« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/29

無題

「場」という言葉は色々な場で使われる。

最近、というのは今日の帰りの電車の中だけど、ふと思いついたのが、「場」がないと活動できない人というのがいるのではないか。それと逆に「場」なくても活動する、というか自分で作るなり見つけるなりして行動する人と、大雑把にいえば二通りあるのではないかと思った。

俗にいう「会社人間」という人種は、きっと会社という場があるとうまく活動できるが、定年退職して「場」がなくなると、一気に休眠状態になる、という仮説を立てる。

定年後も何やかやと活動を続けられるかどうか、自分で「場」を設定できるかどうかというのは大切なことなのだろうなぁ、と、身内やら身の回りの人間のことを思い出したり考えたりして、自分も将来はどうなるやら、などと考えたりするのだった。

そんなことを考えたのは、読んでいた本、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」のせいかもしれない。この人の本は、ぶあっと明るい話はあんまりない。明るそうでも何となく屈折している気がする。しかし結構な数を読んだような気がする。まぁ、その中でもかなり屈折した物語には違いない。

昨日は、千葉県の佐倉にある川村記念美術館まで、モーリス・ルイス展と、彼の作品に使われた材料や技法、その他に関する講演の聴講に行ってきた。

朝は5時半におきて、6時45分西明石の新幹線に乗り、品川で成田行き快速に乗って佐倉まで、それから美術館の送迎バス、合計片道約5時間をかけて行ったのだ。

当然だが、帰りも逆の道順で約5時間をかけて夜10時前に何とか家にたどり着いたのだ。

そこまでして見たいとは、よほどルイスの絵が好きなのかというと、いやいや、仕事なのである。会社のお金で行けるんでなけりゃ、行くものではない。こういうことが仕事でできるというのは、まぁ、今の仕事を選んでよかったと思うひと時であるが、しかし座りっぱなしでお尻が痛くなった。全く今の新幹線の椅子はよくないのだ。

川村美術館は素晴らしい。しかしあまりに遠い。でも東京駅からなら一時間半くらいなのだから、もっと人が来てもよさそうなものだがね。

ルイス以外にも現代作品を中心に素晴らしいコレクションが揃っている。

という話は、またそのうちに書くかもしれないが、とにかく新幹線の中で読む本に、ねじまき鳥の二巻を持っていったのだ。

先週、一巻を読み終わったけど二巻は図書館で借りていなかったので、その後は一緒に借りていたポール・オースターの「ミスター・ヴァーティゴ」を読んでいる。これも半分くらいのところだが、不可思議な話である。

しかし土曜日にねじまき鳥の二巻を借りてきたので、ヴァーティゴは後回しにして、これを新幹線で読もうかとも思ったのだが、この本は精神状態が不安定な時は余計に不安定になりそうなので、結局、往路の電車の中では読まなかった。

何が不安定かというと、佐倉なんて行ったことはないし、総武線も乗ったことはないし、しかし12時頃にはついていないと行けないので、時間通りにきちんと乗換えができるかどうか不安だったのだ。「乗り換え案内」で予め時間は確認しているのだが、どうも電車の乗換えというのは時間が分かっていても、駅の様子も分からないし、ひょっとして乗り遅れるのではないかと不安になって苦手である。

そのくらいのことで何とも情けない、ということもあるかもしれないが、ずっと寝不足なので寝ていたのでもある。

というようなことで、復路でやっと読み出したのだが、やっぱり暗い話だねぇ、しかし全体には「ダンス・ダンス・ダンス」とかと似たような、絡まった糸をほぐしていくファンタジー推理小説みたいな面白さがある。今は二巻を読み終えるところなのだが、結構、これはこういうことではないか、という予測をしている。その通りになったら、まぁ、それでもいいんだけど、予想外な結果になる方が面白いんだが。

ところで、途中でサラダ油を手紙(だったかな、もう忘れてる)にたっぷりかけて燃やす、という件があるのだが、サラダ油は引火点が高いので、たっぷりかけてしまうとマッチの火では着火しないんではなかったかなぁ。燃やすなら、たっぷりかけずに適当にかけて、かかっていないところの紙に火をつければ、サラダ油が引火点以上の温度になって燃え出すと思うんだけど。

最近、更新してなかったので適当に思いつくままに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/15

Vibes Solo/YouTube

Vibes Soloといっても私のではございません。

BlogにYouTubeの映像が埋め込まれているのを時々みかけて、どうするのかと思っていたんだけど、YouTube側からのサービスでコードを貼り付ければよいことが分かったので、やってみた。

映像は、赤松氏が金曜メニューで紹介されていたアメリカのVibist、Tony Miceli氏。マレットの持ち方が独特だ。特に左手が面白い。興味のある方は、赤松氏の解説をお読みください。

I Got The Blues

Bluesette

どちらもドライブ感があって素晴らしい演奏で、すごいテクニックだと思うのだが、何度か見ていると、むちゃくちゃに難しいことをしているわけではなさそうだ(といって、簡単なわけでは全然ないですが)。

特にテーマは意外と少ない音でうまくアレンジしている。全体に左手の伴奏をある程度作っておいてそれを右手のソロにうまく組み合わせているのだと思う。

カメラが正面から鍵盤を定位置で映してくれているので、マレットの動きがとても分かりやすい。やたらと音を並べるのではなく、シンプルな音で効果的に演奏しているのが参考になる。僕もそうだが、素人はどうしてもやたらと音を出さないと不安になり、焦って自爆するのだ。

それから、鍵盤、とくに派生音側(黒鍵)の手前の端を叩いているのがよく分かる。一番よい音は鍵盤中央から僅かにずれた位置なのだが、端を叩いてもよいのだ。でもコード(紐)の通っている固定部も時々叩いているね。その場合は音がちょっと小さい。

最後にもう一つ、音質はかなり悪いですが。

O Grande Amor

Gary Burtonは、Miceli氏に比べると音の数が圧倒的に多いがそれは音楽性と超絶テクニックがあるからなのだねぇ。

Burton氏のマレットの軽やかながら比較的大きな動きに比べると、Miceli氏の動きは小さいね。よくあれだけのアタック音を出しているものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/08

読書の秋

今日はぐんと湿度が下がったようで、やっと秋らしくなってきたかな。

読書の秋というので本を読むわけではないが、今年は僕にしてはよく本を読んでいると思う。といってもほとんどが図書館で借りて読んでいるのだが、よく読んだのは塩野七生のイタリア関連の本。ただし今は小休止状態。話題作だった、と聞いてリリー・フランキーの「東京タワー」を読んだり、その他にも色々と手を出してみたり、そのことはまた別に書くかもしれない。

以前からずっと気になりながらあまり読まないのが村上春樹。いくつか面白い本を読んでしまってからは、少々飽きたというのか、だから翻訳の方を読んだ。

象/レイモンド・カーヴァー(短編集)
引越し 誰かは知らないが、このベッドに寝ていた人が 
親密さ メヌード 象 ブラックバード・パイ 使い走り

誕生日のこどもたち/トルーマン・カポーティ(短編集)
誕生日の子どもたち 感謝祭の客 クリスマスの思い出 
あるクリスマス 無頭の鷹 おじいさんの思い出

Capote_2 「誕生日のこどもたち」は自分で買ってまた読んでみたいと思うくらいに、心に残る本だった、という程度しか、今は感想は書けないな、どうも何を書いていいか忘れてしまったので。

村上氏はこの中の「無頭の鷹」を高校の英語の副読本か何かで読んで、その文章の美しさに圧倒されてカポーティーの原書を読み漁ったとか、後書きにあったけど、そんな高校生って普通じゃないよね。

ということで、実は今日の話題はそれに関連していて、昨日、ちょいとした偶然から読んだ神戸新聞の記事のことだ。

神戸新聞に村上関連の連載があるとか、確かゆうけいさんがBlogかmixiに書かれていたように思う。それらしきコラムもあったんだけど、それとは別に高校時代の担任だったという、F先生の名前と写真が掲載されていた。

F先生が英単語のappreciateの真の意味は、辞書にズラズラとある意味を覚えるより、「真価を知る」だ、とおっしゃったことで目が開かれたとか、村上氏が後に書いているとか、そんな記事だった。

僕はその4年後なので、担任ではないけど僕もF先生に英語を習っている。写真ではもう80過ぎてやや丸顔で白髪も薄くなっているけど、当時はもっと顎のラインがすっきりした若々しく、軽妙な語り口のユーモアのある先生だった。まぁ、40年近くまえのことですからね。

考えてみると、英語環境には恵まれた高校だったと思う。英語の普通の授業と文法の授業とLL(Language Laboratoryだったかな)教室でのリスニングがあって、F先生のときには副読本の訳というのもあった。

Animal_farm_2 僕のときは、オーウェルの"Animal Farm"だった。もちろん、原書ではなくてダイジェスト版のような本だったと思うけど、それでもかなり長くて難しかったし、正直、あまり面白いとは思わなかった。でも、数年後に石森章太郎がマンガにした時はかなりの驚きだった。こんなん、つまらんやん、という偏見があったのでマンガも面白くなかったなぁ。今読んだらどうなんだろう(・・・アマゾンには数冊の洋書があったんだけど、一番ウケそうな表紙を選んでみました)。

てなことを考えていたら、その"Animal Farm"の授業の時のことを思い出した。

副読本は、席順だったか何だか、とにかく生徒が順に訳して、それに先生がコメントするわけだが、ある女生徒の番の時、多分、"You, fool!, fool!"とか叫ぶ場面があって、彼女は「馬鹿、馬鹿!」と訳した。

それに対するF先生のコメントは、「女性の『馬鹿、馬鹿』というのは愛情表現でもあるんで、云々」とか突然意味不明なことを言い出し、いや、意味不明ではないんだけど、「えぇっ?」という訳の分からない顔をしている生徒やら、含み笑いしている生徒やら、反応は色々。ひょっとしたら顔を赤らめた女生徒もいたかもしれないけど、あんまりキョロキョロしなかったので、分かりません。

先生はそれ以上は突っ込まずに、「この場合は、『馬鹿者め!』という感じですな」とかサラリと流して次に移ってしまった。

いかにもあのF先生らしいと、帰りの電車の中でついニヤニヤしてしまった。

F先生の名前は、「寛」という字なのだけれど、当時、みんな「カンさん」とか呼んでたように思う。多分、もう一人F先生がいたからだと思うけど、あれはカンと読むんではないらしいよ、じゃぁ、「ヒロシ」か?いや違う、何とかカンとか・・・

すっかり忘れていたけど、昨日の神戸新聞にはちゃんと「るび」がふってあった。「ユタカ」と読むのでしたね。

さて、今は、カポーティの「叶えられた祈り」を読んでいるんだけど、これは電車の中では読みにくい本だなぁ。

ここ数日、めずらしくマメに更新していますが、cocolog、またクソ重たいぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/06

食欲の秋

9月、スポーツの秋とか、芸術の秋とか、食欲の秋とか、読書の秋とかいうけれど、盆明けのころの方が秋らしく感じたような湿度の高さの今日この頃だ。

Popolamama 今日は息子がいないので、夕食は家内と娘、3人で近所のショッピングセンターにある、彼女らのお気に入りのポポラマーマというスパゲティーレストランに行った。この店の壁には、ヘタウマなのかウマヘタなのか、ヘタヘタなのか分からないイタリアというかヴェネツィア風景らしき壁画がある。

デッサン狂ってるしぃ、遠近法もおかしいしぃ、と思っていたけど、何度か見ていると何となく味のある絵で、だからウマヘタなのかなぁ?

さて、食事を終えてレシートを見た家内が、「何、これ?」

レシートにあるのは「ホベ正」に「タコカル」という手書きの文字・・・なんのこっちゃ?

Hobe う~む、考えてみると僕の食したのは「ホーレン草ベーコンしょうゆ味のスパゲッティー」に「生タコのカルパッチョ」だから、なるほどそういうことか。

厨房では「ホベ正、イッチョウあがり」とかいうのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

How many notes?

Notesといっても帳面ではないよ、パソコンのノートでもない。音楽ネタが続いたから音符か?・・・前回のネタは、One Note Sambaだったし・・・でもないのだ。

以前にネタにしたFire Rainbowの写真を送ってくれたNYのおばさん(叔母ではない)が、また面白いといって送ってきたのが、ジンバブエの強烈インフレによる札束、つまり Notesの写真。

Z Zimbabwe Money $

Just to release your mind and your stress. In this world, Most people are stress; rushing and chasing for the money....

Some ends up fighting and killing others just because of money...
In Zimbabwe , all the peoples having a lot of money but they're poor....

WHY??

Z22 500 million note, just printed in May 2008.....everybody have it....maybe just nice for 1 breakfast/lunch (equal to about USD 2).

写真はもっとあったけど、正直、あまり笑う気にはならなかった、が、まぁ、滑稽ではある。しかし、ついでに円もドルに比べるとインフレみたいなもんだと、小馬鹿にしたようなことを書いてきた。

Here is another laugh for the Zim money pictures.  It made me think of Yen, Like a million Yen is only $10,000.  I used to think what if you have to carry a few million Yen in cash?  Probably need a very large bag!

大体、誰が a few million Yenを持ち歩くんだい?

だから返事を書いてやった。

Thank you for photos again. In Japan, nobody carries a few million yen except for very special cases, so don't worry. We are not so rich.

We have 10,000 yen notes which is similar to $100 notes in the U.S. It's common to carry a few 10,000 yen notes. But usually we use 1,000 yen notes or coins that's similar to $10, $5 and $1 notes and coins in the US. So the situation would be quite similar except that you have more notes like $5 and $1, and you tend not to carry $100.
So, I think you have to carry more notes in daily life in the US.

最近の事情は知らないが、アメリカに初めていった時(20年以上前だ)、$100札は使うな、特に新札は偽札と疑われるっていわれた。実際、$100札で買い物をしたことがあるけど、店員がしげしげと裏表を見たり透かしてみたりしてた。

そうだ、5000円札もあったな、これは$50札に相当するが、これもそれほどは見なかったと思うなぁ。やっぱりアメリカの方が札束をたっぷり持ち運ぶ必要があるのだ。ちょっと油断すると、$1や$5札で財布があふれかえったものなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

COLLABORATION

8月の「ジャズ初心者@神戸」の記事にPICKS_CLICKSさんからいただいたコメントで、YouTubeの映像を紹介された。

2019.3.3修正: リンクを埋め込みに変更

こんな映像があるというのは全く、こんな時こそ「オドロキ、モモノキ、サンショノキ」なんて言わなきゃならないが、とにかくこれはアルバム「COLLABORATION」の演奏そのまんまのアルメイダだ(MJQのソロは違います、モチロン)。

このLPは高校の時、兄が持っていて、中でもこのOne Note SambaとFoi A Saudadeが大好きで何度も聴いた。あまりに気に入ったので、とうとうOne Note Sambaのイントロを四苦八苦でコピーして何とか弾いてみたりした。それを楽譜にも書いておいたのだが、それはもうどこかに消えてしまった。

コード理論も音楽の時間に習った3和音くらいとギターのコード表くらいしか知らなかったので、不協和音をコピーするのは大変だったのだ。今だと色々と知識が増えているので、もっと速く出来るだろうと思う。この曲のコードも知っているしね。

Foi A Saudadeのコードも当時は全く検討もつかなかったけど、今聞くと割とありふれたコード進行のようだ。

519txmbvyal__sl500_aa240_ さて、以前にこのアルバムのCDを捜した時にはなかったので、このアルバムはCD化されていないんだよね、と検索したら一発でアマゾンが引っかかってきて、またまた驚き。すぐに一番安いアメリカのサイトに注文したのが8/27、配達まで時間がかかるだろうなと思っていたら、今日届いてしまった。

懐かしさに手が震え、なんてことは全くなかったけど、確かLPはクリーム色で絵柄も違ったような(ミロのような)気がしたけど、まぁどうでもいいや。

ところでアマゾンで再検索(collaboration mjq)してみると、何と中古で\10,000以上で売っている。僕が注文したのは新品で\1,782なのだが、キーワードを変えて(アルメイダ コラボレーション)検索するとそちらは品切れになっている。8/27時点ではアマゾンでも新品販売、ユーズドの方も新品で\2,000以下が何点かあったのに、これはどういうこっちゃ?

もう一度キーワードを変えて(collaboration modern jazz quartet)検索してみると、今度は3点出てきてお安いページもちゃんとある。これは今年の再発売盤のようだ。どうもキーワードによって出てくるページが違うようで、運良く僕は安価盤にあたったのだけど、キーワードをミスっていたら、高い中古か在庫切れで行き止まりになっていたかもしれない。コワイ、コワイ。

コワイながらも、何とこのCDにはボーナストラックが7曲もついていて、これはLP二枚分ではないか。ボーナスはMJQのみだけど未発表の演奏なのかなぁ。

しかしこうしてみると、僕は大学に入ってから偶然のようなものでヴァイブを弾き始めたのだけど、意外とそれ以前からヴァイブには縁があったのだと思う。

Lofty 中学の頃だったか、兄がMJQが来日してTVの「ミュージックフェア」に出演するぞ、というので何も分からずに見たのが初めてだったと思う。何だか分からないけど、とても品格のある演奏だった印象があった。

そして高校の時はこのCollaborationをさんざん聴いていたし、同じく兄が持っていたのが、かのLarry Coryellの参加していたGary Burton Quartetの"Lofty Fake Anagram"Bags だった。

ただ、当時はミルトジャクソンのヴァイブに慣れていたので、バートンの音は同じ楽器とは全然思わなかったのが今では笑い話にもならない、ハハハ。むしろギターのLarry Coryellばかりに耳が行ったのだ。

もっと以前からいえば、子供の頃、今思えばそれはその後にヴァイブを習った佐藤先生と弟さんの大島正嗣氏だったらしいのだが、天才マリンバ姉弟として何度かTVで演奏されていたのを聴いて大きな木琴に憧れたのが始まりだったのかもしれない。アメリカンパトロールだけはよく覚えている。

ヴァイブを弾き始めて最初に買ったのも、Milt Jacksonの"Bags and Train"だったけど、その後はBurtonタイプの演奏ばかり聴くようになって、MJQ来日時も聴きに行かずじまいだったのは、返す返すも残念といえば残念。

さてしかし、Milt Jackson御大だけは一度は聴いておきたいと、大阪ブルーノートに家内と出かけたのが、亡くなる前年のことでこれだけは一生の思い出だ。

それまで長い間、聴かずの間だったMilt御大だが、舞台に出てきて、ポーンと一つ音を出しただけで、それはとてつもない衝撃だった。バートンなんて屁の河童というのがこの音一つでよく分かった。その存在感というのは圧倒的で全く他を寄せ付けないというのは、こういうことだと平伏してしまった。

何度もの来日を逃していたのは残念かもしれないが、僕もそれなりの年齢になって初めて聴いたからこそ、あの衝撃と感動があったように思う。だからいいのだ。

いや、ほんまに感動したんでっせ、途中で涙が出てきました。演奏だけで心が震えて涙が出るというのはこの時だけ。録音と実際の音がこれだけ違うのか、と言うのもこれが初めてでした。

さて、ということで、何やらわからんくなりましたが、アルメイダのイントロを思い出して弾いてみたのがこれ。

「080903_03-2.mp3」をダウンロード

最近のギターリハビリが多少は利いてきたのか、何とか弾いております。爪を切ったばかりできちんと磨いていないので音がガリガリいったり、ミスったり、バランスも悪いです。

速いアルペジオは難しそうに聞こえるかもしれませんが、クラシックの基本からいえば、この辺りはそれほど難しくはありません。この後、どんどん難しくなりますが、それは忘れまいた!

そのクラシックギターを師事した平島先生のサイトをリンクに加えました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »