってますよ。
この辺になぁ、練兵場があったんや。知りまへんか?
れ、練兵場ですか、それはちょっと知りませんねぇ。
おとうちゃん、練兵場なんて戦争中の話や、そんなもん、あるわけないやろ。
さぁ、乗って、乗って。行くでぇ。

あぁ、この細い道をいつもは反対側から来るんや。
やっと分かったわ。
あ、そうや、そうや、やっと思い出した。

200808011304000 はぁ、やっと着きました。

お暑い中、年寄り珍道中、墓参り双六は、行きつ戻りつ、何度もしながら、やっと<上がり>、無事、墓参りを済ませました。僕も10数年前に来ただけなので、到着してやっと思い出しました。

Sasayama_2 お墓は随分古くからの一族が一区画にまとめられています。墓場の整備で区画整理をされたためらしいのですが、墓石の裏側を見ると年号は忘れてしまいましたが、江戸時代からの墓もありました。

帰りは、来た道の反対方向へ抜けていくと、確かに家々の間を、ちょちょちょっと抜けて、先ほどの行き止まり三叉路へ抜けました。

Sasayamakan やれやれ、ということで先ほどの「いつも昼飯を食べたと思うで」の、「JA特産館ささやま」で昼食をとり、おみやげもいっぱい買って帰ったのでした。右は、例年、おみやげに買ってきてもらう、篠山名物、清明堂の「栗まん」です。Dscf2226_3

せっかくだから篠山観光もしたいところですが、年寄りも一緒なので真っ直ぐ帰ります・・・もう疲れたし。

帰路は、大阪へ電車で帰るという叔母さん夫婦を篠山駅で降ろし、後はまたカーナビに案内されて無事に帰りました。

練兵場があったんやでぇ。

もう、ええわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

Recording V

またまた、MySpaceアップ用自作曲の練習。

今回はタイミングがかなり合ってきたので、何度も録音してみた。ただし、午前の部ではセミの鳴き声が入ってしまったのでボツ。内容もあまりよくなかったし。

今回は、PICKS_CLICKSさんのお勧めに従って、リミッタをONにしてみた。SONYのリミッタはインテリらしいので、ピークの部分で急に落とすのではなく、何か違うらしい、違うらしいというだけでよくは知らないんだけどね。

さて、午後の部は暑さのためか、セミも静かになったのでまた5テイクくらいは録ったかな。

その中でも、これが一番マシかというテイク。今回は、頭から音が出るように無音部分をつけている:

「carba080810.mp3」をダウンロード

今回は、ヴァイブの音にはエフェクトはかけていない。録音したそのままだが、最後に音量調整だけはした。ヴァイブの音が割れているかもしれないけど、再生環境にかなり影響されるみたいだ。

この数週間はこればっかだけど、ほとんど練習できないので、ペースはこんなもんです・・・ということで、少々飽きてきたのでこれでオシマイ、上のファイルをMySpaceにアップしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

Recording IV

MySpace用の音楽ファイルというか自作曲、相変わらずのレベルだが、一向によくなっていないような気がするねぇ。

まず、マレットのヒットがどうしてもぴたりといかない。特にテーマはタイミングがずれるとすぐに分かるので何とかしないといけないのだが、中々と決まらない。

練習方法を考えてみたのだが、MIDIでテーマを伴奏に打ち込んでおいて、それを聞きながらやってみたら少しよくなった。しかし逆に聞きながらだと遅れがちになることも分かった。微妙なものだねぇ。

音質も、もう一つなんだけど、やはり軽く叩いていると情けない音になってしまうようだ。思い切って弾かないとダメだね。

あとは、録音したものを編集ソフトでリバーブやらコーラスやら何やら、実はよくは分からないんだけど、色々やってみたら以前よりは、ましになったように思う。どうもMIDI音源の伴奏とヴァイブの生の音がしっくりと合わない。多少ピッチがずれているような気がしないでもないのだが、よく分からない。とにかくまだまだ研究が必要だ。

とりあえず、今日の成果です。まだもたついて遅れたりしてるし、ソロ1コーラス入れたけど、迷いながらやってるので、というか自作のくせに、こなれていないのだな。

「01-carba_080803-2.mp3」をダウンロード

せっかくなので、コード進行を書いておきます。

CARBA by taki

Ebmaj7|  % |Abm6 | % |
Cm7 | % | F7 | % |
Fm7 | %  |Bb7+5| % |
Ebmaj7| %  |Abm6 | % |
Cm7 | % | F7 | %  |
Fm7 | Bb7 |Ebmaj7| % |

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »