« We're All Pillar of Fire | トップページ | 最近の読書に、ヴィブラフォン練習など »

2013/08/04

Jazz Standard Bible

冒頭ながら、このページの参照数が比較的多いようなので追記します。

この本をスタンダードソングの標準として購入のお考えの方、あるいは使われている方はご注意ください。現在の版はわかりませんが、私の持っている版は標準としてはふさわしくないコード進行が多々見られます。セッションなどに便利には違いありませんが、Standard Bibleいうタイトルにふさわしい内容とはとてもいえないと私は思っています。詳しくは、ヴィブラフォン奏者の赤松敏弘氏のBlogをご参照ください。

【演奏講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/愛のあるコードをちゃんと選んで書く

 【演奏講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/愛のあるコードを選んで書こう

【演奏講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/せめて叩き台になる曲集を望む 

【演奏講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/火のない所は煙も立たず

本Blogにもこの件について再度投稿しており、赤松さんご自身からもコメントをいただいていますので、こちらもご参照ください。

黒本=Bibleに非ず (2015/11/08)

さらに監修者の納浩一氏ご自身がFacebook上でふさわしくないコード進行があることを認めて次回版より反映させるとの投稿をされています。

Facebook 納浩一氏投稿 (Facebookアカウントが必要、2015/12/23)

************
以下、オリジナルテキスト

セッションに参加すると、レパートリーが少ないのが恥ずかしいので、増やさないといけない。

IllegalなRealBookのpdfはネットに転がっているが、やはり人前で堂々とは出しにくい。そこで、改めて曲集を買おうかなんて思っているが、どれもそれなりのお値段だ。

Jazzbible 加古川でのセッションで参加した人が持っていた「ジャズ・スタンダード・バイブル」という本がマイナスワンのCDなんかもついていて何となくよさそうなので、買ってみようかと思う。例によって、衝動買いの大人買いだが、楽譜はいつまでも楽しめることを考えると、高い買い物ではないと思う。CDに入っているのは20曲、楽譜は200曲以上あるから、1曲あたりで考えれば安いものだ。といっても弾くのは一部だけだろうけど。

こちらは、たまたま見つけたリンク、どうしてたまたまこういうものを見つけるのかといわれると困るが。

http://urbaniak.com/public/music/real-book

 (2015.11追記:このリンクはなくなりました)

PICKS-CLICKSさんによると、このサイトの主はMichal Urbaniakという、マイルスにも誘われたことのある人だそうだ。僕は全然知らないけど、ポーランド出身のFusion系ヴァイオリニストらしい。

プロのミュージシャンがこういうのを自分のサイトで堂々と公開しているというのも、どうなんだろうと思うのだが、Just Informationということで覚え書きしておこう。

|

« We're All Pillar of Fire | トップページ | 最近の読書に、ヴィブラフォン練習など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jazz Standard Bible:

« We're All Pillar of Fire | トップページ | 最近の読書に、ヴィブラフォン練習など »