« KORE WA KORE WA !!?? | トップページ | 読書 »

2011/07/18

Steel Pan

Percussionの紹介シリーズ、今回はSteel PanとかSteel Drumと呼ばれる楽器。

キューバとかラテンアメリカ系が本場なんだろうけど、なぜかアメリカ版の映像を二点。

これはサマーキャンプみたいなファミリーな雰囲気がすごく楽しそうだ。

Shown here is a 2010 family concert featuring the Birch Creek Steel Band in the Dutton Concert Barn performing alongside renown steel pannist Liam Teague.

こちらは大編成のバンド、というよりはオーケストラ。音が割れているのが残念だが、色んな大きさがあるのだね。これだけの編成になると迫力がある。説明によるとこの曲を作曲したLiam Teagueという人は、上の映像の前列の左端で演奏している人のようだ。あ、下の画像で最初にソロをしているのも同じ人か。

This wonderful piece was composed by Liam Teague, one of the co-directors of the NIU Steelband. It was performed at the April 2006 concert featuring Liam, Candice Ferguson, Eric Liebing and Talib Robinson.

日本でも結構さかんなようで、横浜で去年行われたらしいSteel Pan Fesの映像があったけれど、省略。

|

« KORE WA KORE WA !!?? | トップページ | 読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Steel Pan:

« KORE WA KORE WA !!?? | トップページ | 読書 »