« Solo de Surdo (Percussão) - Paulinho do Surdo | トップページ | Bodhran / Irish Frame Drum »

2011/05/11

Hollywood的驚悚片

色んな国のFacebookフレンドができて、ホームでは英語以外の言葉をたくさんみるけれど、当然、全然分からない。そこで興味のある場合はGoogle翻訳を使ってみている。

機械翻訳は原則使わない主義だけれど、といっても英語に限られるわけで、それ以外になるとお手上げだから仕方がないが、しかし結構役に立つ。

特に何語かわからない時は「言語を検出」タブにしてやると、それを書いた人がどこの国かも分かったりするので、何となく世界が広がる気がして楽しい。スペイン語だと国が多くて分からないときもあるけど。

実に多くの言語が無料で翻訳できるなんてのは、ひと昔前では考えられないことだ。20年くらい前だったか、会社の貿易部門(というほどではなくて一人しかいないけど)で英語-日本語の翻訳機をリースしていたことがあったけれど、確か値段は200万円以上していて、使いにくかったし、なおかつひどい訳だった。

さて、この画像は英語なんだけれど、中国の人が紹介していて、中国語(繁体)のサブタイトルがついている。僕はホラーものは好きではないんだけれど、まぁ、これはパロディーだからね。それに言葉が分からなくてもこれはあまり関係ない内容だし。

 

要するに洗濯の柔軟剤のCMのはずが・・・・ということだ。この画像を紹介した人が中国語でコメントをしているのを、Google翻訳で訳してみた。

其實這種Hollywood的驚悚片只要3分鐘就演完了,但是卻可以不斷的用不同形式上映

実際にはハリウッドのこのスリラー限り、3としてプレイリリースの異なるフォームを使用し続けることができます。

In fact, this Hollywood thriller played out as long as 3 minutes, but can continue to use different forms of release.

日本語にはうまく訳せないみたいだが、英語はずっとましだ。大体どこの言語でも英語にはかなりうまく訳せている。とくにヨーロッパの言葉だとかなり自然になる。しかし日本語だと英語からでもかなり不自然な訳にしかならない。

今まで訳してみた言語はスペイン語が一番多いんだけど、それ以外ではフランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、マケドニア語、インドネシア語、マレーシア語、中国語、オランダ語、カタロニア語・・・、そんなとこかな。

次は字幕なしなんで分かりにくいところもあるけど、愛嬌があるね。

Foodについての会話で食べ物の名前はよく分からなかった。飼い主はいくつか食べ物のことをいうけれど、結局最後も猫にやっちゃったということで、なにももらえなかった哀れなワンコだ。

|

« Solo de Surdo (Percussão) - Paulinho do Surdo | トップページ | Bodhran / Irish Frame Drum »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood的驚悚片:

« Solo de Surdo (Percussão) - Paulinho do Surdo | トップページ | Bodhran / Irish Frame Drum »