« 大阪国際美術館 | トップページ | Composition »

2010/06/27

芦屋市立美術博物館

6月17日、大阪国際美術館から続いて芦屋市立美術博物館に向かう。

とても暑い日だったが、最近の蒸し暑さに比べればまだまだ過ごしやすかったと思う。

大阪国際美術館を出て暑い中を肥後橋まで歩き、梅田から阪神電車で芦屋に向かう。

阪神の駅は何となくレトロといえばいえる、古い駅そのままのところが多いようだ。芦屋駅も部分的には改修しているのだろうが、何となく高度成長期のままのような駅だった。

駅から芦屋川沿いに海に向かって歩く。アクセス案内には徒歩15分とあるので気楽に考えていたが、大阪の美術館で歩き回った後の暑さの中では結構堪える。

川沿いに大きな松が並び、ところどころに大きな家が見え、かつての芦屋の裕福な時代を感じさせるが、その中にマンションなども見え、時代はすっかり変わっているのだろう。

途中にテニスコートがあった。テニスを楽しんでいるのは中年以上の女性や退職後の男性と思われる人たちだったが、芦屋の金持ちというよりはごく普通のおばさん、おじさんにしか見えなかった。本当の金持ちはこんなところには来ないのだろう。

学生のころは阪急芦屋川からハーフノート(ジャズ喫茶)やルナホールまではよく来たが、ここまで海に近いところには来たことがなかった。もう海が見えてきたところで東に回ってさら歩くとやっと美術博物館にたどりついた。

Asiya 開館は5時まで、到着はとうに4時を過ぎていたが、暑い中をここまで来たのだからとにかく見て帰らないと何のために来たのかわからない。

目的は、ハイチ出身でアメリカで美術を学び、現在は大阪在住のH.R.マシュー氏の「ハイチ地震復興支援企画 ヒューズ・ロジャー・マシュー展」だ。(展示は既に終了)

彼とは以前、一緒に仕事をしたことがあるので、その関係で案内をいただいていた。彼は画家としては珍しいと思うのだが、ビジネス感覚に優れ、各所で活躍している。本当は翌日に来れば公開制作をしているはずだったのだが、仕事の都合で一日ずれてしまった。

アクリル絵具を中心に鉛筆や金など、色々な材料を組み合わせた作品で、浮世絵を現代風に再構築した一連の作品が中心だ。原色といっても比較的淡泊で平面的な着彩である浮世絵を、立体的に濃厚に飾り付けた、和洋折衷の逆バージョンのような作風である。オフィシャルサイトは商業空間の壁画などが主だが、展示はほとんどがこちらのような浮世絵を題材にしている。小さい画面が常識の浮世絵風に小さな作品もあるが、明らかに壁画を意識したと思われる大きくダイナミックな作品が印象に残った。

続いて併催の「モダニズムの光華 芦屋カメラクラブ」を見る。

写真作品といっても現在のものではなく、戦前、1930年代の関西を中心に活躍した写真家たちの作品である。美術館の案内はすでになくなっているが、紹介記事がInternet Museumにあったので、詳しくはそちらを読んでいただいた方がよいだろう。

作品の多くは現存するガラス乾板から現像しなおしたもののようだが、いわゆるセピアがかった白黒写真で、被写体をそのままに写したというよりはトリックのような写真も多かった。

トリック作品はどうやって撮影したのかと思っていたが、展示してあったガラス乾板から見ると何枚かのネガを重ねて現像しているようだった。このような画像は今ならCGで簡単にできるのだろうが、そうした仮想技術ではなくアナログ技術を駆使して現実をいかに工夫して非現実を現わそうかと奮闘した人たちの情熱と魂が感じられた。

何とか閉館までに見終わることが出来たところで外に出ると、美術館の庭では上の写真で何となくわかるように、どうやら近所の子供連れの奥様たちが談笑しており、ちょっとしたサロンのようだ。

帰路をまた歩いて帰る気力はなかったので、バスでJR芦屋まで帰ったのだった。

関連エントリー
- 大阪国際美術館
- 明石城公園

|

« 大阪国際美術館 | トップページ | Composition »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋市立美術博物館:

« 大阪国際美術館 | トップページ | Composition »