« アルゼンチンのGarrahandさん | トップページ | New Cinema Paradise テーマ »

2011/01/21

Nuovo Cinema Paradiso

音楽ネタ続き。

何といってもラストシーンで、主人公と一緒にやられた!と思ってしまう、いかにもイタリアらしい(多分)洒落た映画のテーマを、村治佳織さんが弾いている。でも再生に制限があるので、その場合はクリックしてYouTubeに飛んでください。

 

過去にこの人の演奏はあまり好きではないようなことを書いたことがあるが、こういう映像で演奏を見て聴いてしまうとファンにならざるを得ないなぁ。楽譜は売ってるのかな・・・ある程度はコピー出来そうな気がするが、気がすると出来るとの間には大きな谷が・・・、とかなんとか。

ついでといっては失礼だけれど、Pat Metheneyも弾いていた。でも、この人のアコースティックは、どうもシャリシャリという爪の擦れる音が気になってしまうのだ。

PS:村治さんの演奏はプロモーションビデオだったようで一定期間後には削除されていましたが、別にアップされていた映像をみつけたので差し替えました(ちょっと画質は落ちますが)。

|

« アルゼンチンのGarrahandさん | トップページ | New Cinema Paradise テーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nuovo Cinema Paradiso:

« アルゼンチンのGarrahandさん | トップページ | New Cinema Paradise テーマ »