« しまうまピアノ | トップページ | Keith Jarrett - The Art Of Improvisation »

2012/09/23

読書覚書

<読み終えた本>

・白洲正子”ほんものの生活”/白洲正子、他
・召集令状/小松左京
・猫のゆりかご/カート・ヴォネガット

以前に触れたことがあったので感想は省略。

・次郎と正子-娘が語る素顔の白洲家/牧山桂子
白洲次郎、正子の、娘からみた両親の話。正子は自伝にあった自己中心的なイメージのほぼそのままだったが、次郎の方は政財界での活躍とはまったく違った家庭的な面が見える。でも、その割には娘からは評価されていないようで、まぁ父親なんてそんなもんかと思ってしまった。正子の奔放さと次郎の几帳面さが対照的で、しょっちゅう張り合っているところが面白いが、夫婦のあり方の、ちょっと異端かもしれないが理想像の一つのように思えた。ちなみに桂子は桂離宮にちなんで母親がつけたそうで「かつらこ」と読む。

<途中で返してしまった本>

・小澤征爾さんと、音楽について話をする/小澤征爾X村上春樹
クラシック音楽についてのかなり突っ込んだ話。取り上げられた曲を知っていればもっと面白いだろうけど、知らない曲ばかりなのであちこち拾い読みしているうちに返却期限がきたので返してしまった。三分の一くらいは読み残したがそれなりに楽しめた。またその内に借りるかもしれない。
レコードマニアには面白くない本にしようと小澤さんと言いあわせて書いたそうだが、クラシック音楽の愛好家や演奏家にはかなり面白いんではないかと思う。村上春樹の音楽の聴きこみ方は、時間が十分にあるからと本人はいっているけれどそれにしても半端な聴き方ではない上に音楽知識も相当なものだとわかる。なにせ世界の小澤と渡り合えるのだから。
別の本だけれど村上氏自身もバッハの「平均律クラヴィーア曲集」はたまに弾くと書いてあった。

・特権的情人美食/村上龍 料理&官能小説集
世界各地、といってもアメリカとかヨーロッパが中心みたいだけど、どこそこの高級レストランとかホテルとかなんとかに絡めた短篇集。グルメ小説ってところかもしれないけれど、白洲正子の自伝を読んだ後では、なんだか成金まるだしのように感じられて途中で馬鹿らしくなって返してしまった。確か村上龍自身もお金と時間のある生活が本当に板につくのは自分の子供からだろうと書いていたような気がする。

・リビング・ヒストリー
Hillary_3 ヒラリー・クリントンの自伝。近所のショッピングセンターの本屋に一時期やたらと英語の本が並んでいたことがあって、その時に表紙のヒラリーさんの写真にひかれて立ち読みしたことがある本。
祖母と母の人生が序章として書いてあるのだけれど、波瀾万丈でめっぽう面白かった。その後、本屋から英語の本が一気になくなってしまったので、それっきりになっていたのだけれど、図書館で訳本をみつけたので借りてみた。でもご本人の話になると、これはめちゃ出来のよい子の話なので何だか興味が薄れてしまい、とりあえず返した。その内に時間が余るようなことがあればまた読むかもしれない。
典型的な知的美人だと思っていたけれど、オバマとの大統領候補争いあたりからは少々コワモテになってしまった感がある。なんせ今は国務長官だからね。
画像は本の中にあった若いころの姿。ヒッピー世代だ、懐かしいねぇ。

・いつも月夜とは限らない/広瀬隆
なんとなく図書館で手にとって、たまには知らない本も読んでみようかと借りてみたけれど、やっぱり興味がわかずに数ページ読んだだけで返してしまった。
広瀬隆は原発問題で色々と活動している人だけれど、物議を醸す人でもあるらしい。内田先生タイプかもしれない。

<読みかけの本>

・西行/白洲正子
白洲正子の文自体がすらすらとは読み進めるような内容ではない上に、古文がやたらに出てきてなおかつ説明も断片的にしかないので、ゆっくりと何度も読み返すために、もう二ヶ月近く借りては返しまた借りての連続で、やっと残り四分の一くらいまでになった。
やはり塩野七生と相通ずるところがあると改めて感じたのは、徹底した現地取材と原典に対する豊富な知識、教養の深さだ。一方で、その執筆の裏で娘がどれだけ苦労しているかという話を前述の牧山桂子の本で読んでいるので、何というか・・・感慨深いものがあるというのか。
しかし詞書や和歌は高校の授業で習って以来だが、何度も読み返しているとよくはわからなくても実に味わいがあるものだと、この年になってやっとわかった。

・バゴンボの嗅ぎタバコ入れ/カート・ヴォネガット
短篇集なので、ぼちぼちと読んでいる。ヴォネガットはSF作家と言われたりするらしいけれど、そういう話はほとんどない。それなりに面白いけどあんまり印象に残っていないかな。

<これから読む本、というかとりあえず借りてきた本>
・サイレント・マイノリティー/塩野七生
・はじめての文学/村上春樹
・はじめての文学/村上龍
・中国行きのスロウ・ボート/村上春樹

塩野七生の本は図書館にあるものは全部読み尽くそうと思っている・・・、といってもそんなにたくさんあるわけではない。残っているのは長編の「ローマ人の物語」と、割と最近に出版された「十字軍物語」だけになったと思っていたのだけれど、白洲正子の「かくれ里」を探していて偶然「サイレント・マイノリティー」を見つけた。「かくれ里」はまた今度にしよう。

「はじめての文学」は若い人(中学生以上かな?)のために色々な作家が自選で編んだ短篇集のシリーズ。すでに読んだ話も結構ある。

「中国行きのスロウ・ボート」も以前に読んだ本だけれど、小学生のころに模擬テストを受けたという話の舞台である「中国人小学校」というのが、先ごろ領土問題に絡んで放火らしき火があった神戸中華同文学校なのだそうだ。どんな話だったかよく覚えていなかったのでまた借りてきた。模擬テスト前に監督官となった中国人の先生が最後に言った言葉が印象的だ。

「いいですか、頭を上げて胸をはりなさい」
「そして誇りを持ちなさい」

僕はこの話よりも次の中国人の女の子の話のほうが印象に残っていたのだが、頭の中では韓国人にすり変わっていた。韓国関連の本をしばらく読んでいたことがあったからかもしれない。

|

« しまうまピアノ | トップページ | Keith Jarrett - The Art Of Improvisation »

コメント

「小澤征爾さんと、音楽について話をする」は確かに買った覚えがあるんですが、どこにも見当たらないんです。読んだはずなんだが内容も覚えていないという。

つまりはクラシック音楽に興味が無いということなのか?

投稿: Picks Clicks | 2012/10/04 21:52

そうですね、読んだという以上には頭に残ってないですね。まぁ、この本に限らず忘れっぽくなってますけど。
 
クラシック音楽に興味がないというよりは、曲をよく知らないからということだと思いますけど。

投稿: taki | 2012/10/04 22:35

>クラシック音楽に興味がないというよりは、曲をよく知らないからということ

「jazzに名曲なし(名演奏はあっても)」という言葉を思い出しました。突き詰めるとクラシックのほうにこそそういう事があるのかもしれません(フルトベングラーがベルリン・フィルを振った***がどうとか)。

投稿: Picks Clicks | 2012/10/07 09:38

「Jazzに名曲なし」ってのは極論なんでしょうが、基本的にはテーマよりもどんなソロをするかがJazzだから、そういう考え方も出てくるんでしょうね。

確かにクラシックは同じ譜面をいかに解釈していくかってことになるから、「そういう事」っていうのもいえるかもしれません。そういうのが好きな人には「小澤征爾さんと・・」の本は面白いんではないでしょうか。

投稿: taki | 2012/10/07 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書覚書:

« しまうまピアノ | トップページ | Keith Jarrett - The Art Of Improvisation »