« With Love (上) | トップページ | 城崎にて »

2012/02/19

With Love (下)

昨日は寒さもひとしおで、珍しくこの辺りでも雪が少々ながら積もったけれど、今日は晴れて日差しも暖かく、ほとんど溶けてしまって日陰に僅かに残る程度だった。

Ts3p0054s昨日は雪の降る寒い中を出掛ける気もしないので、家でヴィブラフォンを練習したり読書をしたり(写真は夕方、犬の散歩に行った時の近所の風景)、今日は家内と買い物に出かけても買い物には付き合わずに車の中で読書の続きで、「未亡人の一年(下)/ジョン・アーヴィング」も、もう少しで読み終えるところまできた。

推理小説のような話も解決し終盤に入ったのだけれど、中盤でのオランダの執拗な描写に比べると、何だか作者がさっさと終わらせたいのかと思うほどにあっさりと話が進んでしまい、先も見えてきたようで少々物足りなさを感じている。

さて昨日、尻切れトンボで終わった"With Love"についてだ。

「未亡人の一年(下)」の初めの方に、三人目の小説家がヨーロッパから絵葉書を何枚か送るのだが、その最後に、友人と恋人宛ての文の最後に「愛をこめて」と書いている。特に恋人宛てには何度かだしていて、いずれもその言葉で終わっているのだが、原文はおそらく"With Love"だろうと思ったのだ。

なぜそんなことに引っかかったのかというと、アメリカの小説なのだから、まぁ、それでいいのだろうけど、日本語で読んでいて何度もこの言葉が繰り返されると、どうしても不自然に思えてしまう。英語の"Love"と日本語の"愛"ではかなりニュアンスが変わってしまうのだと思う。

というようなことが頭に残っていた昨日の朝、たまたま見たNHKの「課外授業 ようこそ先輩」で、翻訳家の鴻巣友季子さんが、夏目漱石とご自身の"I love you."の訳について話していたので、この偶然にびっくりしてしまった。

番組の最初で、夏目漱石は英語の授業で生徒に、"I love you."の訳として「今夜は月がきれいですね」という日本語を例示したという話があった。あの時代では「愛しています」などという表現は日本語としてはとても不自然だったということだ。

そして鴻巣さんの訳例として、ベトナム戦争時の小説で出征する兄に弟が、"I love you, brother."という場面で、「兄貴、死ぬんじゃないぞ」と訳したことを話していた。

だからというわけではないが、絵葉書の最後に、「愛をこめて」というのはどうもすっきりしない。ではどう訳すのかと言われると困ってしまうけれど。

もともと日本語に「愛をこめて」という表現はなかっただろうと思うが、僕の記憶にあるのは、映画「007ロシアより愛をこめて」だ。この原題は"From Russia with Love"だが、これ以前に「愛をこめて」という訳があったのかどうか知らないけど、この映画の影響はかなり大きかったのではないかと思う。しかしだからといって、「愛をこめて」という日本語が絵葉書などの最後に普通に書かれることは今でもないだろう。特に友人宛には。

Loveについては、安藤邦男氏(僕は知らなかったけれど有名な人らしい)が欧米と日本の違いについてもう少し詳しく書いているサイトを見つけた。

愛を口にする英米人、口にしない日本人

「課外授業 ようこそ先輩」では、小学生たちが英語の絵本"The missing piece"を訳すのだが、彼らの訳が本当に素晴らしかった。こうした授業が本当に生きた授業だと思うけれど、彼らの訳をもう覚えていないので具体的に書けないのが情けない。

ところで、「ロシアより愛をこめて」の映画が日本で封切られたのは1964年ということだから、僕は小学生で映画も見ていないのだけれど、やたらとそこら中でこの主題歌がかかっていたし、ラジオでも「ロシアより愛をこめて、マットモンロー」というのを繰り返し聞いたので、メロディーも歌手の名前もよく覚えているのだが、マットモンローはこの曲以外にヒット曲はあったのだろうか。

|

« With Love (上) | トップページ | 城崎にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: With Love (下):

« With Love (上) | トップページ | 城崎にて »