« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/22

倉敷で雑知識 & 高橋由一作品 中野で発見

2009年7月、修復学会で倉敷出張したときに聞いた話などを書きかけでほったらかしていたのがあったので、そのまま投稿します。

*****************

絵画修復家には女性も多い。展示ブースに来てくださった女性修復家の方から聞いた話しだが、日本の絵画の修復ではアクセサリーとかちょっとでも尖ったもの、画面を傷つけるようなものは身につけてはいけないそうだ。日本画の画面は膠で顔料をくっつけているだけだから、弱いのは確かだと思う。しかし日本の油絵も画面が弱いものが多いのだそうだ。

補足:それに反して本場の油絵は丈夫にできていて、イタリアの女性修復家などはチャラチャラのアクセサリーや尖ったものでも身につけたままで平気で修復をするそうだ。

41v0marbqjl__ss500__3 その辺りのことは「油絵を解剖する/歌田眞介」に詳しく書かれている。この本の帯には「高橋由一の魅力と黒田清輝の不手際」とある。
現在の日本洋画の基礎を築いたといわれる黒田清輝だが、それは同時に形だけを取り入れた西洋絵画でもあったようである。

次の文は検索で見つけた、東京芸大のアーカイヴにあった歌田氏自身による本書紹介文である。

歌田眞介(名誉教授)
『油絵を解剖する』
油画科には、十五世紀以降のヨーロッパの油画技術情報があるに違いない、
と考えていたのが誤解であった。私の入学当時何も無かった。卒業後、絵画組
成研究室(現、油画技法・材料研)に助手(非)としてかかわっていた頃、先生方
の油画を修復する機会があった。乾燥剤の使用過多、溶き油に揮発性油しか
用いないなど、油画材料の性能の限界を越えた使い方をしていることがわかっ
た。
その頃、高橋由一展(神奈川県立近代美術館昭和39年)があり、数点の
洗浄を研究室の仲間と実施した。由一作品に技法的欠陥は無かった。時代が
降るにつれて技術が低下したのは何故か。明治初期、特に由一の技法はどん
なものだったか。先進国の文化受入にあたり先輩達の試行錯誤、すなわち、何
を入れ何を排除したか等々が研究テーマとなった。
本書は、幕末以来約130年の油画移入史のうち、技法や材料の扱い方を検
討してその問題点を明らかにしたいと願って書いた。
(2002年11月教官アーカイヴ展に寄せて)

続いては、本書にある著者の言葉:

旧派の絵は脂っぽくて古い感じがする。しかし、技術面から見ると油絵具の特色を生かした緻密な絵肌になっている。新派は明るく清新な作風だが、絵具の固着力は不充分である。黒田の先生であるラファエル・コラソの絵具は漆のように丈夫である。黒田の油絵はそれほど堅牢ではない。
石油系の弱い溶剤に一部溶けてしまうことがある。新派の連中は師の画風は真似ても技術面の研究はしてこなかったらしい。新旧両派の方法や考え方を高い次元で統一でぎると、すばらしい油絵がでぎるにちがいない。

旧派とは高橋由一など幕末から明治にかけて西洋絵画を学んだ人々のことであるが、本格的な西洋絵画技法を探求し非常に堅牢な画面の油絵を残している。

しかしその後、明治政府がフェノロサ-岡倉天心らの日本伝統絵画重視路線を採用したことにより洋画は美術界の中心から追い出されてしまう。

その洋画界の窮状を救ったのがフランスから帰国した黒田清輝だが、しかしそこでは歌田氏が指摘するように、高橋由一らが培ってきた材料や技法の探究心は軽視され、規則に縛られない自由な描写をよしとする風潮がそのまま現在まで続くことになる。

その頃の状況を森鴎外が嘆いた文が残されているとか、旧派は伝統的な日本画の学習法である模写を取り入れ画力を磨いたが、新派は模写を否定し手順による描画を嫌う。

*************

・・・と、ここまで書いてあったところで、高橋由一を検索してみたら、何とつい最近に長野県中野市で高橋由一の作品が発見されたと発表があったそうだ。何とも奇遇だ。

 信濃毎日新聞 5月19日(木)

日本で最初の本格的洋画家 高橋由一作品 中野で発見

Takahasi 中野市で発見された高橋由一作の油彩画(中野市教委提供)

「鮭」などの代表作で知られ、日本で最初の本格的な洋画家とされる高橋由一(ゆいち)(1828~94年)が描いた油彩の肖像画が中野市内で新たに見つかったと、同市教育委員会が18日、会見で明らかにした。北信濃の豪農として知られた同市江部の「山田家」当主を描いた作品で、制作過程などを記した山田家側の日記や書状もあり、絵と合わせて黎明(れいめい)期の日本洋画史を研究する上で貴重な資料といえそうだ。

(詳細は信濃毎日リンク先を参照ください)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/21

Chick Corea Gary Burton Vibraphone Duet

YouTubeばっかですが、これは是非記録しておきたい映像。

4本マレットのゲーリーバートンがめずらしく二本マレットで弾いていますが、それ以上にめずらしいかもしれないチックコリアとのヴィブラフォンデュオであります。

チックコリアのヴィブラフォンも大したもんですが、バートンの二本マレットでのソロ、二本でここまでできるんですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/14

Bodhran / Irish Frame Drum

パーカッション第二弾は、アイルランドの民族楽器、Bodhran

ボドランではなくて、バウロンとかボーランとよむらしく、タール(フレームドラム)という部類だそうで、タンブリンの先祖になるらしい。

こちらのデモでは左手で裏側からミュートしたり音程を変えたりする効果がよく分かる。でも裏側は見えない。

アイリッシュの現代風な演奏は、アイルランド出身のグループ、The Corrsでお楽しみください。左手の動きも少し見えます。

3姉妹と兄という音楽兄妹グループだそう、で、、、これ以外の映像は普通のポップ風でそれほど面白くはなかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/11

Hollywood的驚悚片

色んな国のFacebookフレンドができて、ホームでは英語以外の言葉をたくさんみるけれど、当然、全然分からない。そこで興味のある場合はGoogle翻訳を使ってみている。

機械翻訳は原則使わない主義だけれど、といっても英語に限られるわけで、それ以外になるとお手上げだから仕方がないが、しかし結構役に立つ。

特に何語かわからない時は「言語を検出」タブにしてやると、それを書いた人がどこの国かも分かったりするので、何となく世界が広がる気がして楽しい。スペイン語だと国が多くて分からないときもあるけど。

実に多くの言語が無料で翻訳できるなんてのは、ひと昔前では考えられないことだ。20年くらい前だったか、会社の貿易部門(というほどではなくて一人しかいないけど)で英語-日本語の翻訳機をリースしていたことがあったけれど、確か値段は200万円以上していて、使いにくかったし、なおかつひどい訳だった。

さて、この画像は英語なんだけれど、中国の人が紹介していて、中国語(繁体)のサブタイトルがついている。僕はホラーものは好きではないんだけれど、まぁ、これはパロディーだからね。それに言葉が分からなくてもこれはあまり関係ない内容だし。

 

要するに洗濯の柔軟剤のCMのはずが・・・・ということだ。この画像を紹介した人が中国語でコメントをしているのを、Google翻訳で訳してみた。

其實這種Hollywood的驚悚片只要3分鐘就演完了,但是卻可以不斷的用不同形式上映

実際にはハリウッドのこのスリラー限り、3としてプレイリリースの異なるフォームを使用し続けることができます。

In fact, this Hollywood thriller played out as long as 3 minutes, but can continue to use different forms of release.

日本語にはうまく訳せないみたいだが、英語はずっとましだ。大体どこの言語でも英語にはかなりうまく訳せている。とくにヨーロッパの言葉だとかなり自然になる。しかし日本語だと英語からでもかなり不自然な訳にしかならない。

今まで訳してみた言語はスペイン語が一番多いんだけど、それ以外ではフランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、マケドニア語、インドネシア語、マレーシア語、中国語、オランダ語、カタロニア語・・・、そんなとこかな。

次は字幕なしなんで分かりにくいところもあるけど、愛嬌があるね。

Foodについての会話で食べ物の名前はよく分からなかった。飼い主はいくつか食べ物のことをいうけれど、結局最後も猫にやっちゃったということで、なにももらえなかった哀れなワンコだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/07

Solo de Surdo (Percussão) - Paulinho do Surdo

Facebookフレンドは打楽器系の人が圧倒的に多いので、やたらと打楽器の画像紹介がある。珍しいとか面白いものを少しずつアップしていきます。

今回はスルドのソロ。単純に叩くだけではないんですねぇ。

こちらはおまけというか、以前にPomplamoosemusicという二人組の多重録音を紹介したけれど、この人は楽器なし、一人ですべてをこなすというチョー器用なかた。ベースはオクターブ下げているようだけどね。

これもアカペラなのだね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/03

もやしもん in America - Grand Canyon

樹教授と蛍は沢木たちをレンタカーで追いかける(というストーリーも無理に二人を参加させているようで不自然な気がするが)途中、グランドキャニオンに立ち寄る。

「むこうの崖まで10キロ以上離れているらしいけどイマイチ実感ないよね」
「比較対象がないとですね」
「ウン デカすぎて逆に分かんないね」

Fh020003s 業界見本市と会議がラスベガスであった1992年に、たまたまグランドキャニオン観光に行くことが出来た。デカすぎて分からないというのはその通りだった。僕も他に形容する言葉がなくて、雄大とか何とかいってもしょうがないので、知りたい人は是非一度行ってみてください。

Fh020004s あんまりいい写真がないのが残念だが、順番にご紹介すると、左上はラスベガス郊外の小さな飛行場から観光用のプロペラ機で飛び立ったところ。右はコクピットというより運転席という感じだが、ヘッドフォンをしている人が操縦士で、その後ろは観光客。

Fh020017s これは飛行機の窓から写した写真で、中央から右にかけてテーブル状の台地があるが、こうしたところに飛行場というか、地面を平らにしただけのような滑走路があって、そこに着陸する。つまりこの台地に滑走路ができるくらいに相当な広さがあるということだ。

Fh020019s

これが搭乗した観光用の飛行機。ずいぶんと小さいけれど結構な人数が乗れる。こちらを向いているのは、一緒に行った同僚なので、ちょっとぼかしています。

Fh020021s テーブル台地の滑走路に降りてから、またバスに乗って観光スポットまで行くのだから、相当な広さだ。この人数が上の飛行機に乗っていたわけだ。

面白かったのは新婚さんがいて運転手が少々馬鹿にしたようにからかったときの会話だ。この写真ではちょっと分かりにくいけれど、青いTシャツの男性の左にいる黒い半ズボンの女性と白の半ズボンの男性のカップルがそうだ。

運転手:Where are you from? どこから来たんだね?
新郎さん:We're from England. イギリスだよ
運転手:Hey, do you have electricity in England? イギリスには電気があるのかい?
新郎さん:Yeah, we have Honda generators. あぁ、ホンダの発電機があるよ

もう少し込み入った会話だったと思うけれど、運転手のからかい半分の質問はアメリカ人のイギリスに対する劣等感とか複雑さみたいなものかと思うが、ホンダの発電機ときり返した新郎さんはさすがユーモアの国イギリスだねぇ。運転手も笑ってそれ以上はつっこめなかったみたいだ。しかしホンダというのがちょっとうれしかった。

このカップル、典型的なイギリス人なのかどうか分からないけれど、新郎さんはいつも正面を向いて先を歩き、新婦さんはいつもその後ろを静かについていくという姿が、何とも古典的なイギリス紳士あるいは貴族のような風貌を感じさせていたのが印象深い。

でもおかしかったのは、新婦さんが着ていたTシャツには、W.A.S.P.と書かれた文字の下にコミック風のいかにもアホという風情のアメリカ人らしき姿のイラストが描かれていたことで、後で英会話教室で話したら、そういうTシャツは日本人は着ないほうが安全だといわれてしまった。まぁ、白人が着ていたからよかったのだろうけど、ひょっとすると運転手がからかったのもそのTシャツのせいかもしれない。

このとき、僕は別な意味でのアホなジャケットを着ていたのだが、それはこちらに以前に書いたので省略。

Fh020020s 写真はないけれど驚いたのは、バスで到着した観光スポットではとてつもない断崖絶壁にもかかわらず柵とか保護になるものが一切なかったことだ。自己責任の国ということかと感心したのだけれど、恐かったねぇ。「もやしもん」の描写をみても今も柵はないみたいだ。

Fh020022s これはラスベガスの街中。当時はまだ今のようなアミューズメントパーク的な観光地にはなっていなくて、カジノとショーの街だった。フラミンゴホテルとか何とかいうところだったと思うけれど、ショーを見にいった時だと思う。本場のショーっていうのはすごいなぁ、と感激した覚えはあるけれど、ウィリアムテルばりの石弓のショーとマジックのショーが素晴らしかった以外はあまり覚えていない。

関連エントリー
- もやしもん in America - 星条旗
- もやしもん in America - Part I

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »