« 加古川でギグ | トップページ | Snow Mozart »

2013/01/20

読書覚書

この数ヶ月で読んだり、途中で放り出したりした本のリスト。「カンガルー日和」以外は図書館で借りた本。

歴史の世界から/司馬遼太郎
歴史にからめてのエッセイ集。いろいろな時代の断片を切り取ってのエッセイだが、やはり司馬氏の実体験である戦争にからめた話が面白い。また鹿児島(島津)、土佐についての時代背景や人々の気質が描かれていて、日本人といえども様々に異なることがわかって面白かった。西郷隆盛についてもあまり知らなかったことが多かった。

ライン/村上龍
一つの話ではなくて、ある人物についての短編があり、その中の主人公以外の誰かが次の短編の主人公となるという一応はつながっていく小説。何となく一貫性がなく登場人物それぞれが異常な人物ばかりなので、途中でうんざりしてきて読了せずに返却してしまった。

櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている/村上龍
割りと新しいエッセイ集。いつもながらのちょっと違った視点。以前に触れたかな。

夢の通い路/倉橋由美子
倉橋由美子の小説は、学生の頃にPicks-Clicksさんから勧められたように思うが、その時に読んだものはもう一つピンとこなかった。図書館で作者名をみかけたのと西行法師が登場するらしいというので挑戦してみたが、やはりもう一つピンとこず、これも読了することなく返却した。この前に読んでいた「西行/白洲正子」に同じく、和歌がポイントになっているが、白洲正子ほどには引きつけられるものが見いだせなかった。

はじめての文学/山田詠美
「はじめての文学」シリーズ。全然知らない作家なので読んでみた。それなりに面白かったと思うが、もうほとんど忘れてしまった。

はじめての文学/吉本ばなな
同じシリーズ。僕が読んだ限りでは、吉本ばななという人は常に死を題材にしているような気がする。これもそれなりに面白かったが、もうほとんど忘れてしまった。本当に物覚えが悪い。

糸杉の影は長い/ミゲル・デリーベス
たまたま糸杉という文字が目について、ゴッホを思い出し手にとって見たら、スペインの小説だった。まぁ、これも何かの縁と思って借りて読みだしたのだけれど、淡々とした描写が延々と続くので、なかなか読み進めないうちに返却期限が来てしまったので、とりあえず返してしまった。またそのうちに借り直すかもしれないが、当分は他の本に目移りしているので、いつになるかわからず。この小説とその舞台について書かれたブログがあった。後半に粗筋が書いてあるので、そこは読んでいないが、このブログを読むだけでも、小説の雰囲気が伝わってくる。

カンガルー日和/村上春樹
高校のプールが出てくるので買ってみた、という初期の短篇集。大半の短編は他の短篇集に再録されており、半分以上は既読だった。読んでないと思ったものも、ちょっと見なおしたりしているうちに既に読んでいたような気になってしまい、どれがはじめて読んだのかわからなくなってしまった。最近の小説に比べ、初々しさがあり文が活きいきしていると思う。

シールド/村上龍、はまのゆか(絵)
子供向けの絵本。自分を守るシールドとは何か、二人の主人公の人生を対比させて、一応は子供向けに描かれているが、それなりに考えさせる内容だった。

一生に一度の月/小松左京
小松左京の長編は何となく敬遠してしまう。そこで短篇集を読んでみた。1970年前後の時代背景から予想した未来図が多く描かれているが、それから40年あまりたった今から見ると、未来予測というのがいかに難しいものかというのがよくわかった。ただ、当時の未来像というものを自分も同じように見ていたことを懐かしく思った。

風塵抄/司馬遼太郎
今、読んでいるエッセイ集。エッセイは作者の生の考えが吐露されているように思えてよく読む。関西の話が多いので身近に感じられるので読みやすいということもある。

キャンバス/サンティアーゴ・パハーレス
キャンバスというタイトルが目についたので手に取ってみた本。画家に関するスペインの小説らしい、という以外は全然わからないが、「糸杉の影は長かった」に再挑戦しようという気力がないので、代わりに同じスペインだからと借りてみた。まだ全然読んではいない。

これ以外に村上春樹の文庫本を数冊買ってあるが、「カンガルー日和」以外は全然読んでいない。買った本だからいつでも読めると思うと、ほったらかしになるものらしい。

以上、自分のためのメモ

追加:夢で会いましょう/村上春樹、糸井重里
以前にも書いたけれど、糸井さんの話はつまらないものが多すぎる

|

« 加古川でギグ | トップページ | Snow Mozart »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書覚書:

« 加古川でギグ | トップページ | Snow Mozart »