« 斉藤のヴィブラフォン | トップページ | Honeywell Chromatic Banana »

2009/11/22

Marisa Monte ブラジルの光と風

Marisa Moteについては、文末にあげた関連エントリーで以前に少しだけ書いたことがある。その時に紹介したGreat Noiseというアルバムともう一枚を持っているのだけれど、Great Noiseの方が圧倒的によくて、特に後半のライブが素晴らしい。その後、USBプレーヤーを買ったときは通勤電車で毎日のように聴いていたことがある。

その彼女の名前なんだけれど、そのままローマ字読みでマリサ・モンテだと思っていたら、マリーザ・モンチと読むらしい。

marisaGreat Noiseは右の通り、ちょっと恥ずかしいイラストしかなくて、彼女のご尊顔を拝したことがなかったので、昨日からYouTubeを物色していた。ラテン系女性らしい黒髪と濃いまゆ毛は、ちょっとメキシコの画家、フリーダ・カーロを彷彿させる。

そうこうしているうちに、YouTubeの画像を集めて歌詞もつけた(どうせ読めないけど)便利なサイトを見つけた。

Letras.mus.br/Marisa Monte

 その中から僕のお好みの曲をいくつかご紹介しよう。

Carinhoso(カリニョーゾ)
ブラジルの第二の国家とも言われているらしいショーロ(「Bossaなタンコのてくて日記」さん情報)。僕が知っているのは歌ものではなくて、Jobimのアルバム"Tide/CTI"に入っていたイージーリスニング的な曲だけれど、MarisaとPaulinhoのギター伴奏だけの歌の方が素晴らしい。始まって少し喋りがあるけれど、そこで止めずに我慢して続けてください。

 

同じくPaulinhoとのデュエットで、Dança da Solidã。僕が持っているCDではライブで伴奏が入ってかなり情熱的な演奏になっているけれど、こちらはしっとりと歌っている。マイナーのラテン系らしい哀愁を帯びたメロディーなので、料理の仕方次第でかなりこってりした曲になることはご想像いただけると思う。

続いてブラジルらしい(と僕が思う)曲を二つ。

Seque o Seco
Letrasの画像はMarisaではなくてSandy Leahになってしまっているので、YouTubeにあったMarisaの画像にリンクしてます(画像埋め込み不可なのでリンクのみ)。ビリンバウと低音の打楽器(たかけんさんならお分かりになると思いますが)、コーラスの一定のリズムに乗って土着的なイメージで歌われるけれど、画像から見ると、雨乞いなのかな? 歌詞はこちら

Minina Dança
リンク先の音源はどちらかというと普通の8ビートで、これよりも”Great Noise"のバージョンの方が、特にリズム陣がずっとよい。音だけで画面はどんな関係があるのか分からないけれどYouTubeにあったのでご紹介。

 

最後にこういうのをブラジリアンポップとかいうのかな?という曲をご紹介。

Magamalabares
リンク先はスタジオ録音。YouTubeにあった画像はリズム陣(パーカッション)の音があまり入っていないのが残念、だけどすごいグルーヴでポップっぽくないか。

Ainda Lembro
リンク先はオリジナルレコーディングだろうけど、ちょっとアメリカンソウルポップみたいになっている。Great Noiseのライブはもう少しアップテンポでブラジリアンテイストなので、そちらの方が好きだ。

関連エントリー
- Happy Marisa Brasil New Year

|

« 斉藤のヴィブラフォン | トップページ | Honeywell Chromatic Banana »

コメント

彼女のことは全然詳しくありませんが、takiさんが読んでいたマリサ・モンテでも正解です。ただラテン系の読み方としてマリサはマリーサとかマリーザになるというのと、ポルトガル語としてではなくてブラジル語としてはモンテはモンチに(方言のようにして)なるようです。

ボクがブラジルのポルトガル語をほんの少しですが学び始めた時に、たとえば「今晩は」「おやすみなさい」という意味のBoa noiteはボアノイチではなくて正しくはボアノイテだとブラジル人に教わりました。ただし彼らは100%ボアノイチって言いますけどね。

ちなみにRio de Janeiro(一月の川の意)という都市名は現地風に発音すると<ヒウヂジャネイ(ウ)or(ル)>と言います。ブラジルのいろいろな曲中によくこの発音が出てきますよ。決してリオデジャネイロとは言ってませんね。

低音楽器ですがスルドのようです。これさえあればベースは要らないくらい。でも意外に軽いんですよ。

投稿: たかけん | 2009/11/22 23:15

たかけんさん、期待にたがわずおいで頂き、またポルトガル語(ブラジル語)の読み方と打楽器名を教えていただき、ありがとうございます。そういえばイタリア語読みなら巻き舌で、マリーサ・モンテですね。

実は私もMarisaのことはCDを聴いているだけで全然知りません。ただ音楽が素晴らしいので紹介したいと思ったのです。

ブラジル語の響きは彼らの音楽のリズムやメロディーと相まって独特の心地よさがありますね。アルバムGreat Noiseには一曲だけ英語の歌があるんですが、あんまりというか全然面白くありません。

意味はわからなくても発音だけでも真似てみたいものです。Paulinhoのように弾き語りができるオジンになれたら最高ですけどね。

投稿: taki | 2009/11/23 00:49

音楽、特に歌詞のついたメロディはその国の言語と密接な関係がありますもんね。だからボサノバなどは英語の歌詞よりもポルトガル語の歌詞をブラジル発音で聴くのが最高ですよね。

シナトラの生番組にジョビンが出演した時のビデオがYoutubeにも残ってますが、一番をジョビンがポ語で、2番をシナトラが英語で歌うと、そりゃ歌の上手さでは負けてませんが、音楽の雰囲気で言うと断然ジョビンでしたものね。

アンディ・ウィリアムズ・ショーの時も全く同様でしたよ。こっちはボクの記憶ですけど。

投稿: たかけん | 2009/11/23 12:41

シナトラの番組は私もNHKの放送を覚えています。
YouTubeを見てみましたが、40年以上前の画像だったんですね(^^;。シナトラが歌うとよくも悪くもシナトラ節ですね。
私がよく聴くKarrin Allysonはポルトガル語で歌ってるんですが、やはりネイティブにはかなわない気がしますし、ジャズのノリなのでリズム感も違うのだろうと思います。

投稿: taki | 2009/11/23 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43865/46823941

この記事へのトラックバック一覧です: Marisa Monte ブラジルの光と風:

« 斉藤のヴィブラフォン | トップページ | Honeywell Chromatic Banana »