« Maryさん、再び | トップページ | セッションデビュー in Tokyo »

2009/10/13

苦労したぜ

今日は大阪で赤松氏のヴィブラフォン・ライブがあった、はず。

本当は行きたかったのだけれど、突然の仕事が入って行けず。ただ、当日でも可能な様子だったので予約はしてなかったのが不幸中の幸いだ。

Barn その原因を作った人が今日から来日している。毎年、この時期に来日してあちこちで講習会をされるアメリカの仕入先さまだ。2007年に訪問した際のことは以前に書いた(関連エントリー参照)。

とても世話になっているし、アメリカ人らしくない(といっては失礼だが)非常に温和で物腰が柔らかく、びっくりするくらいに気遣いをする人なので、まぁ、文句はあまり言えないが、講習会に使うパワーポイントのプレゼン資料(もちろん英文)を二つ、来日直前の金曜日に送ってきた。それぞれ、57ページ、27ページもある。(画像は資料にあったアメリカの田舎にある崩れかけた納屋、まぁ、これくらいは出してもかまわないだろうと・・・)

連休中にパワーポイント内の英文に和文を併記しておこうとか思ったんだけど、結局何もせずで、今日、会社で何とか仕上げた。

明日から東京での講習が始まるのでそれに使うんだけど、僕は今週は行かないので会社のサーバーに入れて東京支店で取り出してもらうことで連絡していたら、今週の通訳で上京している同僚から連休中にもう一つ、44ページ分のパワーポイントが送られていたので、それを何とかしてくれ、といってきた。彼は今日は来日したお客さまをお迎えしたり色々と面倒をみないといけないので、ファイルを見ている暇がないという。

それが判明したのが夕方の4時頃だ。仕方がないので、家に帰って何とかしようと思ったが、ファイルが60MBもあるし、パワーポイント画面で英語と日本語を併記していくのは訳だけでなくレイアウトも考えないといけないので、かなり手間がかかるのだ。

幸い、テキスト部分だけをワードに書き出すことができたので、家に帰ってから日本語を書き込んでいって、さきほどやっと終えることができた。ワードファイルは小さいので、同僚さんあてにメール添付して送っておいた。明朝、彼はプリントアウトしたテキストとパワーポイントの英文と画像を見比べながら、ぶっつけ本番で通訳するんだなぁ、かわいそうに。

Ppt_3 右は会社で処理したファイルの編集画面だけど、著作権とかあるので拡大はしません。でもなかなかときれいでしょ。

自宅で翻訳した分は1246ワード(単語数)だ。重複したタイトルなんかもあるけれど、1ワードあたり10円としても1万円以上の翻訳だぜい。翻訳料、よこせ~。

2時間余りで仕上げたから、もしお金になる仕事だったら時間給5000円程度でアマチュアとしては悪くない翻訳速度だが、比較的簡単な内容の上に自分の本業の得意分野だからね、普通ならこうは行かない。

というわけで、赤松さん、ごめんなさい。またの機会に伺います。

来週は僕が交代で上京して通訳をする予定なので、面白いことがあったら、またここにアップします。

関連エントリー
- New York, 2007-1
- New York, 2007 - from KIX to DTW
- New York, 2007 - from DTW to Cooperstown
- New York, 2007 - Early in the Morning
- New York, 2007 - Clearing Fog
- New York, 2007 - Driving along the Country Road
- New York 2007 - Party, Party-Part I
- New York 2007 - Party, Party-Part II
- New York 2007 - New Berlin
- New York 2007 - American Chinese Japanese Restaurant
- New York 2007 - Party, Party-Part III
- New York 2007 - Around the Hotel
- New York 2007 - Leaving on a Limousine
-上野公園
- Vilhelm Hammershoi

|

« Maryさん、再び | トップページ | セッションデビュー in Tokyo »

コメント

Powerpointの翻訳を何度かやりましたが、「置換」機能を使って原文を訳文で置き換えると、フォントサイズが変わらないので楽です。

投稿: Picks-Clicks | 2009/10/14 09:10

置換の場合、訳文は別に作っておいて、検索しながら置換することでしょうか。うーん、かえって面倒な気がします。
ダイレクトに画面上で英文の下に日本語を入れてから英語を消す方が速いような気がしますが。
アウトライン画面を表示させてやる方法もいいですけど、結局はスライド画面でレイアウトを考えながら直接打ち込んでいます。
その場合、和英が同じフォントサイズだと漢字はアルファベットより大きく見えるので、大体において漢字のフォントサイズを小さくすることが多いです。
ただ、この資料の場合、米人が画面をみながら英語で講習し、横で逐次通訳で日本語で説明していくので、画面には英語も必要なんです。だから英語と日本語を同じ画面に押し込めることになって、フォントサイズやレイアウトを考えないといけないのです。

投稿: taki | 2009/10/14 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦労したぜ:

« Maryさん、再び | トップページ | セッションデビュー in Tokyo »