« カルカッシ教則本 | トップページ | There will neber be another you »

2010/09/20

ポスト・フュージョン・ヴァイオリン

音楽ネタばかりだけれど、Facebookつながりで紹介されていたヴァイオリンのKatica IllynyiによるFour Brothers。一緒に弾いている男性はCsaba Illynyiということだから、兄弟か旦那か?

こちらは珍しく(かな?)チェロの入った、Libertango。本当はこちらがFacebookで紹介されていた。チェロがAniko Illynyiということだから、音楽姉妹兄弟一家・・・ということかな?

最近かどうか、注目らしいハンガリア出身、ジャズ、クラシック、その他色々とこなすポスト・フュージョン(?・・・よくわからん)のヴァイオリニストらしいです。横長でBlog画面に収まりきらないので、全画面をご覧になりたい場合は再生中に画面をクリックするとYouTubeサイトに飛びます。

以上、これだけ。

|

« カルカッシ教則本 | トップページ | There will neber be another you »

コメント

バイオリンは、そもそもチューニングが出来ない。あんなペグでなぜチューニングが出来るのか不思議でたまらん。

いろいろいじくっているうちに、弦が切れてしまった。あ~ぁ。張り変える気力もなく放置しています。

投稿: Picks Clicks | 2010/09/21 00:02

バイオリンもトライしたんですか。意欲的ですね。

バイオリンを弾こうという気はないですが、チェロにはちょっと興味があります。もっと気になるのはハープですけど、なんだか弦楽器ばかりですね。

バイオリンの曲もヴィブラフォンでは音域的にはぴったりなんですけど、難しい曲が多い。

投稿: taki | 2010/09/21 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスト・フュージョン・ヴァイオリン:

« カルカッシ教則本 | トップページ | There will neber be another you »