« 別れ | トップページ | Gary Burton on YouTube »

2010/02/28

明石住吉神社

二月の六日だったのだけれど、ちょっと出たついでに明石の魚住にある住吉神社にお参りに行ってきたときの写真を、初めてアルバムにしてみた。アルバムは、画面右のメニューの下の方にあります。

Ts3p0145_2 ここはずっと以前に、子供たちがボーイスカウト活動をしていたころに行ったことがあって、その時に円山応挙の絵馬があるという説明書きをみて、ずっと気になっていた神社だ。左は、応挙とは関係がないけれど、山門にいる木彫りの狛犬。口をつむっているから吽の方で、阿はアルバムに掲載している。

住吉という地名や神社はあちこちにあるけれど、ちょっと調べてみたら、日本で最古の住吉神社という由緒あるところのようだ。といっても、決して大きな神社ではない。瀬戸内海に面した、のどかなところだ。

Ts3p0144 本堂には意外といっては失礼だが、何人かがお参りに来ていた。僕も御賽銭をあげてお参りをした。義父の回復もお祈りしたのだけれど、天命はいたしかたないものか。

Ts3p0142 これは本堂の横に誰かが奉納したものらしく、大きな虎の絵馬(?)が掲げてあったのだけれど、何ともいえずユーモラスな顔をしている。お願いもとてもささやかで、ほのぼのとしているのがいいね。

Ts3p0125 海側から入るのが本来なのだろうけれど、逆向きに鳥居を過ぎる

Ts3p0129_2 その前はすぐに海で、左手(東)に見えるのは淡路島だ。

Ts3p0127 写真ではほとんどわからないけれど、体操をしているおじさんの向こうの海のその先にかすかに見えるた島影は、あとで地図を見てみたら、どうやら小豆島のようだ。

Ts3p0132_2 鳩がいたので、写してみようと近づこうとしたら、向こうからどんどんと近付いてきた。きっと、いつも餌をもらっていて、人を見ると寄ってくるのだろうけど、ヒッチコックの「鳥」みたいに少しだけ不気味だった。

結局、円山応挙の絵馬はどこかにしまってあるらしく、見ることはできなかったが、久しぶりに海の香りが気持ちの良いひと時だった。

|

« 別れ | トップページ | Gary Burton on YouTube »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明石住吉神社:

« 別れ | トップページ | Gary Burton on YouTube »