« 赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei | トップページ | 初詣 »

2012/12/31

クリスマス三連休 - 二日目-1 横尾忠則公開制作

クリスマス三連休 - 初日 茨木酒造からの続きです。

三連休の二日目は忙しいけれど充実した一日でした。

神戸の灘区に横尾忠則現代美術館が開館したことは以前に書きましたが、12月中旬に横尾忠則氏が公開制作をしていました。ちょうどその時は京都に山口華楊展に行ったりしていたので、公開制作は見に行けなかったのですが、年末の連休にも公開制作があると美術館のサイトに案内があったので、この日の第一の目的はその見学です。

後の予定もつまっているので早めに行こうと思っていたのですが、何やかやで出遅れて到着したのは11時45分頃でした。

Nada JR灘駅から歩いて行くのですが、この駅も割と最近に改装されてずいぶんと綺麗になっています。きれいになるのはいいけれど、昔の雰囲気も好きだったので少々さびしい気もします。

Nada2 でも以前のデザインを残したような駅舎になっていてありきたりのデザインでなかったのはまだ良かったと思います。僕の家の最寄り駅である大久保駅なんかは、以前は木造瓦葺きで古くて薄汚いけれど面白い駅だったのに、いまはすっかりどこにでもあるような面白くないデザインになっていてとても残念です。

Zoo 灘駅から山に向かって坂を少し登り、王子動物園の前で左に曲がります。

Museum 動物園を右手に見ながら進むと、原田の森ギャラリーがあってその西側が横尾忠則現代美術館美術館です。

Yokoo1 中に入ると、赤いパーカーの上下を着た横尾氏が大きなキャンバスに向かって制作をしていました。

Yokoo4 見ていても特にこれといったことがあるわけではない、本当に淡々と絵筆を動かしているだけの姿ですが、何だか見ていても飽きないですね。不思議な光景でした。

Yokoo3_6 時々、床に散らかっているコピーを拾ってそれと絵を見比べながら考えたりしていました。横にいるのは助手の人かな?

Yokoo5 絵のほうはかなり描き上げた状態のものを持ってきて、仕上げの段階のようです。だからか、塗っているのは白だけで、絵筆も一本しか持っていないような感じでした。

Y 横には、前回の公開制作の時のものと思われる作品がおいてありました。こちらはデフォルメされていますがY字路ですね。

Kakogawa 製作中の作品には電車と線路があるので、おそらくはテーマとしてよく取り上げられている、故郷の西脇市に至るJR加古川線と思われます。

今回、初めてデジカメで動画を撮ってFBとYouTubeにアップしました。ココログに直接アップできたらいいんですけど、YouTube経由で埋め込みでないと駄目なんですね、不便です。動く横尾忠則さんをお楽しみください。途中で腕時計を見ているのはお昼時なのでどうしようかというところのようですが、もうしばらく制作を続けてお昼休みになったので、およそ30分くらいの見学となりました。

お昼休み前に来賓席で見学されていた方の紹介。

Yokoo6 芥川賞作家の磯崎憲一郎氏とのことで、何かのついでに来たのかと横尾氏が質問したら、この公開制作を見るためだけにわざわざ神戸に来たのだそうで、横尾氏も「え~っ」とかいってびっくりしていました。

僕は磯崎氏の本は残念ながら読んだことはありません。

 -二日目-2に続く-

|

« 赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43865/56420536

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス三連休 - 二日目-1 横尾忠則公開制作:

« 赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei | トップページ | 初詣 »