« Close, But No Chromatic Banana | トップページ | Tanti Auguri! »

2009/12/24

面倒くさがり

昨日は忘年会だったんだけど、隣に座った事務所の女の子から、どんな音楽を聴いているのですか、とか楽器をされているそうですが、とか質問されたんだけど、うーむ、そういうウワサが広がってるのだな、しかし説明するのが面倒くさいんだなぁ。

ジャズです、というと、どんな、と聞かれて、いや~、

別にこれといって限定した聴き方をしているわけではないし、持ち歩いているUSBプレーヤーには、赤松氏、ビルエバンス、リンダロンスタート、ジョアンジルベルト、マリーザモンチなどなど、適当としかいいようがない、まぁ、ジャズの範疇に入る音楽がメインではあるけど。

 楽器は、いや~、何かやってます、ごにょごにょ。 
  (ヴィブラフォンの説明するのは面倒くさいのだ)

彼女:キースジャレットを聴いてるんです。

Fkeithjarrett_4  あ、そうなんだ(というのは女性言葉だとPICKS_CLICKSさんが言っていたが)

彼女:キースジャレットって本当のジャズとは違うって言う人もいるそうで

え~? 今時そんなこと言う人、いないでしょ?僕が学生の頃だったら、50~60年代が本当のジャズで、とかいう人はいたけど、今時????

彼女:グレングールドがジャズ演奏するのも聴いたりはしてまして。

あ、そうなんだ・・・(それも古い話だろ?)

(訂正:ジャズを演奏したのは、グルダだ。グールドはジャズっぽいクラッシック演奏スタイルだったらしい・・・よく知らんけど)

どうもよくわからない人だね。20代のはずなんだけどちょっと時代がずれてないかい?

でもキースジャレットを生でぜひ聴いてみたいのだそうだ。僕は学生の時、初来日コンサートに行ったなぁ、いわゆるアメリカンカルテットだ。

今度また機会があったら、キースジャレットのどのアルバムを聴いているのか聞いてみよう、そうすればもう少し会話が進むだろう。

しかし、実際に楽器をやっている営業の同僚なんかだと、どんどんと話が進むんだけど、そうではない相手だと、言葉で説明するというのが何とも面倒というか、空しいというか。

あるいは以前に営業にクラリネットをしている女性がいて、彼女はEddie Danielsが好きで、その関連からGary Burtonとの共演盤を聴いて、Burtonにも興味がわいて、とかの話で盛り上がったりしたことがあったけど、そんなことを考えると、純粋にリスナーの人とは話しにくいというのも、やっぱり僕は演奏するという面から聴いているということなのかな。

あ~、しかし今日は寒かった。

さて、Lodonderry Airを何とか弾いてみようとしているのだけれど、まだ和声というかコードがきちんとできていなくて、試行錯誤演奏だ。

寒いのでエアコンの暖房を入れたのだけれど、ヴィブラフォンの真上にあるのでD50のマイクに風が当たって、出だしの所がブロブロになっている。その後もエアコンのノイズがかぶったままだ。おまけにアップロードファイルが1MBに制限されているので、ビットレートをかなり落としたから音質もよくない。

「londonderry.mp3」をダウンロード

関連エントリー
- Oh, Danny Boy

写真上はJAZZ PHOTOS GALLERYから。

|

« Close, But No Chromatic Banana | トップページ | Tanti Auguri! »

コメント

昔若かったジョセとジャズの話をすることはありますが、今現在若い女性とジャズの話ができるとは羨ましい。

唯一例外がうちの娘で、Wes MontgomeryとかBill Evansがいいとか言ってます。最近ではLarry Carltonがお気に入りのようです。

投稿: Picks-Clicks | 2009/12/26 23:29

いや、残念ながら若い女性とジャズの話がうまくできなかったのであります。

うちは誰もジャズにも楽器にも興味がないですねぇ、それこそ羨ましい。

投稿: taki | 2009/12/27 17:53

しかしウチの娘はコルトレーンもパーカーもドルフィーもペッパーも知らない。名前さえもたぶん知らないと思います。

投稿: Picks-Clicks | 2009/12/29 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面倒くさがり:

« Close, But No Chromatic Banana | トップページ | Tanti Auguri! »