« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/27

Harmonica and Vibes

久しぶりにきたFacebookのフレンドリクエスト、Hendrik Muerkens氏はドイツ生まれ、NY在住で、ちょっと珍しい組合せと思うが、ヴィブラフォンとハーモニカの奏者。

パーカーフレーズというのは、僕はあまり知らないんだけれど、Muerkens氏はハーモニカでパーカーフレーズをマスターし、またブラジルに招かれてブラジル音楽にもどっぷりとつかったそうだ。

YouTubeにはハーモニカの演奏映像はたくさんあるけれど、ヴィブラフォンはあまりなくて、おまけに音質が今一つなのが残念だ。

Musserのヴィブラフォンが小さく見えることからわかるように、ジャズ界でも屈指の長身らしい。スタイルはCal Tjaderタイプの人かな、いや、よく分からんけど。

最後は、多分、パーカーフレーズが聴けるんだろうけれど、おなじみの It could happen to you。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/25

La nave della speranza

La nave della speranza ...Facebookから。

イタリア語ですが、英語に訳すと、The Ship of The Hope、願いと祈りをこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/21

シーベルトって作曲家じゃないんだ

菊池先生のブログ kikulogのコメント欄から。

なんでこんなタイムリーな画像が出てるんだろう? あ、そうか、画面と字幕は関係ないんだ。巧みだね。

僕もあんまりよく考えずにニュースを見ていたなぁ。

---2010.3.22---
あ、翌日には削除されてしまった。シーベルトをユーモラスに分かりやすく解説していたのに残念。ようするに時間当りの被爆量と、被爆の蓄積量を、区別しないとダメということです。NHKはシーベルト毎時と表示してましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風評被害

先日ご紹介した、福島空港副社長さんのブログで、いわき市での風評被害について書かれています。昨日のNHKニュースでも同じような内容が放送されていました。

緊急のお願いです。
福島空港情報です。その26
緊急のお願いです。その2

新聞には国によって避難範囲が異なること、諸外国が100キロ前後の圏内からの退避を勧告していることなどが書かれていましたが、そういうこともあって風評被害に拍車をかけているようでもあります。

ネットでも色々なことを書く人がいて、助長されやすい時代になっていますが、何とか必要な物資を届けていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/20

16音・音階の謎

ちょっと気分を変えましょう。

以前にPICKS-CLICKSさんが、現在流布している12音・音階以外の音階を話題にされていたと思いますが、その時に、それより以前に何かの縁で見つけていた16音・音階とか色々と研究されたサイトをご紹介しようと思いつつも、どこにあったのか分からなくなっていたのを、何故か会社のメーラーの過去ログから見つけたので、それをPICKS-CLICKSさんにご紹介したついでに、自分のブログでもご紹介しようと・・・あ~、ダラダラした文章だ。

 「16(+1)音音階の研究」
あるいは新平均律のこころみ

勝手にDLした音源をご紹介します。ちょっと愉快なものを(アップロードファイル制限から勝手にビットレートを落しています)。

「String4s.mp3」をダウンロード

「へっへっへ...」と嘲笑するベースパターンはじつは16音平均律を忠実に下降しているものです.メロディに多用したのは 0,1,2,...,15 の16音のうち,0,1,4,7,10,11,14です.
(原本の解説)

ということで、他にもアップしようかと思ったけれど、うーむ、興味のある方は上のリンク先をご参照ください。

タイトルの「謎」は別に意味はありません。まぁ、僕にとっては理論は分からないので謎といえるんですが、何となく思わせぶりにく響くでしょ。

ま、僕は12音・音階でいいや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/19

福島空港

偶然見つけた、福島空港副社長さんのblog。

副社長の青色吐息

この非常事態の中、機能を失わずに多くの旅客を受け入れ、寝食を忘れて務めを果たしつつも、的確な情報をこまめに出されています。多くの人たちが助けられたようです。

Header

今はやや落ち着きを取り戻してきているようですが、激務の間に一日に何度も情報を発信され、刻々の状況が手に取るように分かります。

僕の会社でも米沢に出張中に被災して足止めされていた営業部員が、昨日、福島空港経由で帰ってきました。どうもお世話になりました。

原発の状況はどうなるのか分からない不安は仕方がありませんが、未曾有の状況に素人がどうこういうものではありません。命がけで取り組んでいる専門家の方々を信頼し、任せるしかないと思います。

関西は平和です。電池や水が売り切れたりはしているようですが、ガソリンスタンドに並ぶ車はありません。帰路の通勤電車で、USJで遊んできたお土産袋をもったカップルの姿が象徴的でした。でもディズニーランドも来週からは再開するらしい。

兵庫県や大阪府など、被災者受け入れの準備を始めています。僕ができるのは、とりあえず義援金、でもどこにしたらよいのか分からないので、Niftyのサイトからにしました。信用してもよいだろうし、カードで簡単だったから。

・誰もフォローしないし、誰からもフォローされない、Twitterメモ、カッコ内は捕捉

被災地で治安が悪化しているという。窃盗や自警団をよそおって物資をだましとったり、半分おどしのようにして店から商品を買い占めたりするらしい。彼らの行為は犯罪とはいえ極限状態で身を守るための手段だろうが、許せないのは、安全なところで義援金サギをする奴らだ。買い占めるのもよくない。
(被災地での犯罪ももちろん、許されるものではない)

石原知事が発言撤回、謝罪。「年金をだましとるのは日本人くらい、津波は天罰、犠牲者はかわいそう」などと発言したらしいが、この程度の人だったのか。自分も日本人だろうし、被災者も日本人だ。被災者だけが別格の日本人などという論は成り立たない。「かわいそう」という言葉が白々しい。
(石原知事も、一部の人間の行為を取り上げて「日本人というのは・・・」と、あたかも自分は日本人ではないような顔をして日本人を批判する日本人だった。成り立たない論・・・被災は日本人だから天罰ということになってしまい、かわいそうというのは矛盾する・・・菊池先生の言葉を借りれば、論理が破綻しています。言葉を職業とする小説家としては情けない。取り消し、謝罪は当然だ。)

放射能は放射線を出す性質、能力のことだから、放射能が漏れるというのは本当は正しくない。ただこうした使い方が一般的になってしまった以上、これを誤用と息巻いても仕方がない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/13

平成23年東北地方太平洋沖地震

何を書いたらよいか、書くべきなのか、分からないまま時間が過ぎるが、何か記録しておきたい。

すでに確認された亡くなられた方は1000人を超え、不明者は1万を超える。宮城県警は最終的に死者1万人を超えることを覚悟しなければならないとしている。

16年前の阪神淡路大震災と比べ、地震そのものもはるかに大きいが、地震直後の津波があまりに早く強大で、被害が非常に広域に渡ってしまっている。膨大な海水が高速で流れてくる時の圧力のすごさがいかなるものか。ただひたすら流れ押してくる水のいかに不気味なことか。

阪神淡路の震災では、基本的には被害が阪神間に集中していたし、津波はほとんどなかった。そして大阪や加古川といった東西、あるいは北の三田など、無傷で強力なバックアップが目と鼻の先の、それこそ歩いてでも行ける距離にあったが、今回の被災地ではそのようなバックアップがどこまで期待できるのだろうか。被災地が南北広域にわたり、機能のある都市自体も甚大な被害を受けている上に、複雑な地形ゆえにアクセスができず状況も把握できない地域が多くある。

我が家は阪神淡路の震災でもほとんど被害は受けてはいないが、それでも何度も被災地との間を往復したり、ガスや水道が1カ月以上止まったままだったりという経験と、東北地方の被害状況からすると、1週間、1カ月と、これから先の被災者の方々の生活は神戸の比ではないように思われる。ただただ僕の予想がはずれることを祈るばかりだ。

迅速な救助はもちろんだが、何とか必要な情報が伝わりコミュニケーションが復活するとともに、必要な物資が届けられることをお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/06

Supper Time

前回のタイトルは、最初はFriday Night Italian Supper Timeだったのだけれど、supperというのはあまり使わないし、dinnerとの区別も曖昧だったので、Dinner Timeに書き換えたのだった。

supperとdinnerの違いは、多分supperの方が軽い食事で、dinnerの方が豪華なのではないか、ただ、今ではdinnerの方がよく使われるということだろうとと思うのだが、どうなんだろうとネット検索してみたら、まぁ、それほど間違ってはいなかったようだ。

こちらは、アメリカ在住らしい方の解説。

「17歳の肖像」に学ぶ英語 supper と dinner

こちらは辞書から解説。

dinner と supperの違いって

ほぼ同じ内容だ。まぁ、解説はリンク先にお任せするとして、前回のタイトルを最初にSupper Timeとしたのは、スタンダードナンバーの"Suppertime/Irving Berlin"が頭にあったからだけれど、僕はたまたまこの曲の入ったアルバムを二つ持っている。

41xny84rg0l__aa240_ My Corner of the Sky/Caecilie Norby (1996)

何でこのアルバムを買ったのかよく覚えていないのだけれど、多分、パソ通時代のジャズフォーラムで話題になったか何かだと思う。デンマークの歌手で、バックもその辺りの人らしい名前ばかりだが、Michael Brecker(ts)が入っている曲もあるし、ポップな曲も入っている。詳しくはこちら(関心空間)。

「supper_time_cn.mp3」をダウンロード

Nancy もうひとつはずっと古くて、学生の時にLPで買ったBut Beautiful/Nancy Wilson (1969)で、メンバーも一流どころだ。
  Hank Jones(p), Geno Bertanchini(g), Ron Carter(b), Grady Tate(ds)

「05_supper_time.mp3」をダウンロード

Caecilie Norbyを最初に聴いたとき、言っては悪いが、Nancy Wilsonのソックリさんかと思った。こうして聴き比べてみても、かなりNancy Wilsonの影響を受けているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

特にこの曲に関しては同じようにベースをバックにして歌いだしているところなどそのままで、意識的にしているのではないかとさえ思える・・・当然、Nancy Wilsonのアルバムの方がずっと古いし、Nancyさんの代表作といわれているくらいだからCaesiliaさんは知っていたはずと考えるのが妥当だと思う。ただ、やはり格が違うねぇ。しかし録音が、1969年と1996年というのは偶然だろうけど面白い。

この歌の背景は知らないけれど歌詞はずいぶんと悲しい歌だ。

も一つ、But BeautifulのCDは、同じアマゾンで新品なのに、リンク先によって\3,378と\999と全然値段が違うのはなぜだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »