« 金環食 | トップページ | 芦屋市立美術博物館 - 芦屋川沿いの辺境・近境 »

2012/05/27

芦屋美術博物館 - 阪急電車~阪神電車

火曜日のことだが、芦屋市立美術博物館に「吉原治良展」を見に行った。

芦屋の美術館は以前にも一度行ったことがあるけれど、阪神芦屋から歩いて20分くらいはかかる少々不便なところにある。以前行ったときは真夏の上に大阪国際美術館でのルノアール展その他とのはしごだったので、随分と疲れたが、今回は5月のよい気候で芦屋だけなので、意気軒高で駅から歩いて行った。

大阪にある会社からは阪急神戸線で西宮北口経由今津まで行き、そこから阪神に乗り換える。

今津線というと少し前にTVで放映していた「阪急電車 片道15分の奇跡」という映画で出てきたあの路線だ。以前は宝塚から今津まで通じていて、西宮北口で神戸線と線路が十字に交差しているという非常に珍しい線(平面軌道交差)だったけれど、神戸線が過密ダイヤになるにつれて、今津線との交差のせいで運行に支障をきたすようになり、西宮北口で一端途切れた路線になったのだそうだ。

Nishinomiya宝塚からきた線は北口の北側ホームで終点となり、そこで駅構内で神戸線を横切って南側にある今津行きのホームで乗り換えとなる(左写真は宝塚方向をみた高架駅構内)。だから映画では今津線といいながら今津という駅が出てこないという不可思議な話になる。阪急電鉄のサイトでも「映画の舞台今津線を知る」といいながら今津駅に至る南半分は紹介していないという不遇の半路線・・・、まぁどうでもいいことかもしれないけど。

映画はなんというか、少々ステレオタイプの話をくっつけた感じで、あんなことがからみ合って起これば、それは確かに奇跡でしょうねぇ。それなりに面白かったけど地元(というには少々はずれているけど)の話だから楽しめただけかもしれない。

とにかく僕が乗ったのは、映画にも出なかった不遇の路線の方で、今津駅で阪神電車に乗り換える。

阪神間というのは、大阪から神戸に近づくに連れて海と山が接近してうなぎの寝床と称される狭い土地だけれど、そこに山側(北側)から順に阪急、JR、阪神が並行して走っている。

学生の頃は、阪急はちょっと高級というかスノブな感じ、JR(国鉄)は普通(全国区)、阪神は庶民的といえば聞こえはいいけどちょっと薄汚い電車のイメージがあって、実際に乗った時もそんな気がしていたのだけど、最近、何度か乗ってみると、阪神電車ってのはなんともなげやりな倦怠感とかレトロ感が心地良く、なんとなく気が休まるようで、いいね。

Nishinomiyahanshin今のイメージは、阪急がスノブなのは相変わらずだが、一番コセコセしているのがJR、阪神はなんかのんびりした感じがする。駅も僕が乗り降りした範囲では昔の建物がそのままのところが多いみたいだし、阪神間の両端の梅田(大阪)と三宮では、三線が接近して収束するのだが、阪神だけはその両端のどちらの駅でも、ちょっとごめんなすって、という感じでそそくさと地下に潜ってしまうのがなんとなく奥ゆかしいというのか世間の目をはばかっているようなというのか。そういえば阪神の株買い占め問題が起こった時には、さっさと長年の宿敵である阪急に助けを求めて傘下に入ってしまうところなんか、潔いというか根性なしというか・・・本当はそんな簡単な話ではなかったのでしょうが。

僕は野球には興味がない方なんだけど、阪神電車に乗っていると、シーズン始めに勝ち続けている時、阪神ファンは狂気しながらもこんなことが続くわけがないと心のなかでは思っているに違いないという雰囲気がよく伝わってくる・・・、単なる僕の思い込みですが。

またどうでもいい話になってしまった。

左上の写真は阪神西宮駅、ここで先発の特急に乗り換えたけれど、阪神電車ではなく山陽電車だった。

山陽電車は昔から阪神梅田まで乗り入れてたのかな、よく覚えていない。阪急への乗り入れは阪急六甲駅までで、学生のころは駅で折り返し待機をしている山陽の車体をよく見かけた。

去年だったか、三宮で阪神に乗ったとき、奈良行きの特急があってちょっと驚いたのだけれど、今は近鉄とも相互乗り入れをしているのだね。

美術館にたどり着くのはまだ先の話、ということで休憩。

ちなみに「吉原治良展」は今日でお終いです。

|

« 金環食 | トップページ | 芦屋市立美術博物館 - 芦屋川沿いの辺境・近境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋美術博物館 - 阪急電車~阪神電車:

« 金環食 | トップページ | 芦屋市立美術博物館 - 芦屋川沿いの辺境・近境 »