« 動くScott LaFaro | トップページ | 日暮里に慶喜と銭湯へ »

2009/03/01

LaFaroのベース

前回のエントリーで動くScott LaFaroを見て聴いて、改めてその並外れたセンスを実感したのだけれど、そのときに書いていた、Bill Evans Trioの"Alice in Wonderland"におけるベースを、僕が聞き取って打ち込んだMIDIファイルで聞いてみましょう。LaFaroの画像は、Bill Evans紹介を目的とされている、yas' webさんのblog:all that jazzから。

Scott_lafaro_2 MIDIといっても音源によって随分と音質も変わるだろうから、僕のRoland SC-88VLで再生した音を、例によってSony PCM-D50に入力して録音したものにしました。

ファイルはテーマが終わってEvansのソロが始まって6小節目から(最初からでは70小節目-ワンコーラス=64小節)ソロの終わりまでです。

「090301_06.mp3」をダウンロード

どうでしょうか。3拍子ではありますが、いわゆるランニングをほとんどしていませんし、結構好き勝手に動き回っていると思いませんか。ランニングらしきラインは、途中でわずかに3小節です。これだけを聞くとピアノソロのバッキングのベースとは思えませんが、これがソロとからむとどうなるか(ソロはワンコーラスだけでテーマに入ります)。

「090301_04.mp3」をダウンロード

いかがでしょうか。

41kts7efcnl__sl500_aa240_ まぁ、僕が聞き取って打ち込んだので間違いもありそうだし、電子音による再生ですから、どないやねん、というところもあるでしょうから、本当の演奏のサワリをお聴きください。ソロの最後の辺りです。
全然雰囲気は違うのはいたしかたありません。上のMIDIより音量が大きくなっているので気をつけてください。

「04_alice_in_wonderland_take_2.mp3」をダウンロード

演奏は、Sunday at the Village Vanguardから。

関連エントリー
- 動くScott LaFaro

|

« 動くScott LaFaro | トップページ | 日暮里に慶喜と銭湯へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LaFaroのベース:

« 動くScott LaFaro | トップページ | 日暮里に慶喜と銭湯へ »