« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/23

三連休の連休

前回は「たかさご万灯祭 - 本番その1」としたので後半が残っているが、僕の出演はないし(最後に〆のブルースセッションはあったけど)、まぁ、そのうちにアップするかもしれない、しないかもしれない・・・。

さて、先週も三連休、今週も三連休と続いたが、あと何年かすれば、これが当たり前になるはず、さても待ち遠しい。

以前からそうなればやりたいことがたくさんある、というつもりでも実際にそうなったらなったで、何もしないのではないかという不安はあったが、まぁ、何とかなりそうな気がした連休だった。

先週は土曜日の万灯祭のあとは燃え尽き、といえるようなレベルではないが、しかし台風で雨もすごかったので、ボケーッと過ごしてしまった。

それと、ヴィブラフォンを分解したままで置いていたので、練習もMalletKATで少しやった程度で終わってしまった。

ヴィブラフォンを分解したままだったのは、次の週、つまりこの土曜日が加古川のセッション日なので、置き場所の2階に持って上がってまた降ろすのが面倒だったからだ。

というわけで、この土曜日は「スカーレットの小鳥」月例セッション参加。

Scarlet0921 今回は参加者がそれほど多くなかったので、何だか練習日みたいだとハウスバンドの方がおっしゃっていたが、やったこともない曲をやったりして面白かった。右の写真はトランペット兼サックスで参加した人が持ってきた、90年前のソプラノサックスについて色々と説明などしているところ。1924年製だそうで、最近、eBayで落札したとのこと、まさに大人買いだね。

初期のソプラノサックスということになるのだろうけど、朝顔の部分が曲がって正面を向いているのが珍しい。写真ではわかりにくいのが残念だけど、銀色で美しい形をしている。音もマイルドで素敵だった、といっても管楽器はよく知らないんだけど。

そして昨日と今日は、家内がパートでいないので、まず図書館へ行って本を返してまた借りて・・・司馬遼太郎の「この国のかたち」1巻を読んだので続きを借りようかとも思ったが、今回は「オランダ紀行-街道をゆく」を借りてきた。FBフレンドでヨーロッパで活躍しているVincent君の国に興味があったのだ。

Fd11 そこから同じ稲美町の「さくらの森公園」に回って、しばらくフレームドラムを初練習。買うだけ買ったものの家では思い切って叩くと近所迷惑だからペタペタとしか叩いていなかったので、本格的な練習は昨日が初めてといえる。

この公園は以前にダラダラとあてもなくドライブした時に見つけた場所で、桜の季節はわからないけど、普段は休みでもほとんど人がいない雰囲気だったから一人練習にはよさそうに思えたからだ。それと今回の万灯祭で同じ東播ジャズ倶楽部で参加した加古川のサックス奏者とFBフレンドになったのだが、彼がいつも近所の公共施設(通称ジャブ池)で野外練習をしているフィードを読んで刺激されたこともある。

FB離れをしようと思っていたんだけど、今回の万灯祭をきっかけにまた比較的ご近所の音楽仲間が何人か増えてしまって離れられなくなってしまった、まぁ、そんなもんだろう、しらんけど(新FBフレンドの口癖)。

Fd12 夏場は暑くてちょっと無理かもしれないけれど、これからは野外練習にはよい季節だ。思惑通り、公園にはほとんど人が来なかったので周囲を気にせず遠慮なく練習できた。日向はまだ暑いが、緑陰と呼びたくなる木陰は涼しく、ベンチに寝転がるととても心地よい秋空が広がっていた。

さて、やはり思い切って叩いていると色々と分かってくる、なんてことは二日しか経ってないのでいえる身分ではないが、まぁ、何をやっても新鮮だ、当たり前だけど。

最初は思いっきり叩いたり、教則本も途中の民族リズムパターンのところをやってみたりしていたのだが、やはりうまくいかない。結局は最初からきちんと順を追ってやるのが一番よいと気がついたのが、始めてから30分位たった頃だったかな。

それから基本のパターン(Dum、Tak、Pa)をひたすら練習しているうちに2時間半くらい経っていた。そろそろ帰らないといけない時刻なのでその日は終了。

Dumはベース音、Takはフレームを叩いた音になるはずなのだが、これが同じようにしか鳴らなかったのが一日目。Paは、指先で押さえたミュートだが、これもうまくミュートできずに打音が出てしまう。

しかしこんな単純な練習でも飽きずに続けられるというのが新鮮な驚きだった。

始めたばかりというのもあるだろうけど、打楽器というのはひたすら叩くだけで無心になれるような気がして、音楽療法によく使われるというのもうなづける。

Fd02 さて、今日も練習に出かけようとしたのだが、さくらの森公園は人気がなくて練習にはもってこいなんだけどちょっと遠いので、図書館に近い「水辺の里公園」に行ってみた。こちらはグラウンドとか野外観察施設とかあって人が多いのだけど、端っこの方ではほとんど人もいなかったので今日も遠慮なく練習した。

Fd08二日目の今日は、昨日の疲れが出てきたのか、少々腕がだるくなってきた分、力が抜けて叩けるようになり、DumとTakの違いが出てきた。うまく叩くと、Dumはドーンというベース音が出るし、Takではフレームを叩いた倍音のまざった高音が出る。ただしうまくいった時の話だが。一方でPaは、むしろ難しさが際立ってきてしまった。

当分はこの練習が続きそうだ。もちろん、ヴィブラフォンは昨日のうちに2階に上げて組み立てているのでその練習もしているが、なかなか進歩しないので1時間もするとダレてしまう。

しかしこの年齢になって新しいことを始められるというのは楽しいね。たった二日にも関わらず何をやっても新しい発見があるのがとてもうれしい。

本当はきちんと習った方がいいには決まっているが、自分で好きなようにやって発見していく方が楽しいんではないか、などというのは負け惜しみかもしれないが、ヴィブラフォンは打楽器だし、アマチュアとはいえ音楽経験はあるわけだから、自分の感覚を信用してしばらくは続けてみよう。

フレームドラムを始めようと思ったきっかけは、前にもアップしたと思うけれど、このYouTube映像をみてBodhran(バウロンまたはボーラン)をやってみたいと思ったからだ・・・、色香に迷ったといえるかもしれないが(^^;;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/16

たかさご万灯祭 - 本番その1

さて、いよいよ本番。

Tommy1トップは、Tommy(trb)、代田由紀(p)、藤井邦彦(b)のトリオ。

Tommyさんは地元出身で京都を中心に活動をされている。トロンボーンはあまり馴染みのない楽器だったけれど、今回の演奏でその素晴らしさを堪能した。やっぱり一流の演奏は全然違う、当たり前だけど。依田さんは豊岡、藤井さんは姫路を中心に活動されている。曲目はオリジナルが3曲に、ピアソラのOblivion、だったと思う。

椅子とテーブルがあって飲み食いしながら聴ける会場はここだけという利点が大きいけれど、プロも含む出演者数が多く、演奏にバラエティーがあることもあって(他の会場はアマチュアの単一グループが多い)、座席数は多いとはいえないものの、いつも満席状態だった。

Mantou3 続いてが僕の出番、ピアノに代わって井渕さん(org)と竹嶋さん(ds)が入ってのQuintet、かなり変わった組合せだが、みなさん、素人相手にしっかりと合わせてくださった。このお二人は地元中心に活動されている。

Green Dolphinは少しアップ気味のテンポ、途中で何度もビートからはずれてはドラムのリズムを聞き直して修正しつつ何とか演奏できたが、家内が撮ったデジカメ・ビデオで聴くとかなり恥かしい状態だ。

せっかくなので、映像は省いて音だけをアップ。ビデオが中途半端なところで切れたりしていて、最後のベースからドラム・ソロのところはつないでいる。安物デジカメのビデオ音源に加えて、音のバランスがよくないのと、ファイルをココログ制限の1MB以下に小さくしているので、音質は悪いです。ここでもTommyさんのソロが周囲を圧倒している。

「green_dolphin3.mp3」をダウンロード

2曲目のIf I were...はDolphinのテンポにつられて予定よりもアップテンポで始めてしまい、えらく焦ったが、まぁ、なんとか自分の分担はこなせたと思う。やれやれだ。

Mantou4 そのままヴォーカルが加わって、きゃさりんさんの、O Pato、Recipe for Love、Miami Beach Rhumbaの3曲。

Miami Beach Rhumbaはイントロを弾かなきゃならないんだけど、きゃさりんさんがいきなり「ヴィボラフォンのTakiさんをフィーチャーして」なんてMCを入れるものだから焦って間違えてしまった。それ以外は、まぁ、何とか。

Mantou5 ヴォーカルは交代してNさんのナンバーは、Good Morning Heartache、Desafinado、Taking a Chance on Loveの3曲。Good...でカウンターラインを入れるのと、Taking...で半コーラスだけのソロが僕の役割。

これで僕の参加パートはすべて終了。焦りまくりではあったけれど、楽しい経験だった。それにお祭りの仮設とはいえ舞台の上でプロと共演することなどは、特にTommyさんのような方とは、めったにできない貴重な機会だった。ひょっとするともうないかもしれないという年齢だしねぇ。でも、来年もお誘いを受けたら是非参加しよう。

Mantou6 お役目を終えたヴィブラフォンは舞台から退場。横は商店街で、出店が出ていて人通りが多い。椅子に座れずに横から見ている人も結構いた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たかさご万灯祭 - 本番リハーサル

9月14日は、たかさご万灯祭に参加した。

Mantou0_2 当日は朝から晴れて真夏に戻ったような蒸し暑さで、ヴィブラフォンを分解して車に積み込むと汗だくになってしまった。

2時に集合なので、12時ころに家内と一緒に出発した。いつもセッションに行っている加古川の「スカーレットの小鳥」が通り道にあるので、そこでランチをとった。ランチ時は、去年、赤松さんのライブがある前に場所確認に来て以来だが、夜とは違って明るく、とてもゆったりと落ち着いた素敵な雰囲気だ。

マスターとも顔なじみになったので話をしたりしていると、今日、共演してくださるオルガンの方も来られたりした。

会場はそこから10分ほど、加古川をわたってすぐのところだった。高砂の市街に入るのは初めてだが、焼杉風の格子戸や板塀の家が並んでいたりして、古い家並みがたくさん残っている。全然観光化していないようで、とてもいい雰囲気だ。

たかさご万灯祭は高砂市中心街のあちこちで、ライトアップや路地キャンドル、光の装飾などがあり、それに加えてジャズギャラリーとして10以上の会場での演奏や商店街の出店などがある。万灯祭というと宗教がらみの伝統行事を連想しがちだが、高砂市の場合は単純に市民まつりのようだ。

僕が参加するのは、東播ジャズ倶楽部主催のライブで、高砂地区コミュニティーセンターの駐車場が会場だ。

この倶楽部は主としてリスナーのジャズ愛好家の集まりなので、声をかけられたときはてっきりアマチュアがゆるく演奏するだけかと思っていたのだが、主催者のしろくまさんは顔がとても広い(なんせ、赤松さんのライブを加古川で企画したのだから)のでプロのミュージシャンやPAの専門家などにまで声をかけて、本格的なライブに仕上げてしまった。

Mantou1_2 僕は今回が初めての参加なのでどうなるのか全然知らなかったのだが、いつの間にかしろくまさんが集めたプロの臨時編成バンドに参加することに決まっていて、シロウトは僕だけ、その上、ヴォーカルのバックにも参加することになったのは、前回に書いたとおり。かなり気後れしてしまうがもう後の祭りだ。

課題曲みたいになってしまったが、とにかく"On Green Dolphin Street"と"If I were a Bell"だけは何とかこなさなければならない。ヴォーカル6曲のバックでは僕はほんの脇役だから、なんとかなるだろうと居直るしかない。右はマイクのチェック中。3時から予定のリハがなかなか始まらないが、しかし暑くてたまらない。

3時予定のリハが始まったのは、たぶん、4時前くらい、だからオセオセで簡単に済ませる。こういう場合、プログラムの逆順にしていくのだそうで、最後のボーカルグループから始まり、僕は二番目なので最後のほうになる。

Mantou2_2 これは手前の女性ヴォーカリストのリハの写真だが、この方は僕と同じく倶楽部のメンバーでアマチュアだ。

僕の出番ではこのバックがメンバーとなる。僕以外は全員プロだがテーマは僕がとるので形ばかりは僕が中心みたいになってしまっている。まぁ、実際の演奏になれば主役は右端にいるトロンボーンのTommyさんになってしまうんだけどね。

さて僕たちのリハだが、Green Dolphinをvib、trb、orgとワンコーラスずつソロを回した後、てっきりベースが入ると思ったら入らずに伴奏だけになって止まってしまった。そこでベースの方から「キューを出してよ」とちょっと怒られてしまったのだが、「えっ? キュー?」と何のことか分からず戸惑っていたら、Tommyさんがニコッと笑って「僕がなんとかするよ」みたいなことをいわれたので、ほっとした。ようするに臨時編成なので演奏の取り仕切りを誰かがしないといけないわけだが、他のメンバーはしろくまさんに頼まれてサポートに来ているので、僕がするものだと思っていたらしい、やれやれ。まぁ、そういわれればそうなんでしょうけど、そんなん、やったことないし。

だから念の為に、リハが終わってから、Tommyさんに改めてお願いにいった。最初に会場に入ってこられた時には、さすがに一流のプロらしい存在感があって近寄りがたい印象だったが、実際にはとても気さくで優しい人だった。

その間、家内は日影で写真を撮ったりもしていたが、いつものことながらいつの間にか女性出演者と仲良く、くっちゃべっていた。どういうわけだか、女性ヴォーカルが全部で8人もいるのだ。

-続く-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/08

たかさご万灯祭リハーサル

こんどの土曜はいよいよ、たかさご万灯祭だ。

Tjc0東播ジャズ倶楽部の企画でプロやセミプロに混じって出演することになっているが、先週の土曜日は加古川総合文化センターでリハをしてきた。ゲネプロといういい方もあるようだが、そんなもんではなくて、とりあえず初顔合わせで音合せというレベルだ。

午後の3時過ぎから9時前まで、こんなに練習したのは学生のころ以来、といっても、途中でメンバー交代で休んでた時間も結構あったけど。

センターには裏の搬入口から入ったんだけど、学生の時の定期コンサートを思い出してしまった。ただし随時参加なので搬入は一人で。

この時まで何をやるのか全然決まってなくて、どうしたものかと悩んでしまったが、とりあえず僕の希望として、Green DolphinとIf I were a Bellを予めメーリングリストに出しておいた。

僕が一緒に出演するのは、ハモンドオルガン(電子)、ベース、ドラムの人たちだが、みなさん、プロかセミプロで、そんなんに参加してもいいのか、ってなもんだが、何でも合わせますよといわれてしまって、結局は僕の希望のまんま、だからテーマを弾かなきゃならない。おまけにGreen Dolphinはアップテンポで、といわれてしまったのでこれはしんどいぞ。

もちろん、みなさん、その日が初顔合わせだが、その辺はすぐになんとかなるのがジャズのいいところ。

さらに、ヴォーカルの女性が二人いて、オルガン・トリオが伴奏するんだけど、リード・シートを渡されたのでパラパラといい加減に弾いてたら、ちょろちょろでもヴィブラフォンが入ると全体がカラフルになるみたいだ。適当にカウンターラインを入れてただけなんだけど、歌がエロくなったとベースの人にいわれて、絶対に参加すべし、ということになってしまった。

ヴォーカルは三曲ずつで、合計六曲。括弧内はキー。いくつかはソロもとらなきゃならない、というか、Miami Beach Rhumbaは、リード・シートのイントロを適当に弾いてたら僕がイントロを弾く役になってしまった、あらら~。

Recipe for Love (C)
Miami Beach Rhumba (D minor)
O Pato (D)

Good Morning Heartache (Eb)
Takin' a Chance on Love (G)
Desafinado (C)

なぜか#系のキーが多いので困った。DesafinadoもブリッジはEだ。しかし、O PatoとかDesafinadoをやることになるとは思わなかったな。

しかし、まぁ、なんというか、すごく楽しかったです。ヴィブラフォンという珍しい楽器だったおかげだと思うけれど、ヘタなりにも演奏に彩りを添えることができるというのはうれしい。練習風景の写真もあるのだけれど僕が写したものではないし、勝手にアップするのもよくないから残念ながら画像はありません。

ということで、今日は一日、Band in A Boxで伴奏させて練習をしていた。

最後はYouTubeから、演目の映像をいくつかアップします。

Harry Conic Jr.のオリジナル曲らしい。ソロはしない予定。

これは大体こんな雰囲気の予定。このイントロを僕が弾く。ソロもあり。

これも知らなかった曲。この曲で適当にカウンターラインを入れていたら、歌がエロくなったといわれて参加することに。ソロはしない。しかし、トニー・ベネットはいいねぇ。

たぶん、ソロあり。学生のころ、シニアのバンドがこれを、ほぼこのまんま演奏してたのが懐かしい。みなさん、どうしているのだろう。

さて、明日も一人で練習だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/09/01

サブタイトルの変更

このブログのサブタイトルは、「英語学習に音楽、美術など・・・」だった・・・、かな。まぁ、過去のことになってしまったんで、どうでもいいんだけど。

ブログを始めた2004年頃は、「英語学習」とトップに勢い込んだように書いていたんだけれど、最近は英語学習は縁遠くなってしまった。

話が飛ぶが、Amazonのサービスは他の追随を許さないところがあるが、過去の履歴もその一つかと思う。

履歴があるのは最近知ったことだけれど、それを見ていたら、以前は英語学習の本を結構買っていたのに自分ながら驚いている。その頃は翻訳を老後の収入源として考えていたのだが、結局のところ中途半端なままで終わってしまった。

ここ何年かは本はほとんど図書館で借りるばかりで買うことはめったにないが、図書館で借りるにしても、英語学習といえるようなものはない・・・、まぁ、いつも行く図書館にはそうした本がほとんどないということもあるが、定年が近づくにつれて、翻訳能力をブラッシュアップして行こうという気持ちが薄れてしまったことが一番の原因だと思う。

50代も半ばを過ぎると、人生の残り、自分が何をしたいのかということをよく思うようになった・・・、考えるというほどではなくて思う程度なのだが、その中で英語能力を磨くということがどんどんと小さくなり、音楽、楽器、演奏ということがどんどんと大きくなってきた。

というわけで、何だか固い話になったが、サブタイトルが今の自分と合わなくなっていることに今さら気がついたので、「音楽、読書、たまに美術、まれに英語など・・・」と変えたのだ。一応、英語もせっかくなので残しておこうというのがちょっと未練たらしいかな。

ところで、最近、加古川に縁があるようになったのだけど、その昔、カココーラというのが加古川で作られていたそうだ。「コカ」ではないよ、「カコ」、「加古川のカココーラ」。Googleで検索しようとすると、勝手に「コカコーラ」に変更されたりして検索に苦労したが、「加古川辞典」という本の紹介の中に紹介されていた。まぁ、さすがに加古川は地元ではないので読む気はしないが。こちらの方がちょっと詳しい。

最後はまったく関連はないが、たまにはこういう音楽もいい。

この曲の"Key To The Highway"というタイトルの意味については、M's Bluesというブログに書かれているが、表面上の言葉の意味だけではわからない、といよりは恐らくはアメリカ人でないとわからない世界なのだと思う。あ、ちょっとだけ英語に関係があったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »