« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/27

エル・マタドールのセルメン’65

台風はそれたが、急に寒くなった。

暑いのもかなわんが、寒いのもかなわん。年寄りには厳しい天候が続くが、フラフラとよい時代を生きてきたものとしては、今の厳しい時代を生きていかなければならない若い人をみると、あんまり文句もいえないか。

昨日は京都での業界見本市、先週は、ジャズ・マリンバ、ヴィブラフォンの影山朋子さんが出演するというので、明石市民センターで開催された「明石女声合唱団結成45周年記念コンサート」に行って、その前の3連休中日は会社の同僚(本当は部下というべきだが、上司らしいことはなにもしていない)の結婚式と、毎週なんかイベントが続いている。

どれもFBのアップの方が簡単なので、だんだんとこちらのBlogも手抜きになってきている。そういえば最近は毎日のように何かFBに書いているかな。

FBのとBlogの使い分けというのもどうしたもんかと思うが、FBは垂れ流しに近いのと、手軽にすますから画像に文をつけ足すくらいで上面の話で終わる一方で、Blogでは文章が中心だから、ある程度つっこんだ内容にしたい・・・、と思うが、どうも段々とめんどくさくなってきたのは、Frame Drum、Vibraphone、Guitarなどの練習に時間をさこうということなのだが、その割には結局は練習も中途半端なのだな。

Akashi2 さて、以前に書いたかどうか忘れてしまったが、影山朋子さんのお母さんというのが実は高校の同級生だったというのをMixiで知ったのだが、今年の5月の連休のとき、高槻ジャズストリートで出演されるというので、聴きに行ってからFBフレンドになっていた。そしてそのお母さんが明石女声合唱団の指導と指揮をされていて、その縁からゲスト出演するということで、おまけに無料だということで、家内と一緒に行ってきたのだ。左の写真がその時の様子。

親子で活躍というのも羨ましい限りだ。僕から見るとずいぶんとしっかりと活動されていると思えるのだが、母親から見るといつまでも心配でしょうがない、という様子が会話からありありと伝わって微笑ましい限りだった。演奏は低音を生かしたマリンバの音にややソフトな音質のサックスとギターがからんで、女性によるジャズマリンバという新しい分野が生まれてきていることを実感した。僕のFBまわりだけかもしれないが、女性ジャズマリンバ/ヴィブラフォン奏者が増えているようである。

下の画像は高槻ジャズストリートの様子だが、演奏は里村稔トリオ。影山さんのステージは残念ながら撮影禁止になっていた。

まぁ、それはそれとして、赤松さんが「秋はボサノヴァ!」とBlogに書かれていたのに便乗して、YouTubeでBrasil '65を見つけてFBでアップしているうちに、パソ通時代にうわさだけ聞いていたアルバムが発売されているのを知って買った、というのが今回のタイトルだ。

その昔、パソ通でセルメンの話が出た時に、Brasil '65の話をした人がいたのだが、アクティブなメンバーで知っていたのはその人と僕だけだったという、知る人ぞ知るグループだった。’65は学生時代にPICKS-CLICKSさんが紹介してくれたのだが、'66以後のボサロックなどと称されたポップなセルメンしか知らなかった僕にはずいぶんと衝撃的なアルバムだった。

Astrud Gilbertoなどのボサノヴァのイメージが強かった僕は、ポップ路線の'66にはどうも馴染めなかったのだが、'65のシンプルな演奏はとても新鮮だった。PICKCLOCKSさんからは他に、Joan GilbertoとかGary McFarlandとか、Miroslav Vitousとか、色々なプレイヤーを教えてもらった。下は以前から知っていた'65のアルバムからだ。

パソ通の話に戻ると、そのもう一人の方が'65にはもう一枚、サンフランシスコでのライブ盤があって、渡米した際にみつけて買ったが、日本では見たことがないと確か書かれていた。これが\1000シリーズで発売されて、かつ値引き、送料無料で¥919というから、なかなかamazonはやめられない。内容は期待どおりのBrasil '66以前のシンプルな演奏で、これが当時のボサノヴァ~ジャズの姿だというようなことが解説に書いてあるが、そのとおりだろう。

しかし、今の人はセルメン自体をしらない人が多いだろうし、そういう人が一連のセルメンを聴いても、'65と'66の間の大きなギャップ、あるいは飛躍というべきなのかもしれないが、そんなものも、音楽シーンの変遷の一つとしか考えないのだろうね。まぁ、なんせ48年前の話だからね。例えば僕が20歳のときから48年前っていったら、大正時代の終わりの話で、そんなもの当時の僕からは想像外の世界だもんな。

さて、お昼だ。昼飯を食べたあとは、家内もパートでいないし、頼まれた分別再生ゴミを捨てに行ってから、Frame Drum練習だが、今日はどこでしようか。しかしこれから屋外練習は寒くなるなぁ。下の写真は先々週、近くの神社に練習に行った時の写真だが、このときはまだ日向は暑いくらいだったのに、今日は肌寒い。

Fd2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/10/19

ふらっとさん

我が家では、お子達がふらふら、いつまでも落ち着かないでいるので彼らのことを「ふらっとさん」などと呼んだりしているのだが、そういう話題ではない。

まずは、SchubertのAve Mariaを聴いていただこう。

Facebookにも書いたことなのだが、24小節目にあたるところにブルーノートによく似た短三度(フラット3)がある。下の楽譜はネットでキャプチャーしたものなのでキーが違うが、最後の小節にあるDbの音だ。

Ave_maria_2

これはブルーノートと関連があるのかどうか。

というところで思考は停止。

ブルーノートについては、山下洋輔の「ブルーノート研究」が有名だ。

風雲ジャズ帖 山下洋輔 「ブルー・ノート研究」
ブルー・ノート研究2
ブルー・ノート研究3

赤松さんが金曜メニューでブルースを取り上げられている。赤松さんは山下洋輔氏とは違うアプローチらしいことを、以前にコメントでうかがったことがあるので、どうなるか楽しみである。

【演奏講座】ヴィブラフォン、マリンバ、今さら聞けないコードの秘密/クリシェからブルーノートへ進もう!

こちらはふらっとさんではなく、なちゅらるさんで歌っている。

でもメロディーとしては、ふらっとさんの方が麗しさというか憂いが感じられてよいね。マリア・カラスの音源でもふらっとさんで歌っている。

しかしなちゅらるさんのHelene Fischerは美声で美人だ。フルスクリーンで見るとさらに目鼻立ちが際立って見えるが、それより感心するのは、息継ぎの音がまったくといっていいほどないことだ。他の映像も聴いてみたがいずれも息継ぎの音が聞こえなかった。

前にも書いたことがあるが、プロの歌手はかくあるべきだね。今の歌手はゼイゼイと息継ぎの音が聞き苦しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦張力

我が家にはガットギターが二つある。

一つは学生時代に親にせびって買ってもらったヤマハのGC-8D、もう一つは大阪に住んでいた頃、団地の粗大ごみ収集日に出されていたのを回収したこれもヤマハのG-180だ。粗大ごみといってもケース付きで、それなりに傷はついていても特にどこと悪いところは見当たらない。なんで捨てたんだろう?

Guitars しかし2台あるとはいえ、ずっとGC-8Dを弾いてきた(ここ10年くらいは全然弾いてなかったけど)。もちろん、買ってもらった自分の楽器ということもあるが、音色、響きともに明らかによいからだ。本体のグレードというのもあるだろうが、GC-8Dの方が弦長がわずかながら長いためか、音にも張りがある。

しかし長いブランクで技能も低下し指の力も減退した今では、GC-8Dはどうも手にあまるようになってきた。

改めて両者の長さを測ってみたら、GC-8Dは66.0cm、G-180は65.7cmと、わずかに3mmの差しかないのだが、GC-8Dを弾いた後にG-180を弾くと、たった3mmでこんなに違うのかと思うほど、メチャ楽(らく)なのだ。ただ、指の感触がなんとも安っぽい感は否めない。

ということで、GC-8Dはケースに収まってもらい、今までホコリをかぶっていたG-180の弦を新しくしてこれでしばらくは楽しむことにしよう。

本当は、2台ともハードオフかどこかで処分して、もうちっと弾きやすくてそこそこのギターを大人買いしたいところだけど、HAPI DRUMとかFrame Drumとか続けて買ったからなぁ。

まぁ、とりあえずは弦を買わなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/12

京橋は~、ええとこだっせ!

しばらく更新していませんが、それなりにやっております。Facebookの方が更新が簡単なのと、地元のフレンドができたりしたので、どうしてもそちらに偏ってます。

さて、たまには音楽以外の、どうでもいい話など。

ずっと以前のことだが、「関西の人ならきっと耳にタコが出来ているのではないかと思う「ありまヒョウエのコウヨウカクへ~」のCM」と書いたことがあったが、それとならぶのが「京橋は~ええとこだっせ、グランシャトーが、おまっせ」というCMだろう。

まぁ、どうでもいい話だけど、その京橋に仕事があって久しぶりに行ってきた。結婚してから10年あまりは片町線沿線に住んでいたので、京橋は通勤で乗り換えだったし、たまに降りたりしたが、駅隣接の飲食街とかショッピングモールくらいで、周囲を歩いたことはなかった。片町線というと、あの「8710、中古車セ・ン・ター」の放出があるが、これもどうでもいいか。念のために書いておくと、放出と書いて「はなてん」と読む。

プリントアウトしたGoogleの地図を頼りに環状線沿いの道をテクテクと歩いたのだが、これが実に面白かった。

昔からの家やら店やらなんやらが建て込んでいて、それがみな、古びているというか、何の手入れもしていないというのか。

いわゆるホテルも、固まっているのではなくて点在しているのだが、まったく錆びはてていて全然ロマンチックな雰囲気がしない。今はラブホとかファッションホテルとかブティックホテルとかいうらしいが、そういうロマンチックとかお洒落という雰囲気はなくて、さびれ果てた観光地の古びた場末のボロホテル風である、いやほんま。

これもホテルかと見えたところに、「あなたひとりでキャバレー、貸し切りしませんか」とかなんとか書いた看板があった。せいぜいが雑居ビルの1階にある場末の居酒屋程度にしか見えないが、キャバレーだったんですか。それも貸し切りですか? もちろん、昼間なので閉まっていた。

レスリング道場というのもあった。なんか窓が小さくてよくわからないけど、狭そうだった。

そんな裏通りの午後3時は、学校帰りの小学生なんかも歩いている。

とにかく狭いところに詰め込んで建っているので、ホテルの駐車場も道路に沿って4~5台分しかなくて、かつ道路から丸見えで、でもちゃんと2台停まっていた。

ふ~ん、と思って上を見上げると、これもまたいつ建てたんだというくらいに古ぼけたビルだが、さらにその上を見て、一瞬、目を疑った。

「HOTEL 王将」

王将?
餃子ではないよね?
HOTEL 王将?

ラブホテルの名前が、王将?

う~む、さすが京橋というか、大阪というか・・・、他所ではありえないネーミングだ。

というようなことだったが、アポイントメントの時間に遅れ気味だったので、そんなディープな写真を撮るヒマがなくて、すべて横目でみながら通り過ぎたのは残念だった。

Kyobasi1 これは大通りにでたところで信号待ちだったので撮った写真だ。大通りに面した角地だけど、シャッターが閉まって「貸し店舗」と大きく書いた看板がついていた。灯台もついている。

Kyobasi2 帰りは、「こちらが近いですよ」といわれて大通りを歩いてきたが、ただの都会でつまらなかった。駅についたらもう暗くなっていたが、駅前にたむろする人が昼間よりも増えていた。これからが京橋の時間だな。

気になったので調べたら、山形の天童温泉にもホテル王将があってそちらは普通の観光ホテルらしい。でも系列ホテルではないよねぇ。

もっと知りたい方は、下記リンクをどうぞ。

愛すべき京橋
枕が餃子の形?大阪のラブホテル「ホテル王将」
ホテル情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »