« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/30

「それ」って・・・

内田樹氏が普天間問題について「それ」のことを書いている。

読んでみると、なるほど、と思えるようだが、ちょっと考えてみると何か変だ。

「基地の県外移転」の主張が一気にトーンダウンしたのは鳩山首相が沖縄を訪れたあとの5月4日に記者団に対して述べた次の言葉がきっかけである。
「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」

「抑止力の実態」について、首相は沖縄で米軍当局者から直に聞かされたのである。
聞かされて「あ、『抑止力』って、そのことなのね。あ、それは政権取る前は知るはずがないわ・・・」とびっくりしたのである。

鳩山氏が首相になったのは去年の9月だ。それから普天間の問題がふらふらしたのは周知のことだが、その間、アメリカはあれだけすったもんだしたにも拘らず、鳩山首相が5月に沖縄に来るまで「それ」のことを内緒にしていたのだろうか? 沖縄に来なければ、内緒のままだったのだろうか? 駐日大使は何をしていたのだろうか?

政府の一部と外務省の一部と自衛隊の一部だけがそのことを知っている。
「それ」についての「密約」が存在するということはもう私たちはみんな知っている。
私たちが知らされていないのは「密約」の範囲がどこまで及ぶかということだけである。

このような重大な問題について、ここに至るまで首相が知らされていないものだろうか。

内田という人は、自分がよく知らないことでも、ろくに根拠もない想像をして書くというウワサがネットでも見られる。内田Blogは、教育などに関してはさすがに素晴らしい内容だと思うが、それ以外のことは疑ってかからないと、トンデモな目にあいかねない。

大学の先生ならば、なるべく多くの資料を調べて、出来る限り原典に当たり、ウラを十分に取ってから発言するということは常識ではないかと思うのだが、この人にとっては自分の思い込みがすべてのようである。

以前に取り上げた「マンガ脳」でもそうだが、こうした問題をしたり顔で平気で書くのは困ったものである。

自分自身の影響力をもう少し考えて、根拠のない勝手な思い込みを書くのは自重してもらいたいものだ。実際、内田Blogの「それ」を読んで「慧眼だ」などと納得している書き込みが見られる。

内田氏は鳩山首相と個人的に面識があるようだし、「名宰相になるかも」なんて書いた手前、何とか首相をかばいたいのではないかと勘繰ることもできる。

TVに出てくる鳩山首相を見ていると、どこも見ていないような目つきが気味悪いが、この人も根拠のないことを平気で安請け合いする人だと思う。オバマ大統領との会談で「トラスト・ミー」といったという報道を聞いてこいつは駄目だと思った。

現在の「抑止力」について、内田氏はあまり考えていないのではないかと思う。村上龍氏がRVRで「自衛隊をバカにするな」、と言っている。(RVRはいつも鋭い意見が聞けるが、前振りが長いのが玉に瑕だ)

RVR 自衛隊をバカにするな
首相は「米軍の抑止力」というが、それなら自衛隊は何のために存在するのか

村上氏の方がはるかに事実関係、資料などを調べているし、慧眼の持ち主だ。

参考資料
- 週刊オブイェクト
- 沖縄にあった核兵器
- 日本と韓国の軍事力の比較
- RVR 名護市長選と普天間基地問題
- RVR リミット! 普天間基地移設問題

関連エントリー
- マンガ脳について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

3D Sound - It's Raining

3Dサウンドを調べたら、「立体音響を楽しもう」というサイトを見つけた。

バイノーラル録音という方法で簡単にできるようなのだけれど、要するに耳に聞こえる状態で録音するために、耳の位置にマイクを置いて録音するということだ。

そういえば、いつも使っているレコーダー、SONYのPCM-D50はマイクの向きを左右別々に変えることが出来るのだから、左右を外側に逆方向にすれば、バイノーラル録音に近い状態になりそうだと気がついた。

そこで今日の雨の音を、いつもの状態、つまり左右のマイクを45度の角度で向き合わせた状態と、ほぼ反対方向の状態の二種類を録音してみた。

St_2 まず、45度向き合いだが、なぜこの向きでいつも録音しているかというと、説明書にこれが一般的と書いてあったからだと思う。理由は忘れた。

スピーカーではなく、ヘッドフォンで聞いてください。

「100523_00.mp3」をダウンロード

3d 次に外側反対向き。

「100523_01.mp3」をダウンロード

どうですかね。これが立体音響といえるほどのサンプルではないですが、確かに外向きの方が音の広がりを感じますね。「マイクの向きが外向き方向だからだろう」と言われればその通りなのかもしれませんが。

参考
- 立体音響 Wikipedia
- ホロフォニクス Wikipedia
- バイノーラル録音 Wikipedia

関連エントリー
- 3D Sound

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/22

3D Sound

3D映画がもてはやされているが、3Dサウンドというものがある。Holophonic Sound立体音響ともいうらしいが、ずいぶん以前からあったらしい。

僕は今回が初めてだったので家内に面白いからと聞かせたら、彼女は「アリバシティー」にあった、3Dサウンドお化け屋敷で体験済みだった。

アリバシティーというのは、かつて神戸市西区の西新南にあった、いつも閑古鳥が鳴いていた遊園地だ。5年間限定開園だったらしいが、アトラクションは意外と充実していて、小学生なら十分に楽しめるにもかかわらず、立地条件が悪かったのか、ほとんど客がいなかった。だから、乗り放題チケットを買えば、すべて並ばずに、独占的に何度でも楽しめるという素晴らしい遊園地で、ちょうど我が家もお子たちが小学生以下ばかりの頃だったので何度か遊びに行った。

・・・という話は置いといて、では、いくつかを体験してください。

スピーカーではなく、ヘッドフォンで目を閉じて聴いてください。

まずは、Old Time Song
「SileypudLoud.mp3」をダウンロード

これはマリンバ合奏によるVivaldi
「VivaldiLoud.mp3」をダウンロード

コンサート会場にいるような臨場感がありますね。

ちょっとユーモラスな臨場感あふれる散髪屋さん。
 (1MBに収めるために適当にカットしてあります)
「virtualhaircut3.mp3」をダウンロード

ちょっと色っぽいささやき
「InvitationLoud.mp3」をダウンロード

音源は、Psychedelic Blogから。もっと色々な音源と、散髪屋さん全編があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/16

飛行機雲

我が家の辺りは台地になっていて、北側にある小さな川をわたると田畑ばかりで空がすごく広い。

そこから見る夕陽はなかなかと絶景なので、家内と夕方に犬の散歩がてらに夕陽を見に行った。

Ts3p0336 今日は西の方が少し曇っていて夕陽はもう一つだったけれど、雲がほとんどない空に、東の方から一本、飛行機雲が切れ目なくやってきた。

Ts3p0346 このまま行くと、東から西まで空いっぱいになりそうだ。

ぐんぐん、ぐんぐんとのびていく。

夕陽が沈む西の空、反射して光るなが~い筋の斜め上から、もう一本、短い飛行機雲が見えるね。

Ts3p0349 空いっぱいだなぁ、と思って東を振りかえったら、

もう一本、のびてきた。

これもぐんぐん、ぐんぐん、のびそうだ。

空いっぱいに飛行機雲が二本、のびるぞ。

Ts3p0354 Ts3p0355_2 のびるの、のびる、

と思っていたら、また一本やってきた。

すごいぞ、こんなことはめったにないぞ。

空いっぱいに飛行機雲が、並んで三本だ。

でもこれで終わりじゃなかった。

Ts3p0362 四本目がやってきた。

 

Ts3p0366_2 でも四本目は、ずっと短いね。

もうすっかり広がってきた一本目の雲の下に

チェシャ猫が残した笑いのような三日月が出ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー2010

この金曜日に仕事で、静岡ホビーショーに行ってきた。

Ts3p0287 ホビーといっても幅が広いが、このショーはプラモデルを中心にしたややマニア向けの模型のショーで、木、金は業者向け、土、日は一般なので、昨日、今日は多分、すごい人出だろう。特に高速が土日祝1000円になってからは首都圏からの人が増えたそうだ。

静岡には浜松という楽器のメッカがあるけれど、静岡市は模型メーカーのメッカだそうで、だから静岡市は模型の街として売り出し中ということだ。

模型の見本市としては日本最大、といっても左上の画像にあと半分程度の会場なので、見本市としてはそれほど大きなものではない。ただ、業者対称日なので人でもそれほどではないが、土日の一般日には7万人くらいがこの狭い会場に押し掛けて危険なほどになりつつあり、関係者によると、静岡市に対し、会場を何とかしろ、さもなくばビッグサイトに行くぞと脅しをかけているらしい(関係者って誰だ?)。

でもさすがに模型メーカーだけあって、どのブースもすごくデザインがよい。

プラモデルというと、僕が小学生の低学年頃に出てきて戦後復興とともに一気にブームになったと記憶している。マルサン提供のTV番組で育ったクチだ。ちなみに「プラモデル」は登録商標らしい。

当時は現在とは逆で、日本製はあまり精度がよくないものが多くアメリカ製の方がよかった。僕も一つだけ、Ravel社の原潜ノーチラス号を買った覚えがある。

Ts3p0281 いくつかのメーカーがその後出てきたけれど、中でも抜きんでていたのがタミヤだった。他のメーカーより少し高めだけれど精度が高く、また細部まで再現されて完成度が高いため、一気にトップブランドになった。特に戦車、装甲車の類に特徴があったと思う。

Ts3p0308 模型を作らせたら天才肌の友人がいて、彼は買ってきたそのままに作るのではなく、そこにさらに色々な部品を組み合わせてしまう特技を持っていた。覚えているのは、学校教材で使ったバネを装甲車の車輪のスプリングに組み込んで駆動系を確保しつつクッションにしてしまったことだ。あるいはマッチ箱シリーズは飛行機だったけれど、それと類似した小さな戦車シリーズを人から借りてきて、それを厚紙で再現していた上級生もいた。僕も試してみたけれど、全然うまくいかなかった。

Ts3p0294 中学に入った辺りからだんだんと音楽の方に興味が移ったので、模型はほとんど買わなくなった。中二の時に神戸に移ってからは全く買うことがなかったけれど、一度、お年玉でRavel社のサターンロケットを買おうと思ったら、兄から無駄遣いするなとか言われてやめてしまった。それはまだ月面着陸前のモデルだったけれど、左写真のロケットは月面着陸船を内蔵したモデルで、ずっと大型だ。

Ts3p0312 最後に買ったのは、高校一年生の時、夏休みに名古屋の親せきの家に1週間ほど泊まりで行ったときに久しぶりに天才肌の友人と再会し、ついつい勢いで買ったタミヤのレーシングカーだ。途中まで友人宅で作った後、神戸まで持ち帰ったものの、それっきり完成を見ずにどこかに行ってしまった。

Ts3p0292 これはアオシマのブース。模型ではなくて、本物のランボルギーニカウンタックである。Ts3p0293_3

模型と本物を並べるとは豪勢だねぇ。

 

Ts3p0296 鉄道模型は単体ではなくてジオラマにするのが一般的のようで、それはまた専門のショーがあるようだ。

 

Ts3p0323 ガンダムも根強い人気のようだけれど、この世界は僕はよく知らない。

こうした見本市では商標権の関係から撮影禁止が一般的だけれど、この見本市ではどんどん写真を撮って宣伝してください、という雰囲気なのでそこら中で模型を接写している人の姿をみかけた。でも僕の画像はすべて携帯電話であります。

会場全体が今まで経験した業界見本市の中では、一番若々しくて楽しい雰囲気だったのは、きっと出展者自身が子供の心をいつまでも持っているからなのだろうと思いつつ、帰路についたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

平島謙二ギターコンサート

今日、5月3日は憲法記念日だけれど、同時に学生時代にクラシックギターを習った平島先生のコンサートでもあった。

Guitar_concert2010 昨年に続き、招待状をいただいたので家内と西宮北口にある兵庫県立文化芸術センター・神戸女学院小ホールでのコンサートを聴きに行った。

演目は右画像の通り。

Guitar2010 前半はフルート、およびギターとのデュエット、後半は先生のソロ。

昨年のコンサートに伺った後、ギターのリハビリをしなければとここで書いたのだけれど、結局、それっきりになってしまっていた。今年こそは・・・・。

最近は「のだめカンタービレ」でクラシックを再認識したようなしないような・・・状態なので何とか続けたいものだ・・・。

ヴィブラフォンも少しずつとはいえリハビリして、技術的には多分、学生時代よりは上達したと思うのだから、ギターも少しずつでも何とかなるはず・・・・(今日はやたらと・・・が多い)。

ヴィブラフォンはジャズから入ったからか、楽譜通りに弾くのがとても苦手なのだが、逆にギターはクラシックばかりやっていたので、ジャズが出来ない。だから相互補完で・・・。

クラシックで一音一音を大事に、全体の構成を考えながら弾くということをしたのは、実は学生時代に平島先生に習ったのが初めてで、それまではかなりいい加減だった。一方でヴィブラフォンはジャズから入ったためか、どうもそういう弾きかたがなかなかできない。

前々回にアップしたヴィブラフォンの即興(適当ともいう・・・、というよりは偶然の産物というべき)は楽しいけれど、どうしてもいい加減で独りよがりでしかないけれど、クラシックは既に完成された音楽となるべき楽譜を、アナライズして完成に近づけなければならない。そういう作業というか練習も音楽をする上では、音楽の種類(ジャンル)に限らず必要ではないかと思う。

とはいえ、そう簡単には行かないけれどね、まぁ、ボチボチとスケールとか半音階を進めようと・・・点ばかりだ・・・。

さて、ギターコンサートは、前半のデュエットもよかったけれど、やはり真髄は後半の先生のソロだった。クラシックギターはかつては自分なりにはそこそこ弾けるという、過去形の自信がなきにしもあらずだったけれど、やはりアマチュアとプロの間には大きな谷間があるのだねぇ、ということを実感したコンサート後半でした。

終了後は、後の用事があったりしたので、先生にはごく簡単なご挨拶しかせずに失礼してしまい、申し訳ないことでした。家内からは、きちんと紹介してくれなかったと、後で怒られたし・・・(汗。

  ************

Nodame16 ところで「のだめ」第16巻の表紙はマリンバ。

ヴィブラフォンのときに比べればずいぶんきちんと描いてあるではないか・・・表紙だからか、それとも誰かからヴィブラフォンがおかしいと指摘されたからか、でもまだ微妙に変だけど、作者はメカニックな描写が苦手なのだろうか。

関連エントリー
- Concerto di Chitarra
- What happens will happen

(・・・去年、始めようとしていたイタリア語、韓国語もそれっきり、Lang8も最近は読んでない・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

あ~らら・・・、

機嫌よく「のだめカンタービレ」第6巻を読んでいたが・・・

おい、作者、これはいかんぞ!

Vibb

ヴィブラフォンのバーをいい加減に描くんぢゃない!!!(怒、・・・((苦笑

Vibbbb_2

派生音の間を塗りつぶしているのは、まぁ、許せるとしても、派生音はきちんと基音の間に、それからバーの幅も派生音も含めて低音から高音へ徐々に狭くしましょうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocologの再生ソフトがショボい?

「のだめカンタービレ」は現在、第6巻。

アニメのだめも悪くないと思ったのがどの時点だったか、第5巻で思い出した。

学園祭でSオケがピアニカとオケでGershwinの"Rhapsody in Blue"を演奏するのだけれど、まさしくピアニカで見事に演奏していたからだ。Youtubeに静止画だけど音源があったので埋め込み。この音源がアニメ版なのか実写版なのかはわかりませんが。

さて、長らくジャズばかり聴いてヴィブラフォンしか弾いていなかったのだけれど、のだめを読んでいるとクラシックもまたいいかも。

といいつつ、ヴィブラフォン音源をウぷぷしようと思ったのだが、とにかく1MBという制限があるので、WavePadでカットしてBitrateを下げて、としてもどうもアップすると音が割れてしまう。同じファイルをWINAMPで再生してもこんなに音が割れたりなしないので、どうもこれはCocologの再生ソフトがショボいと結論せざるを得ないようだ。

これはいつもは閉じている共鳴管を開いて、即興(適当ともいう)で弾いたもの。二度とは弾けない(・・・弾くほどの価値はないが)。プロは即興でも何を弾いたか覚えていないといけないと赤松氏がBlogに書かれていたけど、ワタシはアマ甘ですから・・・

「100429_01e.mp3」をダウンロード

未だにBurtonモデルマレットの柄が当たるグリップノイズが消せていない。

  *********

さて、僕がクラシックというとギターしかないわけで、久しぶりに弾いてみたものの、10分も弾いただけで左手が・・・。

これは、Villa-Lobosの、えーと、前奏曲第一番だったけか?あ、違った、練習曲第一番だけど、すぐに挫折した。こちらは音は割れなかったから、やっぱりヴィブラフォンの音というのは再生も難しいのかも。

「100501_01a.mp3」をダウンロード

音は割れなかったけれど、アルペジオのバランスが全然ダメだし、爪が振動している弦に当たって雑音が出ている。

ヴィブラフォンに比べると音質がよくないのは、楽器があんまり良くないから、と言い訳しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »